院長ブログ

腰椎・大腿骨骨密度と骨粗鬆症診断基準

女性では50歳前後の閉経を迎えると
女性ホルモンの分泌が低下するために
急速に骨密度が下がっていきます。

骨密度や骨質が低下し、骨粗鬆症が進んだために発生する骨折を
脆弱性骨折と呼びます。

脆弱性骨折で頻度の多いものは
背骨、大腿骨のつけね、手首、上腕骨のつけね
などですが、
背骨(胸腰椎の圧迫骨折)や大腿骨の頚部骨折を起こすと
日常生活動作レベルが下がることにより要介護度が上がったり
高齢者では寝たきりにつながることもあります。

骨粗鬆症かどうかの診断は
2012年度改訂版の原発性骨粗鬆症診断基準によると
1.すでに脆弱性骨折がある場合
  背骨の骨折がある または 大腿骨の骨折がある
  その他の脆弱性骨折があり、かつ 骨密度が若年者の80%以下
2. 脆弱性骨折がない場合 
  骨密度が若年者の70%以下
となっています。

骨密度の測定部位は
国際的には腰椎、または大腿骨での測定が基本となっており、
当院では腰椎と大腿骨の両方を測定しています。
これまで普及していた手首や踵の骨密度測定は
腰椎や大腿骨で測定できない場合の参考値にはなります。

これまで手首や踵で測定して骨密度が大丈夫と言われた方でも
骨密度は身体の中で均一ではないため
腰椎や大腿骨といった重要な部位で測定すると
骨密度が低い場合もあります。
一度腰椎・大腿骨骨密度を測定することをおすすめします。

背骨はこれまで骨折を自覚していなかった方でも
若い時に比べて2cm身長が縮んだ方では骨折が隠れている可能性があると言われます。

胸腰椎圧迫骨折をしたことのある方では
再度圧迫骨折するリスクは3~4倍。
大腿骨のつけねを骨折するリスクは3~5倍になります。

大腿骨のつけねを骨折したことのある方では
新規に骨折するリスクが2.5~6.48倍となります。

骨粗鬆症を予防するためには、
思春期から閉経までにしっかりと運動して、カルシウムをとっておくことが大切。
閉経を過ぎると、食事だけでは骨密度が増えないことがわかっています。

背骨を骨折すると背が縮み、腰が曲がり、内蔵が圧迫されます。
肺の圧迫により呼吸が浅くなり、
胃の圧迫により胃酸がこみ上げることも増えます。
痛くて寝ている期間が長くなれば、全身の筋力も衰えます。

大腿骨を骨折すれば歩けなくなり、手術が必要となります。
手術をしても杖が必要になったり、車椅子になる人もいます。

骨折してから後悔する前に
まずは自分の腰椎・大腿骨骨密度を測定して
骨粗鬆症ならば時間を味方につけて早めにお薬で治療することが大切ですね。

2013.10.21 | コメント(0)

リタ活!セミナー

image

2012年度の小中学生の人数が
過去最低を更新したことが、
文部科学省の調査で判明したそうです。
http://m.huffpost.com/jp/entry/3788109

今回8/10土曜日に
ファイナンシャルプランナーの伊藤剛之さんを
お迎えして行った「リタ活!セミナー」

リタ活!とは、”リタイアしてからの人生を充実させるための活動”
のことだそうです。

今回参加された人には、伊藤さんからこのリタ活!ノートが
なんと無料プレゼントされたのですが、
内容はとても深いもので、
自分の生い立ちを見直し、自分の今後の生き方を考えるツールです。

今後の自分の生き方プランを見つめ返して夢を描き、
そのために必要なことを考える機会を作ることがまず大切。

その時に必要な元手の基礎となるのが年金ですが、
日本人の平均寿命
1960年には男性65.32歳、女性70.19歳でしたが、
2012年には男性79.94歳、女性86.41歳と大幅に伸びました。
そして冒頭に挙げた少子化の進行ですから、
年金が60歳から65歳支給となっても、
その後の支給年月の伸びのほうが上回っており、
無理があることがここからもわかりますね。

そのため、まずは送られてくる年金定期便を眺めて
自分の年金額がどのくらいあるのか確認し、
それを基盤としつつ、自分の夢を実現させるためには
あとどのくらいの時間でどのくらい貯蓄すればよいのか

それをリタ活!計画ノートを用いることで
具体的に考える機会となることを
今回のセミナーでは教えてくれました。

また、すでにリタイアしている方も
最近書店で売られている各種エンディングノートなどを用いて
自分史を作ることで
その人らしい、理想的なお葬式が迎えられることも
教えていただきました。

そして、何よりリタ活!に大切なことは
生きているだけでなく、健康寿命の長寿を目指すこと。

僕からは、日常の整形外科診療の中から、
ロコモティブシンドロームについてお話しさせていただき、
いつも仕事で使うだけの同じ姿勢、同じ動作だけでなく、
全身を使って動くことでコリや痛みを防ぎ
筋力低下を防いで
いつまでも動ける身体と姿勢を維持することの大切さを
お話しさせていただきました。

みんなで健康寿命長寿を目指してリタ活!しましょう!!

2013.08.21 | コメント(0)

第1回骨コツsupporter’s meeting

kotukotu001

木曜日は八事整形会、NPO法人名古屋整形外科医療連携支援センターと
小野薬品共催の
第1回骨コツsupporter’s meetingにおいて
発表を行いました。

骨粗鬆症治療薬の中でも
破骨細胞の活動を抑えるビスフォスフォネート治療薬についての
200名を超える患者さんから回収した多施設アンケート調査の結果報告です。

ビスフォスフォネート治療薬は
骨密度を上昇させるのに有効な治療薬ですが、
体に吸収されにくいため
起床時に内服し、30分は横にならない、飲食しない、
ということが求められます。

1日1回内服、週1回内服、4週に1回内服
などの各種製剤がありますが、
患者さんアンケートにより、
どの内服が最もニーズにマッチするのか、という検討です。

結果からは、
1日1回よりも週1回、さらには4週に1回製剤を内服している患者さんで
現在の内服回数に満足していることがわかりました。
4週に1回製剤では80%以上の人が満足していました。
また、4週に1回内服している患者さんが最も飲み忘れなく内服できていました。(88%)
1日1回、または週に1回内服している方の1/4が、4週に1回製剤への変更を希望していました。

ロコモティブシンドロームを見つけ出す7つのロコチェック
1.片足立ちで靴下が履けない
2.家の中でつまづいたり、滑ったりする
3.階段を上るのに手すりが必要である
4.横断歩道を青信号で渡りきれない
5.15分くらい続けて歩けない
6.2㎏程度の買い物をして、持ち帰るのが困難(1L牛乳パック2本分)
7.家のやや重い仕事が困難である。(掃除機、布団の上げ下ろし)

このうち一つでも当てはまれば、ロコモティブシンドロームの可能性がありますが、
ビスフォスフォネート薬を内服している人の72.5%が一つ以上当てはまり
1項目も当てはまらないという人の数は、最近1年間の転倒回数と反比例していました。
つまり、転倒回数が増えるほど、ロコモ項目0の人が少なくなるということです。

ロコモ項目0を目指して、日ごろから運動を心掛けたいものです。

まずは、自分の骨密度を知ること。
中でも寝たきりに直接かかわる腰椎と大腿骨の骨密度を測定することが大切です。
特に、これまで大腿骨、手関節、脊椎の圧迫骨折などを起こした方では
骨粗鬆症の可能性が高く、繰り返し骨折する可能性があります。
積極的に骨粗鬆症治療薬を内服し、骨折の連鎖を予防することが大切ですね。

2013.04.13 | コメント(0)