院長ブログ

フォルテオ エキスパートナースミーティング2013

CIMG7139CIMG7137CIMG7136CIMG7135

土曜日は、骨粗鬆症に対する治療薬である
骨形成促進薬 フォルテオの
エキスパートナースミーティングでした。

これまでの内服薬と比べて、
使用開始から1年半後には平均10%以上骨密度を増加させる
骨形成促進薬フォルテオですが、
内服ではなく、自己注射が必要である、
という点が、患者さんにとっての一つの障壁になっています。

しかし、内服治療では追いつかない、
すでに骨折をしたことのある方や
重度の骨粗鬆症の方には
力強い治療オプションとなります。

また、骨折の痛みを早く改善させ
骨折の治癒を早める効果も認められています。

この回の第一回は昨年9月に当院が担当させていただきましたが、
今回も当院から、「骨粗鬆症の基本 ver1.2」を僕から、
そして岡田看護師からは「フォルテオ自己注射導入のコツ」
という講義をさせていただきました。

僕の講義では
骨粗鬆症による骨折は繰り返すこと。
大腿骨の骨折により歩行レベルの低下や、寿命も短くなってしまうこと。
脊椎の圧迫骨折により肺や胃腸が圧迫され、内臓にも障害がおこること。
自己注射という障壁を乗り越えるためには
患者さん自身に骨粗鬆症治療の大切さと必要性を理解してもらうことが大切なこと。
そのためにも、時間のないDrではなく、Nsの力が重要であること。
などについてお話しさせていただきました。

岡田看護師からは
当院における導入の手順と
開院からこれまでに聴かれた患者さんの声や
うまく導入できた時の工夫だけでなく、
うまくいかなかったときの反省などをあえて発表し
聴衆の看護師さんたちと共有してくれました。

その際、岡田看護師が最後の締めくくりとして
自己注射導入において患者さんに安心・納得して手技を覚えていただくには
30分からときには1時間の時間を説明にかけることもあり、
その間少なくなるマンパワーを残りのみんなが支えあって補ってくれる
チームワークに感謝している
との言葉がありました。

院長 とても誇りに思いました。

そして、今回参加したNsのなかには
第一回の当院担当のナースミーティングに参加してくれた看護師さんも見え
前回参加してから自分たちのクリニックでも工夫して
自己注射導入の手順書や患者さんへの説明用紙を作成して
積極的に改善を行ったとの声も聴かれました。

微力ながら当院の経験を皆さんと共有することで
他院の看護師さんたちを勇気づけ、自己注射導入のヒントになったことは
この上ない喜びです。

この骨形成促進薬フォルテオが
必要な患者さんたちに納得してもらえるよう
今回参加してくれた看護師さんたちがますます活躍することを願っています。

2013.04.08 | コメント(0)

葉の落ちる冬こそ、鳥を見に行こう!

12/8土曜日には
日本野鳥の会・平和公園探鳥会リーダーの
徳田さん、村上さんにお越しいただき
平和公園で見られる野鳥についてお話しいただきました。

30人を超える方にご参加いただき、
またまた盛況な会になりました。

まずは僕から、
すべての女性が知っておきたい骨粗鬆症
転んでも折れない骨作り
というタイトルで、
50才以上の女性の実に4人に1人が骨粗鬆症であり
閉経後にはカルシウム摂取だけでは骨密度は増えないため
閉経後には速やかに自分の骨密度を知っておくことが
大切です、
というお話をしました。


また、徳田さんからは、
鳥に関する雑学をお話しいただき、
映画やドラマに出てくる鳥の鳴き声が示す意味なども
教えていただきました。
知っていると、映画も深く楽しめますね( ^ω^ )


そして、村上さんからは
平和公園で見られる野鳥の写真や
録音した鳴き声までも披露していただきました。

平和公園では実に30〜40種類もの野鳥が見られるとのこと。
骨粗鬆症を予防するためにも、
双眼鏡をもって平和公園に出かけてみるのも
新しい楽しみの発見になっていいかもしれませんよ!

平和公園探鳥会は、8月〜5月の第四日曜
午前9時に地下鉄東山線の星ヶ丘駅北側バスターミナルに
集合してください。
どなたでも参加できるそうです。
正午には解散になります。

守山区近辺の方は
小幡緑地探鳥会
10月〜5月の第四日曜日
午前9時に小幡緑地公園(本園)入口の公園案内看板前に
集合です。
どなたでも参加可能です。

その他、東山植物園探鳥会、名城公園探鳥会、
平針探鳥会、海上の森探鳥会、牧野ヶ池探鳥会
藤前干潟探鳥会、岩屋堂探鳥会、大池公園探鳥会
木曽岬干拓地探鳥会もあります。

お問い合わせは
日本野鳥の会愛知県支部
052-912-9531
http://www.wbsj-aichi.org
までご連絡してくださいねo(^▽^)o

2012.12.10 | コメント(0)

現実を視よ

【送料無料】現実を視よ [ 柳井正 ]

【送料無料】現実を視よ [ 柳井正 ]
価格:1,575円(税込)

日曜日の夜は、最近買った本
ユニクロの社長 柳井正さんの「現実を視よ」
を読み始めました。

バブル崩壊後、失われた20年を
今も低迷し続ける出口の見えない日本。
ジャパンバッシングされていた頃の勢いのある日本から
ジャパンパッシング、そしてジャパン ナッシングとされた現状。

一方勃興するアジア経済の中で
たくましく、志高く活躍する外国企業。

海外からの対日投資はGDP比で約4%。
一方日本を除く先進国や新興国の多くは30%~40%。
外貨で稼がず、消費税を上げる日本の政治。

顧客が何を求めているのかよりも
自分本位に高度な機能を盛り込んだ
日本でしか通用しないガラパゴス携帯。

一方スイッチは中心のくぼみ一つだけ。
いつでもスタートメニューに戻れる
シンプルでデザインも美しいiphone。
使い方に説明はいらず、世界に通用します。

柳井社長は登山用が主流だった高価なフリースを低価格で提供しました。
加えて綿100%が主流だった下着を、新素材の開発で改革し
暖かいだけのババシャツにアウターとしても着られるお洒落感を加え
ヒートテックを投入。
これまでになかった新しい価値を提供すれば、そこに需要が生まれるといいます。

先日セミナーを行った骨粗鬆症も、まだまだ日本国内での危険意識は低く
救急病院の若手整形外科医達は
毎日骨粗鬆症による骨折の手術に追われています。

全身の骨が弱くなっているのですから、当然、手術をしても骨折を繰り返します。
しかし、若手医師たちは手術だけで手いっぱいで
骨粗鬆症を十分に治療する時間はありません。

寝たきりや介護が必要となってから、
骨折する前に骨粗鬆症を治療しておけばよかったと嘆いても遅いのです。

すべての女性は閉経を迎え、骨密度は急激に低下します。

新しい価値を創造するというほどのものではないかもしれませんが、
骨粗鬆症のリスクをもっと広く知ってもらうことで
骨折が減って手術や入院に伴う医療費が減り
介護による中年層の負担が減って経済活動が活発化し
元気な高齢化社会を迎えることが目標です。

老夫婦がいつまでも手をつないで歩き続けられる世の中に
貢献できたらと思います。

2012.09.30 | コメント(7)