院長ブログ

佐久平で講演。慢性疼痛と骨粗鬆症

今週末はイーライ・リリーさんの企画で
当院の看護師小島さんと
長野県 佐久平まで出張講演でした。

まだまだ佐久地域では
骨粗鬆症の骨形成促進薬フォルテオや
慢性疼痛治療薬サインバルタ
がそんなに使用されていないようで、
今回使用経験の多い私に講演の依頼が来ました。

名古屋駅から新幹線で東京経由。
北陸新幹線で軽井沢を超えて、佐久平に到着しました。


佐久平の町の結婚式場が会場となり、
医師だけでなく沢山の看護師さんが
聴講に来てくれていました。

僕からは、
「実臨床におけるフォルテオの効果と
 当院の慢性疼痛治療戦略」
というタイトルで、
開業以来取り組んでいる
トリガーポイント治療や筋膜リリースを中心に
慢性の痛みの原因をしっかりと追究して治療することを中心に
痛みの慢性化に伴う知覚過敏や
高度な関節変形が痛みの原因になってしまった場合には
サインバルタ1錠でも効果のある症例が
よく見られることについて講演させていただきました。
同時にフォルテオのお話も頼まれていたので
1時間猛スピードでスライドをめくって駆け抜けました。

続く小島看護師は
「Drに丸投げされたフォルテオ導入の受け止め方」
という講演。
この講演タイトルを見て
聴きたい!
と来てくれた看護師さんも多かったようです(#^^#)


フォルテオ導入経験の豊富な小島さんのお話は
患者さんの導入実例も含めて、
患者さんが自己注射のために行っている工夫の数々を
参加した看護師の皆さんと共有してくれる
とてもいい講演でした。

懇親会では小島さんに
これまでフォルテオの患者さん指導がうまくできずに
あきらめてしまった看護師さんが話しかけてくれたり
たくさんの看護師さんから共感の声をいただけたようで
小島さんもはるばる佐久まで来てよかったと
とても喜んでいました。

最後に佐久まで講演のお声をかけてくれた
イーライリリーの水間君、当院担当の佐島さんと
記念写真を撮って
佐久講演の旅は終了しました。

帰りの新幹線では
僕たちの講演のために
てきぱきと仕事を進めて送り出してくれた
当院のスタッフたちに感謝しつつ
小島さんと3時間語りあえたとても大切な時間となりました。

また明日からの痛み診療、骨粗鬆症診療
みんなでがんばろっと。

2017.10.16 | コメント(0)

まだ起きてもいないことを

患者さんの中には、
自分の痛みが癌ではないか、
一生治らない痛みなのではないか、
と心配で心配で受診される方がいます。

医者が大丈夫と言っても
それでもまだ心配をぬぐいきれずに
ドクターショッピングを続けたりします。

納得のいく検査と説明を受けたら、
そっか、と安心して、
楽しいことに時間を使えればいいのですが

そういう性格を持った人
過去に癌の既往がある人
交通事故など他人から受けた痛み
などのケースでは、
その人の不安の強さが医師の言葉を上回ることも
ままあります。

病は気から。
不安は交感神経を刺激して、
体の緊張も増強します。
不安で睡眠も浅くなります。
そして本当の病気を呼び寄せていきます。

ケセラセラで
リラックスして今を楽しむこと。
何よりの健康法です。

さて、今日はメルマガ「魂が震える話」から、
「まだ起きてもいないことを」というお話です。

_______

死期が近いと悟った八十五歳のある男性が、心配について次のように語っています。

「人生をやり直せるなら、もっと現実的な問題を抱えて、想像上の問題を減らすよ」

平均的なスウェーデン人は週に二十時間心配している、という調査結果があります。

ということは、深刻なストレスを抱えている人は、おそらくこの倍の時間は心配しているでしょう!

毎週これだけの時間を、いまこの瞬間を味わって生活したり、将来の前向きな目標に取り組んだりする時間に使えたら、と想像してみてください。

不安症の人の多くは心気症でもあります。

不治の病にでもかかっているのではないかと絶えず心配しています。

先のことが心配になったら、こうしてみてください。

心配していることが実際に起こる可能性はどのくらいあるのか、と何度も自分にたずねます。

そう予想するのは現実的ですか?

そのうちに、心配が現実になることはほとんどない、と気づくようになるはずです。

声に出して自分にたずねてみてください。

「まだ起きてもいないことをどうして心配しなければならないのか」

_______

北欧スウェーデン式 自分を大切にする生き方

齋藤 慎子 訳

文響社

_______

以前、「看板のない居酒屋」で有名な岡村浪漫の岡村社長に教えて頂いたお話を思い出しました。

あるラーメン屋さんのお話なんですが、

10日前は、10人のお客さんが来ました。

5日前は、5人のお客さんが来ました。

昨日は、1人でした。

今日はどうなるのか・・・という状況の時にたまたま一人のお客さんが入って来ました。

あと何日かでお店を閉めなければいけない様な状況だったので、この店の主人は気もそぞろ、いつ倒産してしまうだろうか・・・と考え事をしながらラーメンを出した時、思わずラーメンに指が入ってしまいました。

「親父さん、指が入っているよ」

とお客さんが言うと、この店の主人は虚空をみながら言いました。

「大丈夫です。熱くありませんから」

お客様が減ってきたことを悩み、未来を心配してばかりでは、お客様に美味しいラーメンを出す事は出来ません。

考え込んでいる時間があるのなら、今日来てくれたお客様に美味しいラーメンを出す方が大事です。

美味しいラーメンと心を込めた接客があれば、明日は二人のお客様が来るかもしれない。

10日後には10人のお客様が来てくれるかもしれないのです。

目の前の人を大事にする、目の前にある事、やるべき事を大事にしていくことが大切ですね。

以下のお話も、考えさせられます。

___

私たちは、「今」が大切なのにもかかわらず、過去のことなどに悩んだり、先のことを心配したりしてしまいます。

しかし、悩んだり心配したりというのは、実はお金を燃やすことと同じです。

このことを、よく理解したほうがよいと思います。

仮に、皆さんが一万円札の札束をもらったとします。

そのとき、「ああ、ちょうどよかった」といって、一枚一枚に火をつけて、「ああ、あったかいなぁ!」と手を温めたりするでしょうか?

そんなバカなことをするはずがありませんね。

しかし、悩んだり心配したりすることは、それよりも損なことなのです。

過去のことで悩んだり、落ち込んだり、または将来のことを心配したりすると、これはもう、自分の全財産に火をつけるような感じなのですよ。

(中略)

人間には知識と考える能力があって、それを理性的に用いると、すごく幸せになっていくのです。

ですから、我々の財産というのは、何億円だとか何兆円などといった、数字で数えられるものではありません。

理性が財産です。

しかし、悩むと、この理性が燃えてしまうのです。

悩む場合、私たちは過去のことで悩むか、将来のことを考えて落ち着きがなくなります。

不安でたまらなくなるのです。

心配や不安は、落ち着きや理性の働きを鈍らせます。

シャープで、いつも「今」に真剣になれて、論理的に生きられる、そういう能力がなくなっていきます。

大事な財産がごうごうと燃えるのです。

(「日本の未来」アルボムッレ・スマナサーラ 著 / サンガ新書)

___

悩んでいる時間も命の一部。

命を大切にするっていうのは、時間を大切にすることでもありますね♪

悩むこともあるけれど、意識して「今」を生きていきたいものです。

__________

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

心より感謝します。

__________

ブログにも記事をアップしてあります。

「魂が震える話」ブログ

http://ameblo.jp/and-kei/

このメルマガは、

転送、掲載、自由です。

朝礼や飲み会の席、友人や家族との会話で、どんどんご活用いただけたらと思います。

こちらから登録出来ます。

 ↓ ↓ ↓

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=f73f8a0fc37f8746

2017.10.04 | コメント(0)

レディガガさんが活動休止。理由は線維筋痛症!?

日本ではまだまだ認知が広がっていない
線維筋痛症という病気があります。

レディガガさんが今回活動休止した理由が
この線維筋痛症だったとのことですね。
AERA.com
HUFFPOST

ALSも一大ムーブメントになりましたが
世界的アーティストが
病名をカミングアウトすることの
影響力は大きいでしょうね。

線維筋痛症という病気は、
身体中が痛くなって、
ひどいとベッドの上で寝返りしたときに
自分の体が重力でベッドに当たることすら
痛いと感じる人もいます。

一般的には
脳の病気と考えられる傾向があり、
慢性疼痛に対する薬物治療が
治療の中心となりますが

トリガーポイントや、
筋膜治療の観点から考えると
少し違って見えてきます。

最初は体の一部分の痛みであったものが、
その痛いところをかばって
日常生活を送っている間に

かばっているところまで痛くなってきて
それが次第に広範になり、
全身に広がったもの

と捉えると、
いきなり脳が悪くなったわけではなく
筋膜障害の連鎖が全身に広がり
脳の痛覚の過敏性が高まってしまったもの
と考えることができます。

実際に、痛みの研究では
下降性疼痛抑制系といって
脳が体の痛みを自然に抑えようとしてくれる
仕組みが存在しているとされています。

慢性疼痛の人では、
その下降性疼痛抑制系の働きが
弱くなることも知られています。

ストレスや睡眠障害は
交感神経の興奮により
さらに痛みが増幅します。

そのため、その人の状態に合わせた
慢性疼痛治療薬や睡眠薬を適切に使いながら、
痛みの本当の原因である
筋膜の治療を行うことが大切になってきます。

当院では、
慢性疼痛を理解した薬物療法はもちろん、
トリガーポイントへの注射や筋膜リリースで
痛みの原因にアプローチすることで
症状の改善を目指しています。

広範な痛みの患者さんでは、
リハビリへの通院だけでなく、

関連施設である
名古屋トリガーポイント治療院での
トリガーポイント鍼治療や

リラクゼーションルームファシアでの
全身を緩めてリラックスすることで
交感神経を鎮めて
副交感神経を優位にさせる
ハンドセラピーを提供しています。

レディガガさんが
どんな治療をされるのかはわかりませんが
今回のニュースを機に
今まで原因のわからない痛みで
悩んでいた人たちに
そこから抜け出す光が差し込むと良いですね。

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

2017.09.13 | コメント(0)