第4回 日本仙腸関節研究会

連休前の土曜日
午前中いつもより患者さんが多かったにも関わらず
みんなでがんばって早く終わることができました。

そのまま僕は東京に向かい、
日本仙腸関節研究会に出席してきました。

仙台社会保険病院 腰痛・仙腸関節センター長の
村上栄一先生を代表とする、
これまで原因の特定できなかった腰痛を
仙腸関節を中心として考える研究会です。

今回で第4回だそうですが、100名を超える医師、理学療法士の方が参加していました。

それでもまだまだ全国でこのくらいの人数なんですね。

太ももやスネなどの痛みやしびれで整形外科に受診しても
まだまだ椎間板ヘルニアが原因ですね、とか坐骨神経痛です、と言われて
湿布とビタミン剤、痛みどめなどを処方されて終わるか、
症状がひどいと脊椎の手術まで勧められてしまうこともまだまだあります。

今回の研究会に出席した先生たちは
少なくとも神経支配には合わない腰痛、下肢痛があり、
その原因として仙腸関節をはじめとした
レントゲンやMRIなどではわからないものがあると気づいている方たちです。

つまり、画像上認識できる腫瘍、感染、炎症、変形、神経の圧迫をはじめとした
腰痛の中の15%といわれる特異的腰痛と
それ以外の85%といわれる非特異的腰痛の原因を単に心理的腰痛とかたずけずに
器質的原因を考えようとしているのです。

仙腸関節研究会といっても、
10題あった一般演題は内容も様々で仙腸関節に限定されず
靭帯や筋肉を含めた発表があり
それぞれの先生が試行錯誤する、まだまだ混沌とした感じを受けました。

仙腸関節は背骨を支える仙骨を横から挟み込む腸骨との間にできる関節で
強靭な靭帯の複合体で支えられています。
また、背骨も仙腸関節も前後から筋肉で挟み込まれており、
仙腸関節がゆがむということは、靭帯や筋肉にも無理がかかっているということです。

膝関節、股関節、肩関節をはじめとしてあらゆる関節は靭帯と筋肉でつながっています。

その連結を理解し、どこに一番無理がかかっているのか理解しつつ
リハビリや局所注射などでその無理を解消することが痛みを改善することにつながります。

そして、痛みを再発しないためにも、
自らが普段行っている姿勢や繰り返し動作の中に原因を探り、改善することが大切です。

2013.11.04 | コメント(7)

コメント

  1. ざるそば2014年8月25日 7:20 PM

    すみません。質問させて下さい。
    今は、腰痛はありませんが、椅子に座ると、左股関節から足首にかけて痺れ痛いく、また、仰向けに寝るとお尻の何処か(多分左仙腸関節)が痛く、左向きで寝ると左股関節が痛く寝れません。腰痛がなくても、仙腸関節痛という事はありえますか?

  2. 斉藤 究2014年8月29日 2:09 AM

    ざるそばさん

    腰痛がなくても、仙腸関節の痛みということもあると思います。
    腰部から殿部全体が痛くても、殿部痛のみでも、下肢に放散する痛みでも、
    仙腸関節が原因となって周囲の筋肉にトリガーポイントを形成すれば、
    同様の痛みはあり得ると思われます。
    ざるそばさんが仙腸関節の痛みか、股関節周囲のトリガーポイントかは、
    動作を見ながら治療を進めてからわかってくる場合が多いので
    何度か診察と治療、リハビリを行いながら評価する必要があると思います。

  3. ざるそば2014年8月29日 5:36 PM

    先生、お忙しい中丁寧なお返事ありがとうございます。
    やはり、腰痛がなくても仙腸関節痛という事がありえるのですね…。泣
    実は、石川県でトリガーポイント注射をしてもらいに、何ヶ月間か通いましたが…効果はありませんでした…。と、いうより色々不安になり行かなくなりました。石川県の先生には、仙腸関節痛そのものがないと
    言われました。斎藤先生の所に行きたいのですが遠くて行けそうにありません。仙腸関節痛は、治るものなんでしょうか?

  4. 斉藤 究2014年8月30日 2:32 PM

    ざるそばさん

    トリガーポイントだけでは難しい場合もあります。
    最初は腰部から下肢に広がる全体的な痛みだった人が、トリガーポイント治療をしているうちにだんだん痛みが収束して、仙腸関節痛と思われる痛みが残ることもあります。
    仙腸関節はAKAという方法で、徒手的に治療されることもありますので、いちどネットで調べてみてはいかがでしょうか。

  5. ざるそば2014年8月30日 2:39 PM

    先生、色々とありがとうございました。
    色々と調べてみます。
    本当にありがとうございました。

  6. リトル2015年1月8日 4:57 PM

    一昨年の8月と去年の2月に
    交通事故にあいました。
    2度とも後ろからの追突

    事故の衝撃から
    仙腸関節痛になることは
    ありますか?
    またそれらを
    診断してもらうには
    どうすればよいですか?

  7. 斉藤 究2015年1月10日 1:31 PM

    リトルさん
    それは災難でしたね。
    仙腸関節は以外と軽い力でずれることがあります。
    仙腸関節の圧痛や、動作を見ることで診断します。
    また、痛みが慢性化していると仙腸関節以外にも痛みが広範に及んでいることもあります。
    触診もとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。