院長ブログ

朝礼でのこと

毎朝行っている朝礼。
先週の朝礼当番は、当院で一番の若手事務さんでした。

いつも面白い企画をしてくれるのですが、
今年の漢字は「金」でしたが、
皆さんの今年の漢字はなんですか?
という問いかけをしてくれました。

「変」
へん じゃありませんよ。 
変わる と書いて
この1年で生活環境や後輩がたくさんできたことを書いたスタッフ。

「会」
と書いて、現在のスタッフと会えたことを表現したスタッフもいました。

僕は「縁」
と書きました

新たな事務さんや看護師さん、理学療法士さん
いずれも素晴らしい人たちとの出会いで
この1年さいとう整形外科もパワーアップして
ますます楽しいチームワークが生まれました。

また、土曜日のお楽しみ企画では
アーティストのドン・カジョンさん
名古屋大学大学院国際開発研究科 准教授の山田肖子先生
日本野鳥の会 平和公園探鳥会リーダーの徳田さん
など、さまざまな分野の方々とコラボレーションして
新しい分野の楽しみを発見し、
参加者の方々にも提案できたような気がします。

また、別の日にはこんな朝礼のお話しをその若手事務員さんがしてくれました。

以前スーパーの試食のアルバイトをしていた時のこと。

皆さんはスーパーの試食をもらいますか?
躊躇する人、喜んでもらう人、さまざまいらっしゃると思いますが、
その時アルバイトに言われたことは、
お客さんが商品を買おうと買うまいと、どんどん試食してもらってほしい
と言われたとのこと。
そのことで商品を知ってもらうとともに、
スーパーに来たお客さんに笑顔になってもらう。
アルバイトの君たちの対応一つで
商品の価値も、メーカーのイメージも
その商品を置いていただくスーパー自体のイメージも良くも悪くもなる。
笑顔でどんどん試食してもらってほしい。
と言われた事を例に挙げて
さらにその子は言いました。

さいとう整形外科でも、たとえインフルエンザの患者さんで
来院から注射、帰宅までがとても短いとしても
その時のスタッフひとりひとりの対応で
さいとう整形外科の印象が変わってしまう。
スーパーで言われたことと同じように、
私も患者さんに良い印象を持ってもらえる接遇を心掛けたい
と、ちょっと恥ずかしそうに言ってくれました。

院長の僕から語りかけるのではなく、
一番最年少のスタッフからこの言葉が出たことが、
僕には何よりうれしかったことでした。

ありがとう。

2012.12.16 | コメント(0)

気づけるか、気づけないか

今日は当院のホームページを作ってくれている
メディカの三浦さんのご紹介で
医療経営コンサルタントのすずたけさんとお食事の機会をいただきました。

すずたけさんは「お医者さんのための知恵袋」というブログを続けていらっしゃり
本にもなっています。

本を読んでみると、
僕が医院や医療者はこうありたい、と思い、
毎日の朝礼や昼礼でスタッフに語りかけていたことや
いろんな本を読んできて学んだエッセンスが
ふんだんにまとめられており
とても共感できる内容でした。

医院とて例外ではなく、
一つのお店としてお客さんをどうおもてなしするべきか
お店は何を商品としているのか
気づかいとはどういうものか、
そんな問いかけがいくつもありました。

そんなすずたけさんと三浦さんとともに
いつもおいしい菜メシと豆腐田楽を食べさせてくれる
医院の近くの豆丁へ。

すっかりすずたけさんの笑顔に引き込まれ
あっという間に時間がたってしまいました。

リッツカールトンやディズニーの話などもでてきて
すずたけさん自身も病棟の子供達のためにクリスマスツリーを寄付していることや
ハンドベルで病院に訪れる人をいやしたりと
すずたけさん自身が、人を楽しませることが好きな方なんだなあ、と思いました。

お医者さんを顧客とする医業経営コンサルタントでありながら
患者さんへの癒しを与える一医療者でもあるんですね。

三浦さん、すずたけさんとの三人のお食事会は
ポジティブな言葉と笑顔にあふれ
なんだか何でもできる気になっちゃうから不思議です。

その後クリニックに戻り、
当院のミニツアーへ。

すずたけさんは
待合室の掲示板や、手すりの近くの観葉植物などにも目を配り
患者さん目線での改善策もアドバイスいただきました。

そういったところにクリニックのスタッフ一人一人が気づけるようになるかどうか
クリニックの総合力を上げるも下げるも人次第ですね。

2012.11.08 | コメント(0)

忘れてはいけないもの

***********************************************
医院のイベントや休診情報、院長ブログがお手元に届きます。
メールマガジンの登録、解除はこちらから
さいとう整形外科リウマチ科 院長通信
***********************************************

昨日は友人のライブがあるとのことで、
診療が終わってから応援にかけつけました。

小さな舞台の上ですが、
体いっぱいで歌いながら
訪れてくれたお客さんに
何度もありがとう、ありがとうと言っていました。

僕もDJとしてイベントを行っていたので、
お客さんが入らない時の辛さも
お客さんが満員になって、
みんなが楽しんで笑顔になった時の喜びも
どちらも味わいました。

舞台の大きさに関わらず、
たとえそれが武道館だったとしても
その分お客さんが来てくれない時のプレッシャーも大きいでしょう。
だからこそ、満員のお客さんが一体となった喜びも
それだけ大きいものになるはず。

僕たちは毎日仕事をしていますが
それもお客さんがあってこそ。

いくらおいしいパンが焼けても
いくら上手に髪を切れても
いくら歌がうまくても
お客さんが来なくてはその腕を発揮することができません。

開業から一年半。
時には目が回るほど忙しいときもあります。
でも、自分を頼ってきていただいた患者さん
一人一人に感謝の気持ちを忘れずに
笑顔と共感でお迎えしたいとおもいます。

僕たちは、顧客により仕事をさせていただいているのですから。

2012.10.28 | コメント(0)