院長ブログ

人間がすごいのは弱いから

当院に慢性のコリや痛みで来院される患者さんのなかには、とても自分にコンプレックスを持っている方がいらっしゃいます。

私にはあれも無い、これも無い、あれもできない、これもできない。

そして、自分が悪いと内に刃を向ける人と、他人と環境が悪いと外に刃を向ける人がいます。

そのバランスを少し整えて、なんとかなるさ、死ぬわけでは無い、と気楽に考え、気持ちの切り替え方を知り、自分のためだけの癒し時間を持つこと。

自分のなかのイライラや不安を外側から客観視して、自分と環境を冷静に考えて、他人に期待するのではなく自分には何ができるのかを前向きに考えること。

そのヒントを患者さんに提案するのも、慢性の痛み治療には大切なことなんです。

今日はメルマガ 人の心に灯をともす から、こんなお話のご紹介です。

【人間がすごいのは弱いから】№2558

西田文郎氏の心に響く言葉より…

人は自分にないものを持っている人を尊敬します。

他人を敬うこと自体は素晴らしいことです。

ところが、自分が持っていないものだけに意識を向けていると、「あれもない、これもない」とマイナスの錯覚を起こしてしまいます。

そうした考えから脱するには、「有無・無有の思考法」が役に立ちます。

つまり、「相手にあって、自分にない」という思考を逆転して、「相手になくて、自分にある」ことを考えてみるのです。

私は企業の社員教育にいくと、物事を逆から見るという訓練をさせます。

たとえば、支店に勤めている人は、本店に対してコンプレックスを抱いている人が多い。

どうせ、支店では大したことができないと思っている傾向にあります。

そういう場合には、「本店にあって支店にないものは何ですか」と一方思考で考えさせると、「やっぱり本店はすごい」と思って勝てなくなってしまう。

ところが、逆から見てもらうと「支店にはあれもある、これもある」とどんどんアイデアが出てくるのです。

人間がすごいのは弱いからです。

像やライオンより強いからではありません。

人間は弱いからこそ、自分にあって相手にないものを常に脳に問いかけてきた。

だからこそ、人類はここまで発展してきました。

そもそも、世の中に絶対ということはありません。

いままでこうだと決めつけていたことも、逆の立場になってみると、違った側面が見えてきます。

この逆からの発想が、いつの間にか自分が絶対と決めつけている「正しさ」に拘泥(こうでい)していることに気づくための、もっとも有効な方法です。

一つひとつ逆から見る癖をつけておくと、自分と反対意見を持った人がいても「そういう考え方もあるよね」と受け入れられるようになります。

そうすると、世の中から喧嘩や争い事がなくなるはずです。

自分だけが正しいと思ったら、破滅が始まります。

自分の「正しい」をやめる勇気を持ちましょう。

それが悪い錯覚を外すためのもっとも重要なポイントです。

そして、それが進歩や進化につながっていくのです。

『錯覚の法則』大和書房

我々は錯覚や思い込みの達人だ。

一度こうと思ったら、その考えからなかなか抜け出せない。

たとえば、業界一位の会社には到底追いつけないし勝てないとか、スポーツでいうなら○○秒の壁は破れないとか優勝は絶対無理とか。

「打つ手は無限」という滝口長太郎さんの詩がある。

【打つ手は無限】

すばらしい名画よりも

とてもすてきな宝石よりも

もっともっと大切なものを私は持っている。

どんな時でも

どんな苦しい場合でも

愚痴を言わない。

参ったと泣き言を言わない。

何か方法はないだろうか

何か方法はあるはずだ

周囲を見回してみよう。

いろんな角度から眺めてみよう。

人の知恵も借りてみよう。

必ず何とかなるものである。

なぜなら打つ手は常に

無限であるからだ。

「人間がすごいのは弱いから」

どんなに苦境に陥ろうと、あきらめず、くさらず、様々な手をかんがえる。

弱さを自覚し、自分にあるものに光をあて続けたい。

■新メルマガのテスト配信始めました(空メールしてください)毎朝7時配信・今月末には本配信の予定です
hirosan@q.bmv.jp

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

2016.08.27 | コメント(0)

嬉しかった話

先日オープンした、僕が監修する
リラクゼーションルーム ファシア

内覧会は大盛況でしたが
オープン後はまだまだお客様は少なく
来店するお客様おひとりおひとりを
丁寧に丁寧に施術して
ゆっくりと疲れを癒していただくように
スタッフたちが頑張っています。

そんな中、とてもうれしい出来事が
店長から僕に報告されました。

先日訪れたお客様が帰られた翌日、
その娘さんが来店されました。

母がファシアで施術してもらって
とても満足そうだったから
クリスマスプレゼントにしたくて。

と、お店のプレゼントチケットをご購入されていったそうです。

「疲れやコリが痛みに変わる前に
身体も心も癒して、痛みを予防してほしい」
という想いで
僕がプロデュースしたお店が
早速そのようにお役に立てたことが
とてもうれしかったです。

僕の見ていないところで
そうやってお客様を大切にしてくれている
スタッフたちに改めて感謝です。

みんな、ありがとう。

DSC02540

リラクゼーションルーム ファシア
http://fascia.nagoya/
052-753-3235
11:00〜20:00 年中無休
地下鉄東山線一社駅南
名古屋市名東区一社2丁目3番地
名東一社ビル1階

2015.12.17 | コメント(0)

何になるかより、どんな人間になるか

子供の時にブラックジャックをよんで
なんかお医者さんって仕事は
楽しそうだと思い
中学に入った時には
医者になりたいと思っていました。

幸い現役で医学部に入り
4年生の時にサボりすぎて留年しました。

おかげでバックパッカーになり、
半年間で世界一周歩いてきました。

結婚して仕事が始まった今では
とてもそんな時間は持てませんが、
レールから脱線したその時間がなくては
今の自分はありません。

人生は自由です。

医者になってからも開業を目指してきたので
4年前に開業した時には
人生の最大の目標を達してしまい
次の目標を探しました。

人を雇い、
患者さんという顧客を受け入れ
自分たちの仕事が継続できるように
経営が破綻しないように
次への投資ができるように
みんなで頑張る。

同時に、
院長として自分を磨くことが
今の最大の目標かもしれません。
ゴールはないけど、、(^^;;

今日は
メルマガ 魂が震える話
からこんなお話しのご紹介。
以下、引用です。
_______

人生における成功を、何になるかに求める人は多い。

しかし、これになれたら成功、幸せなどという職業は存在しない。

なぜなら、成功は職業についてくるものではなく、人についてくるものだからだ。

何になるかを目標にしても成功を収めることはできない。

まず真剣に考えなければならないのは、どんな人間になりたいのかである。

自らの理想とする人間像を追求することによって、驚くほど強い意志の力を人間は身につけることができ、その過程の中で自らの進むべき道を自然と見出し、何をやるべきかということは自ずと決まってくる。

大切なのはそのときに何をやっているかではない。

最終的にどのような職業に就いていようとも、その目標とする人間像が成功するに足る素晴らしい人間像で、そこに向かって日々努力する限り、成功は約束されているのである。

_______

「賢者の書」

喜多川 泰 著

ディスカヴァー・トゥエンティワンより

_______

医者になったら幸せか?

社長になったら幸せか?

芸能人になったら幸せか?

野球選手になったら幸せか?

答えはきっとこうでしょう。

【どんな職業だろうが関係ない】

医者より幸せでお客さんに愛されている定食屋さんもいっぱいいるでしょう。

社長より幸せな主婦もいっぱいいるでしょう。

芸能人より幸せな農家さんも沢山いるでしょう。

野球選手より幸せな職人さんもいっぱいいます。

もちろん、医者も芸能人も社長も野球選手も、幸せな人はいっぱいいます。

何になるかより、どんな人間になるか。

「料理人になる!」よりも、「喜ばれる人になる!」

料理人になる人は、自分のために料理をつくる。

喜ばれる人になる人は、相手のために料理をつくる。

美容師さんも、自分がイイと思うヘアスタイルをつくる人より、お客さんがイイと思うヘアスタイルをつくる人が繁盛している。

相手を無視してこだわりを押しつけるより、喜んでいただくためにこだわりを提案するスタンスの方が良いのでしょうね♪

似ているようで、まったく違うと思います(*^_^*)

今、何の仕事をしているかは重要じゃない。

どんな人間になるか?

自分もまだまだなんですが、少しずつでも成長して行きたいです(^_^)b

2015.06.20 | コメント(0)