院長ブログ

第25回日本整形外科超音波学会

image

昨日はwestin名古屋キャッスルで開催された
第25回日本整形外科超音波学会で
リウマチの超音波診断の重要性と必要性につき
口演発表を行いました。

CIMG8010

当院で開業からの2年間に来院された未治療のリウマチ患者さんのうち
30%の人ではCRPが陰性でした。

炎症を表すCRPが陰性でも、リウマチは否定できないってことですね。
関節の触診でも、いかに経験を積んだリウマチ専門医でも
腫れているけれども、炎症のない滑膜肥厚と
指で触ってもわからない程度のgrade1の腫脹は
超音波でないと見分けがつきません。

早期のリウマチの診断や、真の寛解の判断には
触診も採血データもそれほどあてにならないのです。

自験例を含めて6分間の報告をさせていただいた後
兵庫県の先生がお名刺を下さり、
ちょうど同じような患者さんで悩んでいた旨相談をいただきました。

また、以前より知り合いの先生からも、
やっぱり採血データはあてにならないですよね、と
同じ意見をいただきました。

超音波診断をしながら感じたことを発表したことで
少しでも他の先生たちが抱える日常診療の疑問にアプローチできていたら
発表した甲斐があったってものです。

また、昔勤務していた刈谷総合病院の
放射線技師の友人たちにも会えてとても嬉しかったです。
image

勉強の内容としては、
名古屋大学の舟橋先生からは
乾癬性関節炎の超音波所見4例につきご発表があり、
乾癬に典型的な皮膚所見やDIP関節の所見が見られない場合で
リウマチ因子や抗CCP抗体が陰性のseronegativeであった場合には
リウマチと乾癬の区別がつきづらいこと。
常に乾癬の可能性も頭の片隅に置いておくことの重要性につき
お話しされていました。

特別講演では
中京大学スポーツ科学部の清水卓也先生から
四肢の障害で訪れる患者さんの局所のみに原因を求めず
運動連鎖を考えた体幹へのリハビリテーションを行い
加齢による変形を予防することの重要性についてご講演がありました。
日本サッカー協会のホームページから
体幹のトレーニングとして7番、8番のエクササイズをお勧めされていました。

舟橋整形外科スポーツ医学センターの菅谷啓之先生からは
様々な肘、肩のスポーツ障害における超音波所見につきご講演がありました。

午後のセッションでは
捻挫による足関節の靭帯の複合損傷についての
超音波診断の結果についてのご発表や
下腿の疲労骨折の超音波診断についても
とても興味深く拝聴しました。

レントゲンでは写らない腱や筋肉、靭帯の評価ができ、
何度行っても痛みもなく、
その場で患者さんと画像所見を共有しながら説明できる超音波。

超音波機械の精度が上がり、
整形外科領域への応用がどんどん広がっています。

2013.07.07 | コメント(0)

7/6土曜日は臨時休診です。(整形外科超音波学会のため)

7/6土曜日は
名古屋で開催される第一回整形外科超音波学会にて
演題発表をするため
クリニックの診療はお休みです。

大変ご迷惑をおかけいたします。

今回の発表演題は
「関節リウマチ超音波 〜CRPに頼っていては早期リウマチを見逃します」
です。

寛解が当然の目標となった今でも、
当院へ受診される患者さんの中には
他院に最初にかかったときに
「リウマチ因子が陽性だから、リウマチですね。」
「CRPが上がっていないから様子をみましょう」
「対称性に腫れていないから、リウマチではありません」
などと、未だに言われたという方がいます。

現在当院へ受診しているリウマチ患者さんは146名ですが、
そのうち約30%は初診時にCRPが陰性でした。

また、寛解の判断も、現在は
腫脹関節数、圧痛関節数、患者さんのリウマチの調子の全般評価、CRPまたは血沈ESR
などを総合計算してなされますが、
総合的に計算された寛解基準を満たしていても
足の指、手の指などの小関節の炎症が残っている場合が有り、
超音波検査で痛い関節が赤く光っていれば、
その関節ではまだ関節が壊れていく可能性があります。

今回の学会発表では、そんなお話を6分間の口頭発表にて行ってきます。

リウマチが専門ではない先生たちも来られる学会なので、
これでリウマチの超音波検査が普及していく足がかりになればいいなあ、と思います。

2013.07.05 | コメント(0)

RAと痛み RA疼痛治療懇話会

image

今日はリウマチの痛みを考える、という
RA疼痛治療懇話会で
講演の機会をいただきました。

名古屋大学関連のリウマチの先生の勉強会なので
普段よく顔を合わせる先生たちの前でのお話しの機会でしたが、
みんなリウマチのエキスパートばかりなので少々気負います。

ともあれ、この2年間開業してから、
リウマチの超音波診断を行いながら感じた
自分が考えているリウマチの治療と痛みのマネジメントについて
まとめて発表しました。

また、東京女子医科大学 整形外科からは 
猪狩勝則先生が「RA患者の疼痛管理」というご発表をされ
現在の痛み治療についてのエビデンスをたくさんお示しになりました。

MTX+生物学的製剤の使用で、
これまで関節が壊れるのを待つしかなかったリウマチという病気は
ちゃんと治療をしていれば関節が壊れることを防げるようになってきて
寛解を達成する人のほうが多くなってきました。

一方それだけリウマチの治療が進むと
今度はよりよく日常生活をすごし、
痛みの全くない状態まで治療することが求められる時代となり、
メンタルケア、疼痛管理のニーズが高まっていると言えます。

先日のヒュミラの5周年の会でも言われたように
欠勤しなくなった。から、
出勤し続けられる状態。
さらには、仕事の能率を落とさないほどリウマチを深くコントロールすることが
求められています。

リウマチだから痛いのは仕方がない、とあきらめず
思う存分仕事や家事、スポーツを楽しんでも
関節の腫れや痛みが出現しない状態。
それだけ深い寛解を求めてもよい時代になったのです。

2013.07.03 | コメント(0)