ためしてガッテン 筋膜リリースとストレートネック

本日のためしてガッテン!
筋膜リリースがテーマになっていましたね!

僕も参加しているMPS研究会の会長の
木村先生のエコーガイドによる
トリガーポイント注射と筋膜リリース

そして当院へも3ヶ月ごとに教育に来てくれている
首都大学東京の竹井仁先生が出演されて
ストレッチによる筋膜リリースと
タオルによるスマホ首、ストレートネックの
改善体操が紹介されていました。

最近テレビや雑誌でも特集されつつある
トリガーポイントや筋膜リリース。

当院でも開院当初より
多くの痛みの原因は
変形した関節やヘルニア、脊柱管狭窄ではなく
筋肉と筋膜にあると考えて
理学療法士とともに筋肉、筋膜の治療に当たってきました。

また、エコーガイド下の注射による筋膜リリースや
全身の筋膜の突っ張りに注目した
ストレッチやセルフマッサージの指導にも
力をいれています。

今回の放送で竹井先生が指摘していた
ストレートネックの患者さんはとても多く
肩こりや頭痛で当院を訪れる人の
ほとんどがストレートネックだと言っても過言ではありません。

とはいえ、私自身もこのブログをiphoneで書いており
自身の姿勢も意識していないと崩れがちです(^^;;

良い姿勢を身につけて、余計な筋肉の緊張を
生まないようにしたいものですね。

慢性の頭痛や肩こり、腰痛をお持ちで、
いろんな検査をしても異常なしと言われた方や、
ヘルニアや脊柱管狭窄、変形性関節症などで
手術を勧められた方は
手術の前に筋肉の診察を受けてみてください。

トリガーポイント注射や筋膜リリースが
お役に立てるかもしれませんよ。

2015.09.09 | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。