第7回 小牧リウマチ conference seminar

image

今日は小牧市民病院のリウマチ病診連携の会
小牧リウマチconference seminarで
講演の機会をいただきました。

これから小牧でのリウマチ病診連携を強化するために
リウマチ専門医として
総合病院の勤務医と
開業医としてとの両方の立場での経験について
お話しして欲しいとのことでした。

今タクシーで小牧に向かいながら
iPhoneでブログを書いています。
隙間時間、隙間時間、、。

今日の講演内容は
世界的には7種類の生物学的製剤を始め
DMARDSの併用療法など治療が進み、
リウマチ専門医にかかれば
寛解も普通の出来事になりました。

また、超音波診断により
まだ採血でもCRPが陽性になる前から
リウマチが診断可能となり
さらに、今の治療で本当に関節の炎症がおさまっているのか
超音波画像で見てわかる時代に入りました。

一方、治療の格差が問題となっており
経済的に生物学的製剤が使えない人がいる一方
生活保護の人ではどんな高いお薬でも使い放題です。
もう一つの格差として
リウマチ専門医の資格は持っていても
医師の治療経験や勉強不足により
その人のリウマチを抑えるのに十分な治療を行っていないと
弱い治療を続けるのみで関節が壊れるのを待つことになります。

大切なのは、
3ヶ月ごとにその患者さんは真の寛解を達成しているか
時には超音波まで含めて確かめることです。

もし寛解が達成していないなら
現在の治療でBESTなのか、
常に見直すことです。

地域の開業医の先生が
関節リウマチのプライマリーケアについて
もっと得意になれば
総合病院のリウマチの先生たちの負担は減り
患者さんも長く待つことなく近くの先生に見てもらえます。

早くそんな時代が来ることを願って
今日の講演をしてきます。

写真は講演後
小牧市民病院の山田先生
カワムラ整形外科の河村先生と。

2013.11.13 | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。