リウマチ 生物学的製剤とMTXを使いこなす。

週末土曜日は、
名古屋のリウマチエキスパートが集まる
小人数のコアな勉強会
BIOLOGIC USER’S FORUM
に出席してきました。

少人数ならではのぶっちゃけトーク満載で、
リウマチ治療の本音を語ってきました。

講演では、
慶応義塾大学の膠原病内科
金子祐子先生のお話を聴講。
内容をメモしておきます。

DTRA: Difficult to treat RAをどう攻略するか。
① 薬物の容量をしっかり使うこと。
ATRACT study & RISING studyレミケード 
② かなり早い時期から増量していくこと。初めにガツンと叩いて寛解導入することが大切。
シンポニー50㎎→100㎎に増量した12名中、2回目から増量している人が12名中6名。
③ MTXをちゃんと使うこと。
TNF阻害薬単体はMTXと同等の成績に留まる。
MTXを使っていないと二次無効が増える。
MTXを併用すると抗薬物抗体も出づらくなる。

抗生物学的製剤抗体
 Fc部分に対する抗体:非中和抗体 TNFをくっつけることはできる。薬効は下がることもあるため、十分な薬物容量を使用することが必要。
 Fab部分に対する抗体:中和抗体 TNFをくっつけることができなくなるため、薬効が落ちる。血中濃度も下がる。
 AAA(抗アダリムマブ抗体)の76%は投与後1か月で発現している。そのため、初期に十分な容量を使って血中濃度を上昇させることが必要。免疫複合体が作られたとしても効果が得られるだけの容量を使うことが大切。
シンポニーは免疫原性が低いため、抗生物学的交代ができづらい。

葉酸とMTXの化学式は非常によく似ている。
活性型MTXであるMTX-PG濃度は外国人に比べて日本人では非常に高い。
日本人では少量のMTXで寛解に達しやすい。
肥満や体重によってもMTX-PG濃度は変わる。太っていると上がりにくい。
腎機能が下がるとMTX-PGは上がる。

2019.06.23 | コメント(0)

WEB講演してきました。

今日は生物学的製剤オレンシアの会社である、ブリストル主催のWEB講演会でお話してきました。

web講演は、聴いてくれている先生方の顔も見えず、1人でスライドを見ながら話し続けます。

こんな感じです。
さみしそうでしょ。

これで1時間喋り続けてきました。

さて、その内容は、、、

リウマチ患者さんが、痛みを訴えた時には、
リウマチによる痛みの可能性
リウマチ以外の病気による痛みの可能性
病気ではなく、筋肉のコリであるトリガーポイントによる痛みの可能性
などを鑑別する必要があります。

リウマチによる痛みかどうかは、
単に関節を触診するだけでは分からず、
特に肩関節や股関節は筋肉の奥深くに関節があるため、これがリウマチによる関節の痛みだ!と断定するのは、触診だけでは難しいのです。

そのため、今日のお話では、
リウマチ患者さんの肩周辺の痛みについて
超音波を使って見分ける方法を
お話させていただきました。

まずは超音波で活動性の滑膜炎が無いか見分けること。

肩峰下滑液包や、上腕二頭筋腱にはリウマチ患者さんでなくても炎症が出やすいところなので、孤発の炎症であれば局所のリンデロン注入を複数箇所の炎症であれば投薬治療の強化を考えること。

痛風、偽痛風などの結晶性関節炎は肩鎖関節にも見られること。

滑膜炎が認められなければ、肩の痛みの原因としての病的な状態である、リウマチによる肩破壊、OA、肩板断裂や石灰沈着性腱板炎、滑液包炎、上腕二頭筋腱炎などを考えます。

そして、超音波診断で病的状態や炎症を除外できれば、あとは筋肉の痛みが残ってきます。

というよりも、ほとんどの痛みは筋肉、筋膜が起こしているので、そちらの治療の方が大切とも言えるでしょう。

今回の講演では、肩の周囲の筋肉や神経、血管の解剖を元に、超音波での見え方、実際の治療例も報告してきました。

少しでもリウマチの先生達が筋肉の痛みを理解してくれる手助けになれば幸いです。

2019.06.19 | コメント(0)

転石苔を生ぜず。

医者の初めに内科の基本を2年学んで

隣の人が倒れた時に助けられるようにと
救命救急に1年身を置き

内科では分からなかった
身体の痛みを診断治療できるようにと
整形外科医を専門に選び

その中でも分からないことが多かった
リウマチをさらに専門として勉強し

それでも治せない痛みに疑問を持ち
石川県の加茂先生のところまで
トリガーポイント治療を見学に行き

開業してからも
人間の身体の機能と解剖を
勉強しながら8年。

理学療法士さんたちの講習会にも参加し
蒲田先生の組織間リリースや
竹井先生の筋膜マニピュレーション国際コースも
学んできました。

その間、トリガーポイント治療から
筋膜リリースやファッシアルリリース
ハイドロリリースと
さまざまな名前で手技が生み出される
軟部組織治療の流れを学んできました。

身体の広範囲に痛みを抱えて悩む人を
少しでも早く楽にして上げるべく
鍼灸治療院や
リラクゼーション施設を立ち上げました。

8年前の開業時に比べたら、
はるかに沢山の患者さんの痛みを
取ることができるお医者さんに
なれたとは思います。

それでもまだ治せない患者さんがいる。

だから勉強はやめられない。

今日はメルマガ
人の心に灯をともす
から、
こんなお話のご紹介です。

【いつの時代も生き残るのは、変化に対応できた者】

本田直之氏の心に響く言葉より…

進化論で有名なダーウィンは「唯一生き残ることができるのは、強い者でも賢い者でもなく、変化できる者である」との言葉を残したとされていますが、いつの時代も生き残るのは、変化に対応できた者です。

例えば、わたしたちが新卒で就職した時代とは会社と社員の関係も大きく変わっています。

1つの会社で勤め上げ、十分な退職金を受け取り、年金と合わせてリタイア後を生きていくというモデルが通用したのは団塊の世代まで。

法改正もあり、企業は65歳まで働ける環境を用意するようになっていますが、実態は50代での役職定年、60歳からの雇用延長によって給料がどんどん減っていく仕組みになっています。

一方で退職金制度そのものを持たない企業も増えており、年金制度についても当てにできない時代になってきました。

しかし、こうした変化を嘆いても仕方ありません。

環境は変化します。

変わっていくならば、自分で考え、動いて、対応することです。

人間関係で言えば、若い人たちと積極的に付き合い、素直に学び、新しいやり方、考え方、未体験の物事にチャレンジしてみましょう。

若い世代はいつもその時代の環境の変化に合わせた生き方、行動スタイルを身に付けています。

今の50代がかつて新人類と呼ばれたように、いつの時代も上の世代は若者をカテゴライズし、区別して、安心しようとします。

しかし、時代の空気を知りたければ、年配者ではなく若者と付き合うべきです。

自分たちと違うといって敬遠していても何も始まりません。

ダーウィンではありませんが、そういう人は、やがて淘汰されていくことになるのです。

ソフトバンクグループの創業者である孫正義氏も、次のように言っています。

「日本の悪い癖は、自分たちがわかる過去の世界のことを本業と呼ぶ。

本業からはみ出すやつは危険なやつだと、邪道だと、すぐに言いたがって、いかがわしい目で見るわけです。

新しい文化というのは常にいかがわしいところから生まれる。

ビートルズだって、当時、僕らが子どもだったころは、いかがわしいと。

あんなのを聴いたら不良になると言われたわけですよ。

でも今では音楽の教科書にも出てくるでしょう」

新しい時代は若い人たちが作ります。

時代の変化に柔軟に対応していくためにも、50代からは意識して若い人たちと付き合っていくことが大切です。

『50歳からのゼロ・リセット』青春出版社

本田直之氏は「変化」について本書の中でこう語る。

『わたしはこれまでリセットする生き方を大切にしてきました。

根底にあるのは、自分の頭が固くなっていくことを避けたいという気持ちです。

その実践として、人生の節目節目で強制的に今までの快適な生き方、楽な生き方をリセットして、わざわざやりにくい方向へ持っていくようにしてきました。

長く住んだ家、使い慣れたオフィスは居心地のいいものになっていました。

しかし、居心地の良さというのは危ういものです。

快適な環境は、生活も、考え方もパターン化させていきます。

なぜなら、安定しているなら、あえて何かを変える必要がないからです。

だからこそ、わたしは学生時代から「変化のない生き方をしているな」と気づいたら、パターン化された自分を壊し、やわらかい思考でいたい。

頭が固くなるのは避けたい。

そのために、引っ越しをする、運動を始める、勉強をするなど、日常を変える小さな実験を繰り返し、生活全般をパターン化しないよう心がけてきました。

「俺も、もう年だし、新しいことはわかんないよ」と苦笑いで済ませてしまうこともできるでしょう。

最近は20代、30代の人たちと積極的に会うようにしています。

大切なのは、「試しにやってみよう」という気持ちです。

年齢に関係なく、この気持ちを持ち続けないと結果的に損をすることになります。

試してみた結果、自分には必要ないと感じたら取り入れなければいいだけの話です。

でも、試してみないことには本当の価値はわかりません。

テクノロジーは前にしか進みません。

試しにやってみて、自分の仕事や生活が便利になるという予感がしたら、その恩恵を受けられるように徹底的に使い倒しましょう。

変化を否定して「変わるのは嫌だ」と言う人の人生は、ゆるやかに、でも確実に後退していきます。』

人は基本的には安定を求めてしまう生き物。

しかし、世の中が大きく変わっていく今、そこで安定や現状維持を願うなら、あっという間に世間から置いていかれる。

現状維持は退歩でしかないからだ。

「いつの時代も生き残るのは、変化に対応できた者」

いくつになっても、変化にチャレンジする人でありたい。

■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから

2019.06.15 | コメント(0)

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >