院長ブログ

抗リウマチ薬 MTXと副作用について

8/29 yahooニュースにて各新聞社から
産業医科大学の記事が載りました。

中でも、読売新聞の見出しは
「カルテ記載漏れで教授ら処分、リウマチ治療で死亡」
となっており、悪意すら感じます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130829-00000607-yom-soci

記事中には
産業医科大学は「関節リウマチの治療中に悪性リンパ腫を発症するなどして患者10人が死亡する事例があったと発表」

「患者10人が死亡したのは2009年6月~昨年9月。いずれも産業医科大学病院で抗リウマチ薬の標準治療薬である「メトトレキサート(MTX)」を使用した。」

「専門医や弁護士ら5人による第三者委員会が5月10日付で同大に提出した調査報告では、「悪性リンパ腫発症の主たる原因は、免疫異常に起因するもので、MTXの影響は付随的なものに過ぎず、今回の使用は標準的治療の範囲内で、医療行為として不適切にはあたらない」とされた」

との記載があります。

読売新聞はこの見出しの影響の大きさをどれだけわかっているのでしょうか。
同じ内容を伝えるにも、文章の書き方で
どれだけ全国のリウマチ患者さんがいたずらに不安にさせられるか考えているでしょうか。

2005年にMTXによる間質性肺炎の報道があった際にも影響は大きく
内服している患者さんも不安を大きくしました。

リウマチ患者さんのブログ
http://kabopi.exblog.jp/2024634

新聞報道では、ただお薬の固有名詞と副作用や死亡の絶対数が載るだけです。
どれだけ多くの患者さんでMTXが使われていて、何%の人にそのリスクがあるか
などという書かれ方はしません。
絶対数です。

その反面
・MTXがなくては現在のリウマチ診療は成り立たないこと。
・ほとんどのリウマチ患者さんがMTXで治療していること。
・MTXは世界中で広く使われており、
 何より継続率の高い優れたお薬であること。
・生物学的製剤を使用せず、MTXだけでも
 リウマチを寛解に持って行ける患者さんが多数いること。
・現在の生物学的製剤のほとんどがMTXと併用することで
 十分な効果を発揮できること。
・間質性肺炎はもともと関節リウマチの自然経過として起こる可能性があること
・MTX以外のお薬でも間質性肺炎は起こる可能性があること
・MTXによる薬剤性間質性肺炎やリンパ節腫脹の多くが可逆性であり、
 MTXを中止すれば改善する場合が多いこと
・ほとんどのリウマチ専門医は副作用も熟知した上で抗リウマチ薬を使用しており
 そのため定期的な経皮的酸素分圧測定、胸部レントゲン、CT検査
 患者さんへの副作用症状の早期発見のための説明
 を繰り返し行っていること。
というような、患者さんを安心させる情報は
ほとんど記載されません。

MTXと肺障害について
http://www.rheuma-net.or.jp/rheuma/rm220/pdf/news108.pdf#search=’MTX+%E9%96%93%E8%B3%AA%E6%80%A7%E8%82%BA%E7%82%8E’

今回の産業医科大学のニュースも、
見出しの書き方ひとつで患者さんに与えるショックも変わります。

産業医科大学は日本でも有数の数のリウマチ患者さんを治療している施設で
この病院のリウマチ医たちが患者さんとともに作り上げた数々の臨床経験が
日本のリウマチ治療の道しるべとなって来たことは疑いありません。

また、同教授は自施設の優れたデータを
日本のみならず世界のリウマチ医に向けてご講演されており、
私もいつも勉強させていただいている一人です。

産業医科大学の知人に聴いたところ
今回の報道の裏には、反勢力の力が働いたこともあるようです。
そうであるとすれば、白い巨塔まがいの個人の出来事に振り回される
全国のリウマチ医、リウマチ患者さんへの影響を考えると
非常に腹立たしい思いがあります。

新聞も記事を読む患者さんの気持ちを考えて
いたずらに副作用の恐怖をあおるだけでなく
適切に現状を伝えて欲しいものです。

2013.08.31 | コメント(2)

第25回Club Four Leaves @ さいとう整形外科リウマチ科

25回CFL007

今日は若いリウマチ患者さんの会 Club Four Leavesの勉強会が
当院で行われました。

開業以来、当院で勉強会のお手伝いをさせていただいており、
僕が講義を行うのはこれで3回目。

今回は、最近僕が行った学会発表から、
関節リウマチを発症した非常に早期であったり
罹患関節が指関節、足趾関節の数か所だけだったり
またはほとんど寛解しているけど、
というときには
CRPなどの採血データはあてにならないこと。
そして、データに出ない炎症が残っているかどうかは
超音波を当てないとわからない場合があること
についてお話しさせていただきました。
また、実際に関節超音波の実演もしてみました。

そして今回は
リウマチの自助具や装具を作っていらっしゃる
ブルースカイ工房さんが
わざわざ鎌倉より足を運んでくれました。

画像にあるような、さまざまな便利グッズを紹介していただき
僕も大変勉強になりました。

中でも、商品化されている「開けたカッター」は
袋のパッケージがなかなか開けられないとき
切り込みなどが入っていない袋を開けるときに
挟んでスライドすると何の力もいらず袋が開く
便利グッズ。
はさみで切るときは指を入れなくてはいけませんが
指が痛いときには
手全体ではさめば使えるので
らくらくです。

その後ディスカッションのコーナーでは、
日ごろ自分の主治医にはなかなか時間がなくて聴けなかったことや
心配ごとなど、いろんな質問をみんなで共有しつつお答えし
また、参加した方同士でも意見交換が行われました。

新しいペン型のエンブレルやアクテムラのお試し用キットを
実際に触っていただいたり、
最近のリウマチ治療事情についても共有できました。

勉強会の感想では
「超音波のことなど知らないことがたくさんあって
 今日勉強することができてよかったです。
 採血検査上の寛解と、超音波によって見られる真の寛解は
 違うことがわかり、真の寛解を目指したいと思います。」

 
「リウマチの痛みに対するモチベーションが少し変わりました。
 もう少し このくらいでいいか ではなくて
 変形など防ぐためにケアしていきたいと思いました。」

「自分の主治医の先生に対して”こうしてほしい”みたいな願いを持っていましたが、
 (私のデータが軽いのであまり話を聞いてもらえない)
 でも自分も、もっとうまく診察を受ける努力をする必要があったと反省しました。」

「寛解の基準についても疑問に思っていたことが解決したのですっきりしました。
 生物学的製剤もうまく使い、寛解目指すぞ!と、より前向きになれました」

などの感想もいただき、
関節リウマチにおける痛みと真の寛解、
それを診断する超音波検査の有用性などが伝わったのかな、と思います。

参加してくれた当院の看護師も、僕自身も、そしてCFLの参加者の方たちも
みんなが勉強になるとても有意義な会でした。

CFLの幹事さん、お疲れ様でした。
また、鎌倉からはるばる当院まで来てくださったブルースカイ工房さん、
ありがとうございました。

皆さんとまたお会いできることを楽しみにしております。

2013.08.25 | コメント(0)

第25回日本整形外科超音波学会

image

昨日はwestin名古屋キャッスルで開催された
第25回日本整形外科超音波学会で
リウマチの超音波診断の重要性と必要性につき
口演発表を行いました。

CIMG8010

当院で開業からの2年間に来院された未治療のリウマチ患者さんのうち
30%の人ではCRPが陰性でした。

炎症を表すCRPが陰性でも、リウマチは否定できないってことですね。
関節の触診でも、いかに経験を積んだリウマチ専門医でも
腫れているけれども、炎症のない滑膜肥厚と
指で触ってもわからない程度のgrade1の腫脹は
超音波でないと見分けがつきません。

早期のリウマチの診断や、真の寛解の判断には
触診も採血データもそれほどあてにならないのです。

自験例を含めて6分間の報告をさせていただいた後
兵庫県の先生がお名刺を下さり、
ちょうど同じような患者さんで悩んでいた旨相談をいただきました。

また、以前より知り合いの先生からも、
やっぱり採血データはあてにならないですよね、と
同じ意見をいただきました。

超音波診断をしながら感じたことを発表したことで
少しでも他の先生たちが抱える日常診療の疑問にアプローチできていたら
発表した甲斐があったってものです。

また、昔勤務していた刈谷総合病院の
放射線技師の友人たちにも会えてとても嬉しかったです。
image

勉強の内容としては、
名古屋大学の舟橋先生からは
乾癬性関節炎の超音波所見4例につきご発表があり、
乾癬に典型的な皮膚所見やDIP関節の所見が見られない場合で
リウマチ因子や抗CCP抗体が陰性のseronegativeであった場合には
リウマチと乾癬の区別がつきづらいこと。
常に乾癬の可能性も頭の片隅に置いておくことの重要性につき
お話しされていました。

特別講演では
中京大学スポーツ科学部の清水卓也先生から
四肢の障害で訪れる患者さんの局所のみに原因を求めず
運動連鎖を考えた体幹へのリハビリテーションを行い
加齢による変形を予防することの重要性についてご講演がありました。
日本サッカー協会のホームページから
体幹のトレーニングとして7番、8番のエクササイズをお勧めされていました。

舟橋整形外科スポーツ医学センターの菅谷啓之先生からは
様々な肘、肩のスポーツ障害における超音波所見につきご講演がありました。

午後のセッションでは
捻挫による足関節の靭帯の複合損傷についての
超音波診断の結果についてのご発表や
下腿の疲労骨折の超音波診断についても
とても興味深く拝聴しました。

レントゲンでは写らない腱や筋肉、靭帯の評価ができ、
何度行っても痛みもなく、
その場で患者さんと画像所見を共有しながら説明できる超音波。

超音波機械の精度が上がり、
整形外科領域への応用がどんどん広がっています。

2013.07.07 | コメント(0)