豊橋遠征 ヒュミラの会

今日は豊橋に遠征。
宮崎県の日高利彦先生が豊橋で講演されるということで、
土曜日の午後、当院の看護師小島さんとともに
豊橋に赴きました。

日高先生のご講演は、現在のリウマチ治療の進歩の歴史を
多数の論文をもとにして概説されるものでした。
以下備忘録です。

宮崎県 市民の森病院 膠原病リウマチセンター所長 日高利彦先生

RA治療の最適化
患者さんの症例を見据えた関節リウマチ治療

生物学的製剤によるRA治療のパラダイムシフト
生命予後まで改善させた。

治療目標は寛解。難しい人でも低疾患活動性。

IGU(コルベット、ケアラム)はMTXに追加併用することで治療効果が上がる。
SASPアザルフィジンと同等の効果。
MTXから切り替えて寛解維持することもよいのではないか。

BIOスイッチあり 17% スイッチ無し83%
1剤目中止40%
重篤な副作用、感染症はオレンシアで少ない。
リスク因子は呼吸器疾患の既往歴、合併症、ステロイドの使用、65歳以上、罹病期間10年以上など
がん検診は受けておく。

ヒュミラ使用で労働生産性低下を予防することによる年間損失コスト削減額7267$≒726700円

MELODY試験
ADAをfirstまたはsecond以降で使用した場合、firstの患者ではMTX6.〇㎎以上でLDAを達成。。second以降ではMTX用量依存的に効果は増強。

抗原抗体反応による抗薬物反応を予防するためには十分な血中濃度を維持することが必要。
ヒュミラ、レミケードではMTXを十分に使用する必要性。

BIOフリーのエビデンス
RRR試験 IFX
HONOR試験 ADA 休薬後も48%は寛解を維持 特にDAS28ESR<1.98 HOPEFUL2 ADA中止群80%は低疾患活動性を維持 DASCRP<2.0ではADA中止群のLDA維持は93% ADA中止群と継続群では関節破壊に差はない。最初の6か月にADAを使用することが大切。 BIOフリーの時には、MTXを最大投与量に戻すか、csDMARDsを1剤追加する。 エコーで炎症性滑膜炎がないことを確認しておく。 ヒュミラは速やかな寛解導入、寛解維持が可能。休薬のエビデンスも。 生物学的休薬のガイドライン。 LDAを6か月達成したら休薬を考慮 休薬後は疾患活動性とレントゲン的な進行もしっかり観察。 再燃が認められたら、速やかに再導入。

2017.09.30 | コメント(0)

レディガガさんが活動休止。理由は線維筋痛症!?

日本ではまだまだ認知が広がっていない
線維筋痛症という病気があります。

レディガガさんが今回活動休止した理由が
この線維筋痛症だったとのことですね。
AERA.com
HUFFPOST

ALSも一大ムーブメントになりましたが
世界的アーティストが
病名をカミングアウトすることの
影響力は大きいでしょうね。

線維筋痛症という病気は、
身体中が痛くなって、
ひどいとベッドの上で寝返りしたときに
自分の体が重力でベッドに当たることすら
痛いと感じる人もいます。

一般的には
脳の病気と考えられる傾向があり、
慢性疼痛に対する薬物治療が
治療の中心となりますが

トリガーポイントや、
筋膜治療の観点から考えると
少し違って見えてきます。

最初は体の一部分の痛みであったものが、
その痛いところをかばって
日常生活を送っている間に

かばっているところまで痛くなってきて
それが次第に広範になり、
全身に広がったもの

と捉えると、
いきなり脳が悪くなったわけではなく
筋膜障害の連鎖が全身に広がり
脳の痛覚の過敏性が高まってしまったもの
と考えることができます。

実際に、痛みの研究では
下降性疼痛抑制系といって
脳が体の痛みを自然に抑えようとしてくれる
仕組みが存在しているとされています。

慢性疼痛の人では、
その下降性疼痛抑制系の働きが
弱くなることも知られています。

ストレスや睡眠障害は
交感神経の興奮により
さらに痛みが増幅します。

そのため、その人の状態に合わせた
慢性疼痛治療薬や睡眠薬を適切に使いながら、
痛みの本当の原因である
筋膜の治療を行うことが大切になってきます。

当院では、
慢性疼痛を理解した薬物療法はもちろん、
トリガーポイントへの注射や筋膜リリースで
痛みの原因にアプローチすることで
症状の改善を目指しています。

広範な痛みの患者さんでは、
リハビリへの通院だけでなく、

関連施設である
名古屋トリガーポイント治療院での
トリガーポイント鍼治療や

リラクゼーションルームファシアでの
全身を緩めてリラックスすることで
交感神経を鎮めて
副交感神経を優位にさせる
ハンドセラピーを提供しています。

レディガガさんが
どんな治療をされるのかはわかりませんが
今回のニュースを機に
今まで原因のわからない痛みで
悩んでいた人たちに
そこから抜け出す光が差し込むと良いですね。

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

2017.09.13 | コメント(0)

鍼灸師(院長候補)募集

さいとう整形外科リウマチ科の関連施設
名古屋トリガーポイント治療院では、
さいとう整形外科リウマチ科と連携して慢性疼痛治療に当たっていただく鍼灸師を募集しております。

今回の募集は院長候補の鍼灸師さんです。
勤務開始はH30年4月〜ですが、早期に研修に入っていただけるとよいでしょう。

名古屋トリガーポイント治療院は、H27年11月にさいとう整形外科リウマチ科の連携施設として地下鉄東山線一社駅の南に開院しました。
さいとう整形外科リウマチ科とタイアップしながら、体の痛み全般、特に広範性慢性疼痛のトリガーポイント治療を行なっております。
顔面頚部のトリガーポイントを用いた美容鍼も行なっています。

名古屋トリガーポイント治療院ホームページ

現在は3名の鍼灸師が勤務中ですが、この度年度末での院長の退職に伴う新規院長候補の募集となります。

業務内容は鍼灸師・院長業務一般です。
・さいとう整形外科でのトリガーポイント治療、筋膜リリース治療、内服治療、リハビリ治療とタイアップして、慢性疼痛治療にあたること
・医院全体の雰囲気を盛り上げ、院長としてスタッフが働きやすい環境作りをすること
がミッションです。

詳細は下記となりますが、もちろん医院の発展のためにアイデアを一緒に出し、実践してくれることが望ましいです。

治療
・トリガーポイントとアナトミートレイン、筋膜を解剖学的に利用した鍼灸治療とミオラブ筋膜リリース治療
・美容鍼
・さいとう整形外科との連携治療

教育
・後輩鍼灸師への技術指導
・併設のリラクゼーション施設スタッフへの技術指導

医院運営
・仲間が気持ちよく働けるための環境作り
・患者さんが居心地の良い清潔な医院作り
・治療院が多くの人の役に立てるための広報活動
・ホームページ、ブログや各種サイトの更新
・治療院の経営管理
・月に一度の経営会議への参加

お給料は
基本支給総額20〜25万円+歩合給+治療院とファシアを合わせた月間利益からの利益分配額
となります。(目安として25万円〜50万円)

福利厚生
・社会保険、厚生年金、労災加入
・扶養手当
・交通費2万円まで支給(公共交通機関での通勤が望ましい)
・引越し費用一部援助

勉強会支援
・年に2回のMPS研究会への参加費・交通費・宿泊費支給
・その他勉強会参加費支給
・週に2回のさいとう整形外科朝勉強会への参加
・月に1回 さいとう整形外科院長による院内レクチャー

勤務地
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

年齢は40歳までの方に限らせていただきます。

院長候補としての施設見学も可能です。
ご連絡は
fascia@outlook.jp
までお気軽にどうぞ!!

ご応募は履歴書を
465-0097
愛知県名古屋市名東区平和が丘1-10
さいとう整形外科リウマチ科
治療院求人係
までご送付いただくか、

下記フォーマットを
fascia@outlook.jp
までご返信ください。

******************
顔写真
氏名
生年月日
年齢
住所
固定電話
携帯電話
連絡してもよい時間帯

学歴
職歴
保有資格
健康状態
扶養の有無
通勤手段

当院の志望理由

******************

さいとう整形外科リウマチ科 院長ブログを読んで、共感していただける方のご応募をお待ちしています!!

2017.09.02 | コメント(0)