骨の強さの30%を規定する、骨質とは、、、?

昨日はファイザー主催の運動器フォーラム2012in Aichi
に参加してきました。

1.痛みに対する最近の薬物治療におけるコツ

2.高い骨密度でなぜ骨折するのか?
という2演題。

講演2では、東京慈恵医科大学整形外科の斎藤充先生が
骨質の謎について、ご自身の打ち込んできた研究結果をもとに
深く切り込んでお話しされていました。

久々に唸らせられるような講演を拝聴したので、
ご紹介いたします。

そもそも骨の強さってなんでしょう。
現在は骨強度の70%を骨密度が、30%を骨質が規定しているといわれています。
骨密度は骨密度測定器で測定することができますが、
骨密度が高くても骨折する人もいます。

その場合には骨の質が問われます。

子供の時には柔らかくてしなやかな骨。
それが、老化してくると同じ骨密度でもしなやかさが失われ
もろくなってきます。

骨の体積の半分はカルシウムなどのミネラル
半分はコラーゲン線維が占めますが

斎藤充先生のご研究ではそのコラーゲン線維同士を結びつける
コラーゲン架橋の質が悪くなり
悪玉コラーゲン架橋が増えることで骨がもろくなるとのことです。

悪玉コラーゲン架橋が増える原因には
老化、糖尿病、腎障害など、血管の動脈硬化とおなじ要因が関係しており
その本態は終末糖化産物 Advanced glycation end products(AGEs)と呼ばれます。
イメージとしては、建物を支える鉄骨に錆びがたまって劣化する感じです。

事実、糖尿病の方では、骨密度は平均より高い人でも
骨折のリスクは高くなっています。

女性では閉経とともに、骨粗鬆症だけでなく、
心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。

それは、女性ホルモンであるエストロゲンが低下することによって
骨が吸収されるバランスに傾くだけでなく、
酸化ストレスの増大や、血中ホモシステインも増加し
動脈硬化も進むからです。
その時同様に、悪玉コラーゲン架橋も増えるというのです。

斎藤充先生は
骨の弱い患者さんには
骨密度低下型
骨質劣化型
骨密度低下+骨質劣化型
の3つのパターンがあるといいます。

現在骨粗鬆症の内服薬として主流となっている
週1回や月1回、起床時に内服するビスフォスフォネート製剤ですが、
これは骨破壊を抑制し、骨代謝回転を緩やかにして
骨密度を増加させます。
しかし、骨の錆びを取り除き、骨質を高める効果はありません。

その際には、SERMという骨質を高める女性ホルモン類似のお薬が有効です。

また、ビタミンKや活性型ビタミンDも骨質を高める効果が認められます。

さらには、背骨や大腿骨、手首、肩など
骨がもろくなることで起こりやすくなる骨折(脆弱性骨折と呼ばれます)
をすでに起こした方や
骨密度の低下の著しい、重度の骨粗鬆症の患者さんでは
骨密度、骨質ともに増加作用のある注射製剤(PTH製剤 テリパラチド)を用います。

当院でも、開業後1年で40人を超える患者さんが
自己注射製剤で骨粗鬆症を治療されています。

脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす、
動脈硬化の原因となる高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満は
メタボリックシンドロームとして有名ですが、
これが悪玉コラーゲン架橋を増やして骨質を低下させ
骨粗鬆症を引き起こすなんて。

毎日の生活と健康管理が、いっそう大切に思えますね。

2012.05.27 | コメント(2)

コメント

  1. tibisyuke2012年5月27日 10:19 PM

    難しいですね。
    単純な私は、骨密度が高いのは
    母のお陰かな?と感謝、感謝です。
    骨質と歯は関連が有るのでしょうか?

  2. 斉藤 究2012年5月27日 10:40 PM

    tibisyukeさん

    確かに、母親が骨折をしている場合、娘さんの骨折するリスクは高くなります。
    骨密度が高いのは、お母さんからのプレゼントかもしれませんね^^

    骨質と歯についての関連はわかりませんが、歯牙の形成は赤ちゃんの頃から始まるので
    お母さんの影響は多分に受けるでしょうね。

    ちなみに、骨に関しては思春期にしっかりとカルシウムをとって、
    しっかりと運動することが将来的にもとても大切です。
    それが、peak bone massを引き上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。