院長ブログ

総合診療整形外科

総合診療内科という診療科があります。

近隣では名古屋第2日赤病院や、私の古巣である名古屋医療センターにもあります。

これは、あまりに内科という科目が
循環器内科、呼吸器内科、内分泌内科、神経内科、膠原病内科、血液内科、、、
と、細分化、専門分化してきたために、
そのアンチテーゼとして必要とされ、生まれて来た科でもあります。

これまでオールラウンドに研修してきたはずの研修医ですら
3年目のレジデント医師になると、
循環器内科のレジデントは、これは心臓の問題ではありません
呼吸器内科のレジデントは、これは肺の問題ではありません。
と、「当科的な問題ではありません」と、
専門分野のパターン診断のみに当てはめて、
当てはまらないものは引き受けない。

僕も医療センターでは研修医の教育をしながら、
「お前ら、これまで2年間いろんな科をローテートして、
内科の基本は勉強してきたんじゃないのかよっ!」
と、専門家に属したとたんに
大した経験もないのにいっぱしの専門家ぶるレジデントに
嫌気がさしたもんです。

結局様々な科をたらいまわしになり割りを食うのは
しっかりと診断の付かない患者さんです。

そんな医療に疑問を持ち、
診断という点と、様々な問題を同時に抱えた患者さんを
自分の科で引き受けて問題点をきちんと整理して
それぞれの専門家との協調関係を保ちながら
全体としてその患者さんを診ていく。
そういった専門分化した医療に対するアンチテーゼが
総合診療科とも言えます。

今僕がやっている整形外科という科は
内臓以外の身体の痛みと外傷のすべてを扱う科で
考えるべき内容もとても幅広いものです。

そして、整形外科の扱う筋骨格系、運動器は
呼吸や循環、内臓機能とも密接な関連を持っています。

内臓が正常に機能するためにも
姿勢を整え、呼吸を整え、適度に運動し、循環を改善し、
禁煙し、栄養バランスを整え、しっかりと休養し
筋肉の疲労回復と、正常な骨の代謝バランスを整えることが
とても大切です。

現在僕は1999年に医者になってから19年目になります。
2年間の内科研修と1年間の救命救急研修が僕の基礎になっており
16年間骨折や身体の痛みを整形外科として診療しながら
12年間リウマチの診断、治療を行っています。
そして、開業してからの7年間はもっぱら筋膜性疼痛症候群MPSの治療にも傾倒し
これまでの整形外科診断学、リウマチ学では治せなかった
筋肉筋膜の痛みを抱えた患者さんに注射、内服、リハビリの複合治療と
鍼灸治療やリラクゼーションと言った代替医療の力も借りつつ
向かい合っています。

いわば、内科、救急、リウマチ学をベースとした
総合診療整形外科医
が、今の僕のあり方であり、ずっと上り続ける山でもあります。

まだまだ勉強することは山ほどありますが、
勉強するたびに患者さんの悩みを一つ一つ解決できるようになることも
医者という仕事が楽しいところでもあります。

幅広い視点で患者さんを受け止め、
問題点の交通整理をしながら
今ある痛みの原因を、限られた時間の中で
その人の持つ病気、生活習慣と生きてきた歴史から紐解く
シャーロックホームズのような総合診療整形外科医に
開業7年で少しでも近づけたかな、、、、。

2018.07.11 | コメント(0)

混雑情報と受付時間のご案内

ゴールデンウィーク前後から、長期休みの後の影響なのか、患者さんの受診人数が急増しています。

先週は午前も午後も診療時間を大幅に延長して対応していましたが、本日は休日明けの月曜日でもあり、11時の時点で30人待ちとなっており、初めて11:30から受付制限を行いました。

現在当院の診療キャパシティを超えた患者さんがご来院されており、1人1人の患者さんを丁寧に診てあげたい気持ちで常におりますが、ご来院いただいた患者さんの痛みを取ることを優先し、前後のお話を十分にできない場合も出てきております。

院長が質問にお答えする十分な時間が取れない場合もあり、看護師が対応させていただくこともございます。

また、痛みの箇所が複数ある患者さんでは一度の診察で1箇所の治療に限らせていただいております。

混雑時には十分にお話ができない場合があること、複数の痛み部位の診察はできない場合があることをご了承ください。

午前受付終了時間は11:30、午後は18:30としておりますが、診療可能人数を超えた場合には早い時間に新患の受付を終了させていただく場合もございます。
(リウマチなどでご予約の患者さん、骨粗鬆症で通院中の患者さん、いつものお薬がなくなってしまう場合などには受付時間内であれば受付致します。)

特に11時過ぎ、18時過ぎの時間は受付が集中しますので、早い時間の受診をお勧めいたします。

ご不便をおかけして大変申し訳ありません。

他院では治らなかった痛みのご相談、複数箇所の治療をご希望の方は、院長監修の名古屋トリガーポイント治療院にて鍼灸によるトリガーポイント治療を行っておりますので、ご予約の上ご利用ください。(保険診療は行なっておりません。)

また、全身のコリでお悩みの方は、院長監修のリラクゼーションルーム ファシアにて全身のトリガーポイントをほぐすボディケアも行っております。合わせてご検討ください。

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

2017.05.15 | コメント(2)

側弯症のリハビリテーション

image

先日名古屋大学で行われた柔道整復師さん主催のロコモペイングループ設立記念セミナー
そこで、東京の麹町接骨院の院長 白石先生とお会いしました。

白石先生は、柔道整復師として名古屋大学大学院で学び、研究した先生で、医者も顔負けに骨折や捻挫の治癒機転について基礎医学的な論文を列挙しながら解説されるすごい先生です。

今回は白石先生が東京の自院で取り組まれている脊椎側弯症の知見についてご講義されるということで、三連休の中日でしたが拝聴に参りました。

以前にも当院の理学療法士が、白石先生主催の側弯症のトレーニングコースに参加させていただいており、そのおかげで側弯症が手術をしなくても改善する可能性があることを学びました。

これまでの整形外科医学では、関節や脊椎が加齢の結果で変形してくると考えられてきました。

もちろん単に加齢というだけでなく、軟骨の変性や磨耗、骨粗鬆症やミクロな骨折など様々な理由が挙げられていますが、総括してもその大元の原因は語られません。

トリガーポイント治療を行う立場から考えると、僕はやはり固くなり伸びなくなった筋肉を放置したことによる関節への持続的な負荷や、不良姿勢の連続が、常に新陳代謝を繰り返す骨組織に影響を与え、骨がとがり、曲がり、ひねられると考えたほうが素直に納得できます。

そのため、高齢になり関節がすり減ってくるのを待つことなく、常に伸びなくなった筋肉をほぐして柔らかく保ち、良い姿勢での座位、立位を心がけることが、ひいては関節や背骨の変形を防ぐことができると考えていました。

当然、思春期においては、地球の重力に対してまっすぐに身長が伸び行くように、良い姿勢を学ばせてあげることがどれだけ重要かと思います。

側弯症は小学校の検診で見つかり、当院にも来院されます。

現在の日本の整形外科医学では、少しの側弯は経過観察、ひどくなれば装具。それでもダメなら手術、という流れがあります。

しかし、四六時中装具をつけ続けることも思春期の子供にはとても難しく、手術を行えば背中に長い傷痕が残るだけでなく、金属で固定されることにより、一生曲げられない背骨になってしまいます。

前述したように、骨の成長は筋肉の引っ張る方向に影響を受けるとすると、積極的に姿勢を変え、筋肉の牽引方向に介入し、背骨の成長方向に影響を与えられたら、側弯症は改善に向かうはずです。

白石先生はドイツのシュロス先生から学び、日本において側弯症の運動療法をいち早く実践されてきました。

シュロス法は1921年にドイツのKatharina Schrothによって確立されて以来、長い歴史の中で発展してきた側弯症の保存的(運動療法+装具療法)治療法です。

その効果は世界中で高く評価されており、近年、シュロス法の3代目Dr.Weissは、これまでのシュロス法を医学的エビデンスに基づき最新の治療法に進化させた、The Scoliologic® Best Practice Programを開発しました。

Best Practice Programは、個々のカーブパターンを評価し、日常生活から側弯矯正を意識した座り方や立ち方、呼吸法、運動療法などを継続的に取り入れ、側弯の維持・改善を目指すプログラムです。

当院の理学療法士、村瀬も白石先生のところで開催されたSchroth Best Practice Programを受講し、Schroth Best Practice Therapistの資格を取得しました。

白石先生とお話しすると、50度の側弯症は25度くらいに、25度であれば12.5度くらいに改善できるそうです。

また、軽微なものならばほぼまっすぐになるそうです。

成長のゴールを全くのまっすぐ。側弯症0度を目指せば手術しかないのかもしれませんが、
現在の整形外科医学でも

20度以上で専門医へ紹介。
25度から30度で装具装着
45度以上であれば手術

というのが一般的な方針ですから、シュロス法を用いて姿勢、運動療法と独自の装具療法を行うことで50度が25度になれば、手術は回避できてしまうのです。

側弯症は重度になると内臓を圧迫して呼吸消化機能に影響するとも言われますが、1番側弯症が影響するのは見た目、見られ方です。

現在の日本の側弯症治療のメインストリームは、悪化してくるならば装具、手術をしましょう。それまでは経過観察でよいでしょう。運動療法は効果がありません。というスタンスですが、世界には手術をせずに側弯症を治せないか検討する学会もあり、シュロス法についての本も出版されました。

何もせずに経過観察して悪化を待つだけであれば、よりよい姿勢を学び、筋肉のテンションを調節することで骨の正しい成長を促す努力をしてもよいと思います。そして、実際に効果を出している先生が日本にもいるのです。

当院でも、Schroth Best Practice Therapistである村瀬が側弯症改善のための運動療法を開始しております。

側弯症でお悩みの方は、一度ご相談いただければと思います。

2016.04.04 | コメント(0)