院長ブログ

星野リゾートの教科書


星野リゾートの教科書」を読んでいます。

星野佳路(よしはる)社長が星野温泉旅館を引き継ぎ、
いかにして経営改革を行ったかを
ケーススタディー形式で星野社長が参考にした本を紹介しています。

形は違えどホテルも医療も、
より良い人生を生きるためのサービスを提供するところ。

学ぶべきことがたくさん詰まっています。

その中には、
経営者が一番大事にすべきことは品性である。
と書いてあります。

星野社長がスタッフに自分の会社で働いてもらうにあたり、

社員は人生の大切な時間を自分の会社で過ごす。
いずれ会社を去る時に
「この会社で過ごせてよかった。あの職場はとても幸せだった。」
と思ってもらえるようにしたい。

と書いてあります。

スタッフがさいとう整形外科て働くことを幸せに思い、
ひいては患者さんの笑顔につながれば最高です。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

2011.01.11 | コメント(0)

内壁が立ち上がりました


新年最初の現場での建築打ち合わせ。

リハビリ室のフローリングの素材や色、
窓につけるロールスクリーンの計画などまだまだ内装の検討が山積みです。

現場では1階の内壁の基礎も立ち上がって、
大きな一つの空間がそれぞれの部屋になってきました。

南側の点滴室のリクライニングチェアからは、
大きなガラス窓越しに庭師さんの造り込んだお庭が広がる予定です。

正面玄関からは中待ち合いと点滴室を抜けて、
そのお庭まで見通すことができるようになります。

設計士さんや現場監督さんの頭の中にあったものが、
3Dとなって体で感じることのできる空間になってきました。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

2011.01.11 | コメント(0)

リウマチ超音波の会終了!


二日間に渡って開催されたThe Academy of Imaging
US Train the Trainer’s Meeting

千葉大の池田先生や東京女子医大の瀬戸先生などをコアトレーナーとして
関節リウマチの超音波診断を全国に広めるトレーナーを育てようという会です。

新潟の阿部先生や、北海道の菅谷先生など知った顔もあり
楽しく学ぶことができました。

今回の被検者となってくれたのはリウマチではない方達なので
正常画像で関節の見るべきポイントを教えて頂きました。

もちろん滑膜炎などはないので、
炎症部分の血流をみるためのパワードップラーは見れませんでした。

これから3ヶ月間、超音波の自主トレを行い、
その後おさらいコースを経てTrainerとなります。

なんと2013年までに、リウマチ超音波を扱える人を1500人育てる計画だそうで、
そのTrainerとなると開業してからも忙しくなりそうです(^_^;)

名誉なことと思って頑張ります。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

2011.01.09 | コメント(2)