筋膜マニピュレーション国際コースレベル1

ゴールデンウィークの4日間と、この週末土日の2日間
合計6日間の岐阜開催の研修を経て、
筋膜マニピュレーションコース レベル1を修了して来ました。

世の中には今、筋膜リリースと名前のつく偽物が出回っていますが、こちらは本家本元の筋膜セミナー。

イタリアの筋膜研究者 ルイジステッコLuigi stecco氏とCarla stecco氏が解剖学に基づいてまとめた国際コースを、首都大学東京の竹井仁先生が主催した研修会です。

その入門編であるレベル1では、体を14の分節に分けて、筋力のベクトルが集中する点として筋外膜上の協調中心(centre of coordination:CC)というポイントを学びました。

 

筋膜の基礎知識から、筋膜のヒアルロン酸が固まってネチョネチョになることで筋膜の滑りが悪くなり、体の突っ張りが生まれて動きが悪くなり、筋出力低下も起こること。
体に多数存在する痛い場所を過去の既往歴から統合して6つの面として考えること。
治療として筋膜を6点から8点の痛みが出る強さでネチョネチョになった筋膜をこすって痛みが減って滑りが良くなることを確認すること。
などを、座学と沢山の実習と治療実例を通して体で覚えさせてくれる実践的なセミナーでした。

僕が開業前に石川県の加茂先生のトリガーポイント治療を見学させていただいてから、名古屋で竹井先生の1日講習会を聞いたり、自分なりに触診や理学療法の勉強をしつつ痛みと向き合い、毎日の患者さんの治療で身につけて来た考え方や治療技術の方向性と非常に合致する部分がありました。

CCポイントの多くは、僕が治療しているトリガーポイントとも一致するところが沢山ありました。

それが体系づけられていたので、頭の整理にもなり、沢山のヒントをいただきました。

明日からの治療がまたパワーアップしそうです。

講師の竹井先生、田島先生6日間大変お世話になりました。
勉強はもちろんですが、毎日飲み会だったのが1番の楽しい思い出になりました( ^ω^ )

また1人でも多くの患者さんの痛みが取れるように頑張ります!

2018.05.20 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。