診療内容

リハビリテーション科

リハビリテーション…というと、どのようなものを思い浮かべますか?

病気や怪我、加齢によって思ったとおり歩けないときの歩行機能回復訓練?
自分の意思通りに身体を動かす練習をする機能回復訓練?

確かにこういったリハビリテーションも大切ですが、実は症状が起こる前の予防も、リハビリテーションの一つです。骨折による転倒を防ぐためにも、さいとう整形外科リウマチ科では、自宅で簡単にできる『転ばないための、長続きする運動方法』をお伝えしていきます!

さいとう整形外科リウマチ科のリハビリテーション

リハビリテーション

リハビリテーションには、大きく分けて理学療法、作業療法、言語療法の3つに分けることが出来ます。
当院では専任の理学療法士により、体を動かし、機能を高める運動訓練を中心に理学療法を行っております。

理学療法は、筋肉や関節、骨のスペシャリストである理学療法士の指導のもと、五十肩(肩関節周囲炎)などのこわばった関節をほぐして可動域を高めたり、
筋力をつけることで腰痛、肩こり、変形性膝関節症などの痛みからの回復を目指します。
また、姿勢指導や歩行時のバランスをとる練習などを行い、慢性的な痛みの悪循環を取り除き、腰痛や肩こりになりにくい体づくり、転びにくい体づくりのお手伝いをいたします。

リハビリの機械を用いた物理療法としては、ホットパック、超音波治療器、キセノン治療器、干渉波治療器、SSP低周波治療器、レッドコード、エルゴメー ター、腰椎・頸椎牽引機、ウォーターベッドなどを用いて、体の深部を温め、血行を改善し、筋肉をほぐし、リラクゼーションを与えます。

下肢のむくみなどでお悩みの方には、医師の診察によるむくみ診断の上で、空気圧による浮腫治療器(Dr.メドマー)も用いて治療を行います。

当院では、お薬だけで治療するのではなく、身体をほぐしたり血行をよくすることによって、長期的に身体が健康でいられるような方法を患者さんとともに考えてまいります。

リハビリは、自分ができる範囲での簡単な運動を「じっくり」「ゆっくり」「根気よく」毎日コツコツと続けることが大切です。

» 当院の治療機器の紹介はこちら

リハビリテーション機器