院長ブログ

なんのために本を読むか

お医者さんという仕事は、勉強したことがすぐに目の前の患者さんを救うことにつながる、とても楽しい仕事です。

その反面、勉強してもしても、治せない患者さんにもまだまだいっぱい出会うため、苦しい道でもあります。

開業してからも、もっともっと患者さんを治せる医者になるべく、新しい知識と技術を土日なく勉強していますが、それは患者さんを治すためであると同時に、自分の知的欲求を満たすためでもあります。

どんな仕事でも、ただいつもと同じことを繰り返すルーチーンワークとなってしまっては、時間を切り売りするだけになってしまいます。そしてそれは、そのうちAIに取って代わられてしまうでしょう。

今日は昨日から少しだけ何かを改善してみる。変化させてみる。チャレンジしてみる。

それが、振り向いたときにスゴイ成長になっているはず。

今回はメルマガ「魂が震える話」から、こんなお話のご紹介。

_______

中学生の男の子に、「電気もなかったむかし、ローソクやランプの油も買えなかった貧しい学生は、蛍の光や窓辺に積もった雪のあかりで本を読んだ」と話しますと、

「そもそも、よく本を買うお金があったね」と、いうのです。

しかし、むかしの学生は食べるものを切りつめてでも、本を買ったものです。

そんな苦労をしながら勉強しても、むかしの立派な人は学んだことを「飯の種」にはしませんでした。

弘法さんは、こういって嘆かれたといいます。

「いまの人は書物を読んで学んでいるが、それは、少しでも早く出世をして、高い地位と高い給料を手に入れたいためである」

それから千二百年を経た、現在の子供たちも同じですね。

みんな、一流大学を目指して塾へ通い、夜も眠らずに勉強しています。

一流の大学を卒業して、役所や一流企業に入って、高級官僚や重役に出世するためです。

そうなれば、より高い地位や名誉、より強い権力と、より多くの財産が得られるからです。

けれども、そんな考え方で勉強を続けていると、なにごとも損か得かで判断するようになってしまいます。

その結果、どれが正でどれが悪かの分別がつかなくなり、やがて自分の地位を利用した汚職や収賄事件を引き起こします。

_______

人生の悩みが消える空海の教え

大栗 道榮 著

三笠書房より

_______

損得で勉強し、損得で仕事をし、損得で人と付き合い、損得で結婚し、損得で別れ、損得で生きる・・・。

様々な選択を、損か得かで決めていたら、そういう人に見られますし、そういう人生になります。

損得で学ばされ、損得で仕事をもらい、損得で付き合ってもらい、損得で結婚され、損得で別れられ、損得で生かされる・・・。

損得で生きる人は、

ホテルの部屋を出るとき、誰が清掃するかは分からないけど、少しきれいにしてから帰るとか、

次に使う人のことも考えて、トイレのスリッパを揃えるとか、

スーパーの駐車場で、近くは老人や体の不自由な方に使ってもらうため、自分はちょっと遠くに停めるとか、

そういった「陰徳」の考え方は出てこないでしょう。

おそらく、お金を払っているのだから当然だと言わんばかりに気にしません。

自分が動けるうちはいいですよ。

でもいつか、ケガや病気で仕事が出来なくなってしまったらどうなるでしょう?

損得で接した人たちは、損得で全員去っていくのではないでしょうか・・・。

宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」という詩。

この有名な詩は、賢治さんが亡くなった後、賢治さんの手帳に書かれていたものをトランクの中から発見されたもので、発表されるためにつくられたものではありません。

賢治さんの理想の生き方だったのでしょう。

誰かが見ているからとか、有名になりたいとか、損得とかじゃなく、

純粋に、誰かのために優しく生きる生き方です。

「雨ニモマケズ」の現代語をご紹介して終わります。

___

雨にも負けず 風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けず

丈夫な体を持ち

欲はなく決して怒らず

いつも静かに笑っている

1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを自分を勘定に入れず

よく見聞きし 分かり そして忘れず

野原の林の下の蔭の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行って怖がらなくてもいいと言い

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろと言い

日照りのときは涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

皆にデクノボーと呼ばれ

ほめられもせず 苦にもされず

そういうものに私はなりたい

___

損得でなく、王道を学んでいきたいですね!

 ↓ ↓ ↓

http://soul.jp.net/20170320/

__________

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

心より感謝します。
——————–
発行責任者  「魂が震える話」けい
お問い合わせ kei@tamafuru.com
——————–

2017.01.12 | コメント(0)

はまうずクリニック

img_5985

僕が15年ほど前に刈谷総合病院で働いていた時に、そこの研修医として医者の第一歩を始めた濱宇津先生。

もう立派な消化器内科医になり、現在は近くの東海病院で活躍されています。

その濱宇津先生が、今年4月に茶屋ヶ坂の駅の近く、砂田橋のスーパーの二階で「はまうづクリニック」を開業されるとのこと。

その立ち上げのお手伝いを、僕のクリニックのサポートもしてくれた日本光電の竹内さんが請け負っているとのことで、今日は仕事が終わってから一緒にお食事に行って来ました。

濱宇津先生は、特に大腸内視鏡に力を入れて行きたいとのことで、日曜日に大腸内視鏡を行う体制を作るとのことでした。

開業前のワクワク感や不安はよーくわかります。

開業前の準備や、院長としての心持ち、スタッフや自分を支えてくれる人たちへの感謝など、開業6年目の僕が伝えられることをいっぱいお話してきました。

イケメンで性格もよい濱宇津先生。きっとスタッフや患者さんにも愛されることと思います。

どうせお店を持つなら、自分のやりたいことを思いっきりやって、スタッフや患者さんとの楽しい思い出をたくさん作ってほしいものです。

そしてBIGになって、美味しい焼肉をごちそうしてください。(╹◡╹)♡

頑張れー!!٩( ‘ω’ )و

イケメン濱宇津先生のはまうづクリニックでは、医療事務さんを現在募集中とのことです。
詳細ははまうづクリニックのホームページをご覧くださいね。

、、、ちょっと斎藤工に似ている?ヽ(*´∀`)

img_5986

2017.01.11 | コメント(0)

SpA強直性脊椎炎を考える会

img_5961

今日は名古屋で開催された強直性脊椎炎の勉強会に参加しました。

強直性脊椎炎は、関節、筋腱の付着部、仙腸関節、脊椎などに炎症を起こす疾患です。

レントゲン上の変化は発症後5年で30%の人で見られるとのこと。
仙腸関節のレントゲンでは効果像やびらん、溶解像、癒合像が見られます。
腰椎レントゲンではshiny corner像やbamboo spineといった所見も見られます。

慢性のなかなか治らない腰痛の原因として考えなくてはならない腰痛の鑑別疾患の1つです。

当院でも開業5年の間に、慢性の腰痛で来院された患者さんの中から、数名がこの疾患の診断でした。

起床時に辛い腰痛や、動くと楽になる腰痛、関節の痛みを伴う腰痛などでは積極的に疑って診断していく必要があります。

なかには、指全体がソーセージのように腫れてしまう
指炎(dactilytis)と呼ばれる症状がある方もおられます。

検査としては、仙腸関節のMRI所見で炎症が見られたり、超音波で付着部の炎症所見が見られたりします。

NSAIDs(ロキソニンなど)を継続的に内服したほうが骨の変形を抑制できるとの報告もありますが、
最近はヒュミラなどの効果的な薬剤が出てきたため、勉強会も盛んになってきました。

MRIでは、ヒュミラ使用後に仙腸関節STIR像が改善していることも確認できます。

毎日非常に多く訪れる腰痛の患者さんの診断治療を行いながら、ほとんどは筋肉の起こす痛みが原因とはいえ、なかにはこのような重要な疾患が隠れていることを頭に置きつつ、診療に当たっています。

2017.01.07 | コメント(0)