Academy of Imaging in 名古屋メルパルク

昨日・今日と、リウマチ超音波講習会
Academy of Imagingの名古屋講習会に出席していました。

これまでTrain the Trainers(TTT)として
北海道や東京に集まり講習を受けてきましたが、
今回は初のTrainerとしての参加です。

ありがたいことに、講演の機会もいただき
ゆっくり時間が取れない外来診療の中で
どのような場面で超音波診断を生かしているのか
について、自分なりの提案をお話しさせていただきました。

・今患者さんが痛がっている関節は、本当にリウマチではないのか。
・現在リウマチで治療中の患者さんの治療薬を
減量、中止すべきか、増量、変更すべきか。
・治療を行いdataも自覚症状も改善しているが、
残った関節腫脹は治療すべき活動性の滑膜炎なのか。
・寛解と判断した患者さんの関節には、
本当に活動性の滑膜炎は残っていないのか。

イタリアの先生のEULAR2011の発表では、
TNFα阻害薬で半年間DAS28寛解を維持した117人の患者さんの
全員で超音波上の滑膜肥厚が残存。
半分で活動性滑膜炎が残存。
活動性滑膜炎の残った患者さんの1/4で関節破壊の進行が見られた
との報告もあります。

今回は標準化されたリウマチ超音波を学ぼうと
全国からリウマチに携わる内科医、整形外科医、臨床検査技師、放射線技師が
名古屋に集まりました。

北海道からは、
日本一有名になった臨床検査技師 成田さん、坂本さん
そして名古屋医療センターからは堀さんも
オブザーバーとして参加して、
夜は千種の山ちゃんで楽しい飲み会になりました。
藤田保健衛生大学 整形外科の森田先生ともたくさんお話できました。
精力的に股関節の手術や膠原病診療を行っている先生で
エネルギッシュなお話ぶりにとても刺激を受けました。

懐かしい顔にも会えて、とても充実した週末でした。
会をサポートしていただいたABOTTの皆様、
大変お疲れ様でした。
どうもありがとうございました。(^v^)

2011.11.28 | コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。