院長ブログ

ER


毎週金曜日午前は救急外来、いわゆるERの当番をしています。

救急隊の方たちが様々な現場から救い出してきた患者さんの
それぞれの状況に応じて対応します。

私の専門である外傷や腰痛、関節痛はもちろん、
頭痛、めまい、胸痛、腹痛、失神、麻痺、嘔吐、発熱etc.etc.

研修医達とともに、各専門の先生の力を借りながら、
患者さんの抱える病状を解く鍵を探していきます。

今日は当直なので、ほとんど一日中ERにいるような気分です。

こんな都会でも外科系の医師が少なく、
ほぼ週1回の当直をしています。

外科系医師の確保は日本の抱える大きな問題です。

外科系医師への優遇措置や、
医局任せだけにしない県としての医師の適切な配備を考える必要があるでしょう。

明日は当直明けで東京にリウマチ超音波の勉強に行きます。

新幹線の中で寝ていきます。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://www.saito-seikei.jp/

2010.12.17 | コメント(2)

災害


今日はエキサイカイ病院の災害訓練にDMATとして参加して来ました。

中川区の消防隊とタイアップして、
ヘリコプターが飛び立つ患者搬送訓練までも行っていました。

先日12月4日には自分の病院の災害訓練を無事終了したばかり。

いつ来るかもしれない東海地震のために、
それぞれの災害拠点病院が切磋琢磨しています。

開業は医者になる前からの目標でしたが、
それだけに今しかできないことをやろうと
頑張ってきたこともたくさんあります。

そのうちの一つが災害医療で、
今の病院ではDMATのリーダーとして多くのことを学びました。

優秀で個性的なDMATメンバー達のアイデアを
どう拾い上げてどう実現させるか。
それが僕の大きな仕事です。

災害訓練では病院スタッフが
災害時に最大多数の市民を助けられるように企画を練り、
その反省を次の訓練に盛り込みます。

開業したらより地域に密着した立場でこれまでの経験を生かして、
開業医として何ができるのか考えたいと思います。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究

2010.12.16 | コメント(0)

斉藤院長 ブログを開設する

現在出張中の大阪から
初めての開業ブログをシタタメテおります。

さいとう整形外科リウマチ科
院長(未)の斉藤 究です。

院長(未)というのは来年5月の開業だから。

名前は「究」と書いて「きわむ」と読みます。
長年僕のところに通っていた患者さんからも、
時折思い出したように
「そういえば先生の名前はなんと読むんだね」
なんて聞かれてずっこけることもあります。

現在は名古屋医療センターで
週2日のリウマチ専門外来と毎週月曜日の新患外来、
そして毎週金曜日は救急外来で救急車の対応をしています。
また、手術としては骨折などの外傷治療のほか、
膝や股関節が変形した患者さんの痛みをとる
人工関節置換術にも尽力しています。

これまで目の前の仕事に集中していればよかった
勤務医の生活から、開業準備に着手してからは
あらゆる業種の方々と
毎日のように会議を行う日々となりました。

異業種の方とともにアイデアを練り上げながら
僕の望むクリニックの形を作り上げる作業は
新たな刺激の連続でもあります。

これから開業まで、
僕が得た経験や、考えたことなど
すこしづつご紹介してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究

2010.10.31 | コメント(0)