リウマチ 生物学的製剤とMTXを使いこなす。

週末土曜日は、
名古屋のリウマチエキスパートが集まる
小人数のコアな勉強会
BIOLOGIC USER’S FORUM
に出席してきました。

少人数ならではのぶっちゃけトーク満載で、
リウマチ治療の本音を語ってきました。

講演では、
慶応義塾大学の膠原病内科
金子祐子先生のお話を聴講。
内容をメモしておきます。

DTRA: Difficult to treat RAをどう攻略するか。
① 薬物の容量をしっかり使うこと。
ATRACT study & RISING studyレミケード 
② かなり早い時期から増量していくこと。初めにガツンと叩いて寛解導入することが大切。
シンポニー50㎎→100㎎に増量した12名中、2回目から増量している人が12名中6名。
③ MTXをちゃんと使うこと。
TNF阻害薬単体はMTXと同等の成績に留まる。
MTXを使っていないと二次無効が増える。
MTXを併用すると抗薬物抗体も出づらくなる。

抗生物学的製剤抗体
 Fc部分に対する抗体:非中和抗体 TNFをくっつけることはできる。薬効は下がることもあるため、十分な薬物容量を使用することが必要。
 Fab部分に対する抗体:中和抗体 TNFをくっつけることができなくなるため、薬効が落ちる。血中濃度も下がる。
 AAA(抗アダリムマブ抗体)の76%は投与後1か月で発現している。そのため、初期に十分な容量を使って血中濃度を上昇させることが必要。免疫複合体が作られたとしても効果が得られるだけの容量を使うことが大切。
シンポニーは免疫原性が低いため、抗生物学的交代ができづらい。

葉酸とMTXの化学式は非常によく似ている。
活性型MTXであるMTX-PG濃度は外国人に比べて日本人では非常に高い。
日本人では少量のMTXで寛解に達しやすい。
肥満や体重によってもMTX-PG濃度は変わる。太っていると上がりにくい。
腎機能が下がるとMTX-PGは上がる。

2019.06.23 | コメント(0)