院長ブログ

日本リウマチ学会 1日目

写真

本日からクリニックは休診。
日曜日まで日本リウマチ学会のため京都に来ています。

京都国際会議場に日本中のリウマチ医が集まります。

初日の今日は
朝から「低分子化合物 新しい経口抗リウマチ薬」
というセッションを聞きました。

間もなく世に出るJAKinhibitor トファシチニブ
CD4Tcellの抑制、IL-6やMMP-3の抑制により骨破壊も抑制したというデータが示される一方
ウイルス感染のリスクがあり、帯状疱疹の発生が多いため
ベースラインにおいてのT細胞が少ない患者さんでは注意が必要であり
現状では他剤で効果不十分だった患者さんに使用をすることが
よいのではないか、という提案がありました。

先日発売された経口抗リウマチ薬 イグラチモドについては
NFκBの活性化抑制を介して投与8週で効果を示し
アザルフィジンと同等の効力が証明されていること。
MTXとの併用で、MTX+生物学的製剤と同様の効果がみられ
コストパフォーマンスに優れるが、
まだ骨破壊抑制効果は証明されていないこと
などが示されました。

東京女子医科大学の山中先生からは
生物学的製剤アクテムラの薬剤経済学的検討
というご講演があり、
京都府立医科大学 川人先生からは
DMARDSの適応と使い方
として、生物学的製剤以前のMTXを含めたDMARDSの使い方、
その併用療法についてご講演がありました。

併用療法としてはSWEFOT試験において
MTX+生物学的製剤レミケードとMTX+SASP+HCQを比較し
ACR50反応性、関節破壊抑制効果ともにやや劣るものの
有意な差はなかったこと
TEAR試験において生物学的製剤エンブレルとMTX+SASP+HCQを比較し
骨破壊抑制効果において有意差はないこと。
そして日本においてはJaSTARstudyとして
MTX+BUC+SASPがMTX+TNF阻害薬と比較して
治療6か月目の臨床的寛解(DAS28<2.6)達成率が 36.2% vs 40.8%と有意差がつかなかったこと 一方MTX+BUC+SASPの治療継続率が勝っていたことが示されました。 さらにIMPROVEDstudyの結果から 未確定関節炎(UA)、早期リウマチに対して DAS28<1.6の厳しい寛解基準を目標として MTX25mg/w+PSL60mg/日という 日本のリウマチ治療からするととても多くの量の薬を用いたところ 1年後には68%が寛解。さらに32%がDrug Free寛解を得ており 関節破壊の進行は見られなかったとのことでした。 今日1日を通して 7種類の生物学的製剤が出現して 寛解達成、骨破壊抑制がTREAT to TARGETというスローガンの元 現実のゴールとなった一方 注射製剤という煩雑さ、医療経済、コストパフォーマンスの問題があり これまで使用されてきた個々のDMARDsが併用療法として 注目を浴び、その真価が見直されてきているという リウマチ治療の変遷が見えました。 夜は北海道内科リウマチ科病院のみなさんや 新潟の先生たちと合流して 楽しい夜を過ごしました(^O^) 明日も朝からお勉強です!

2013.04.19 | コメント(0)

4/18~21は休診です。

明日 4/18(木曜日)~4/21(日曜日)は
日本リウマチ学会にて演題発表を行いますので
クリニックの診療は休診となります。

今年のリウマチ学会は京都です。

名古屋大学リウマチデータベースTBCから、
生物学的製剤アクテムラを使用して
6か月間経過しても、まだ十分な効果が得られない場合に
ほかに頼るお薬がない状況において
アクテムラを使用し続けた場合にどうなったか。

結果としては、半年以上使い続けた場合にも
次第に効果を発現してくる患者さんもいました。

TNF阻害薬が無効となった時のレスキューにも使われ、
リウマチコントロールの最終兵器ともいえるアクテムラ。
患者さんによってはそのポテンシャルを、
早期に発揮できないこともあります。

TBCデータベースに登録されたアクテムラを半年以上使用している患者さん229名の中で
半年経ってもリウマチの勢いの強い高疾患活動性であった患者さんは13名(6.1%)でした。

13名の内訳では基礎疾患や合併症などによりMTXが使用できない患者さんが大半であり、
やはりMTXを使えるか、使えないかはリウマチコントロールの分かれ目になるところです。

しかし、半年時点で高疾患活動性であった患者さんも
1年時点では60%の方が中等度疾患活動性に改善しており、
その後使用し続けた場合には、中には低疾患活動性や寛解を達成する患者さんもいました。

最近発売された第7の生物学的製剤シムジアを含め
アクテムラが効果不十分だった場合の選択肢はこれから議論され、経験が積まれていくところです。

今回の発表では、もし、薬剤を変更せずに使用し続けた場合の
一つの指針になるのではないかと思います。

明日18日から4日間の京都生活。
しっかり勉強して、しっかり楽しんできます。

患者様にはご不便をおかけいたしますが、
学会でパワーアップした院長をお待ちください。

2013.04.17 | コメント(0)

RAトータルマネジメントフォーラム

imageimage
先週末土曜日2/2は、クリニックを臨時休診として
当院の理学療法士さんと看護師さん一同で
品川まで、RAトータルマネジメントフォーラムに参加しました。

当院の看護師さんが東海リウマチケア研究会で優秀発表賞をいただき
その全国大会でもある
今回のRAトータルマネジメントフォーラムでの発表の機会を頂いたからです。

この会はリウマチ財団とエーザイさんが主催する
数少ないリウマチのコメディカルが主役の会で
リウマチに関して理学療法士さん、看護師さん、メディカルソーシャルワーカーさんなどの
様々な発表を聞くことが出来ました。

当院の看護師 橋爪さんも、
当院の看護師全員のサポートを受けながら
練習に練習を重ねて、(新しい素敵なスーツを着て^^)
全国から集まった500人の聴衆の前で立派に発表をしてくれました。
image

開業から1年半
リウマチとは全く関わりのなかったパートの看護師さんたちが
医院の立ち上げからどのようにしてリウマチ患者さんとの関わりを深め
リウマチ看護の診療体制を築き上げていったか
当院での苦労と改善の歴史を7分間の発表で振り返ってくれました。

現在は院長により関節リウマチと診断された場合には
看護師さんがわかりやすい院長自作のパンフレットをもとに
患者さんに関節リウマチの病気や治療について個別にレクチャーを行っています。

また、リウマチ患者さんが再診された際には
看護師が問診を行うことによって、
短い時間の中ではなかなか院長には伝えられない悩みも
拾い上げることができるようになりました。

問診表には患者さんの心の悩みを拾い上げるための
うつ傾向のスクリーニング項目もあり
看護師さんによる心のケアのきっかけにもなりました。

そのような改善のもと、現在の当院のリウマチ診療が出来上がってきました。

発表はとても好評で
様々な看護師さん達から個別に質問もいただきました。

なんといっても
リウマチ患者さんから教えていただいた、という謙虚な姿勢で
練習に練習を重ねて発表にこぎつけた
看護師 橋爪さんの努力の結晶とも言える、よい発表でした。

橋爪さん、お疲れ様でした!!

image
写真は女優さんであり、東京大学客員研究員でもある石井苗子さんと。
石井さんは東日本大震災のあとの仮設住宅に看護ケアを届ける
きぼうときずなプロジェクトの一員として活動を続けており、
ペ・ヨンジュンさんから寄付をいただいたバンで被災地を回っているとのご発表をなさっていました。
とても活動的で、エネルギッシュな方でした(^^)
きぼうときずなプロジェクト

2013.02.06 | コメント(2)