オレンシアサミット 2017

今日は雨降りしきる東京で
リウマチ治療薬 オレンシアについての勉強でした。

統計の基礎的なお話から、
基礎医学の難しいお話、
臨床的な疑問や新しい課題など
なかなか勉強になりました。

以下、レジュメです。

オレンシア サミット 2017
京都大学 医学統計生物情報学 森田智視先生
 
ランダム化→比較可能な二群を作る!
二軍の違いは治療法だけ、という状況を人工的に作りたい。
予後予測因子、リスク因子の分布の筋東亜
単純な二群の比較の解析からバイアスのない結果を得られるようにする。

ITT解析 intension to treat
治療開始時点 どちらの治療群を選択するか?の判断材料のための解析
重大な的確基準違反例を除き、基本的にはランダム化された全例を解析。
そろっている患者背景はできるだけ崩したくない。
ランダム化+盲検化

ランダム化しない研究データからどこまで物が言えるのだろうか。
エビデンスはwell controlledな臨床試験から。
しかし、臨床試験ですべてをカバーできるわけではない。

コホート試験として実施するのが良いだろう。
ただ集めました、では説得力がない。
研究対象集団(コホート)を定義し、明確な的確基準と除外基準の設定が望ましい。
レトロスペクティブコホート試験デザインでも連続症例(consecutive patients)を解析すれば前向き試験と同じエビデンスレベルとなりえる。(都合のよい症例だけを抜き入れしない)

前向きコホート 研究対象(コホート)➡治療A or 治療B →イベント発現、非発現
後ろ向きコホート研究対象(コホート)←治療A or 治療B ←イベント発現、非発現
後ろ向きでも全例組み込めば、エビデンスレベルは高くなる。

ランダム化
比較可能性を上げられる方策として、プロペンシテイスコアマッチングを使用する。
臨床的に重要な背景因子について似通った患者ペアを作っていく。
マッチングで考慮した因子について比較可能に。

PSマッチング:臨床的に重要な背景因子について同等なスコアの患者を新治療群と旧治療群から取り出してマッチング
似通った患者背景を持つ2群を構成して、比較検討

どうやってPSスコアを計算するか
選んだ各変数に対して“重み”をロジスティック回帰で推定
患者ごとに計算 完全に同じ背景を持つ患者では同一スコア
PSスコア=リスクスコア

論文を読むときはマッチングをどのようなスコアで行っているかを読むこのが必要。

藤尾 圭志先生 東京大学大学院 アレルギーリウマチ学 教授
ACPA陽性RAはACPA陰性RAよりもT細胞への依存性が高い。
滑膜浸潤T細胞はACPA陽性RAで多い。
感受性遺伝子はACPA陽性 HLA-DR、PTPN22、CTLA4 ACPA陰性RAではIRF5

名古屋大学 整形外科 石黒直樹教授
24週の短期成績ではNaïve症例が優れる。MTXの併用は結果に影響しない。
24週でMDAだった患者→52週ではMTX併用患者ではLDAが期待できる確率がOR3.1倍
寛解も出現してくる。
12wDas28CRP<3.3ならばOR15.244で52wLDA達成可能。 12wDASCRP3.9がカットオフ HDA症例での治療成績にADA,ABT、TCZに差はない。 無効中止はADA>ABT>TCZ 副作用中止はTCZ>ADA>ABT
DAS28CRPにて若年、高齢、超高齢においてABTの効果に差はない。
ABTで効果不十分であればTACadd on が効果的。

2017.10.29 | コメント(0)

Twitter始まりました!診察待ち時間がわかります。

皆さんお気づきでしょうか。

当院のホームページのトップページに
Twitterの欄ができました。
ここから診察待ち時間の目安を
発信してまいります。

スマホサイトでは

パソコンサイトでは
画面の右上に表示されます。

事務さん達が(たまには院長も)
診察待ちの混雑状況に応じて
一生懸命入力してくれています(o^^o)

フォローしていただくと、
お手元のスマホのTwitterアプリにも届きます。

待合室で待たれている方も、
診察待ち時間の参考になさってください。

待ち時間の一番少ない狙い目は
やはり朝一番か、午後一番。
朝一番は、8:50から受付開始
午後一番は、15:45から受付開始です。

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

2017.10.28 | コメント(0)

佐久平で講演。慢性疼痛と骨粗鬆症

今週末はイーライ・リリーさんの企画で
当院の看護師小島さんと
長野県 佐久平まで出張講演でした。

まだまだ佐久地域では
骨粗鬆症の骨形成促進薬フォルテオや
慢性疼痛治療薬サインバルタ
がそんなに使用されていないようで、
今回使用経験の多い私に講演の依頼が来ました。

名古屋駅から新幹線で東京経由。
北陸新幹線で軽井沢を超えて、佐久平に到着しました。


佐久平の町の結婚式場が会場となり、
医師だけでなく沢山の看護師さんが
聴講に来てくれていました。

僕からは、
「実臨床におけるフォルテオの効果と
 当院の慢性疼痛治療戦略」
というタイトルで、
開業以来取り組んでいる
トリガーポイント治療や筋膜リリースを中心に
慢性の痛みの原因をしっかりと追究して治療することを中心に
痛みの慢性化に伴う知覚過敏や
高度な関節変形が痛みの原因になってしまった場合には
サインバルタ1錠でも効果のある症例が
よく見られることについて講演させていただきました。
同時にフォルテオのお話も頼まれていたので
1時間猛スピードでスライドをめくって駆け抜けました。

続く小島看護師は
「Drに丸投げされたフォルテオ導入の受け止め方」
という講演。
この講演タイトルを見て
聴きたい!
と来てくれた看護師さんも多かったようです(#^^#)


フォルテオ導入経験の豊富な小島さんのお話は
患者さんの導入実例も含めて、
患者さんが自己注射のために行っている工夫の数々を
参加した看護師の皆さんと共有してくれる
とてもいい講演でした。

懇親会では小島さんに
これまでフォルテオの患者さん指導がうまくできずに
あきらめてしまった看護師さんが話しかけてくれたり
たくさんの看護師さんから共感の声をいただけたようで
小島さんもはるばる佐久まで来てよかったと
とても喜んでいました。

最後に佐久まで講演のお声をかけてくれた
イーライリリーの水間君、当院担当の佐島さんと
記念写真を撮って
佐久講演の旅は終了しました。

帰りの新幹線では
僕たちの講演のために
てきぱきと仕事を進めて送り出してくれた
当院のスタッフたちに感謝しつつ
小島さんと3時間語りあえたとても大切な時間となりました。

また明日からの痛み診療、骨粗鬆症診療
みんなでがんばろっと。

2017.10.16 | コメント(0)

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >