リウマチ患者さん・高齢患者さんのコロナ対策

日本リウマチ学会から、
リウマチ患者さんに向けた
新型コロナウイルスCOVID19への
対策が示されています。

医師向け情報の中から、
リウマチ患者さんが読んでおくと良いと思われる部分を抜粋してこちらに転載させていただきます。

大切なことは、煽動的なテレビの情報に不安になり、リウマチのお薬を自己中断してしまわないことです。

十分にお薬がコントロールしてくれていれば、リウマチの疾患活動性(炎症の強さ)は炭火のように鎮静化していてくれますが、お薬の自己中断により、また活動性に火がついて燃え始めてしまうと、その火を抑えるためには、より多くのお薬を必要とする場合があります。火事と同じですね。

当院にはリウマチ患者さんや高齢の方も多くいらっしゃるため、風邪症状のある患者さんは、軽症であれば回復するまで自宅待機して、治癒してから当院に受診してください。

肺炎が疑われる症状(下記)がある場合には、帰国者・接触者相談センターに相談してください。

肺炎が疑われる症状:37.5度以上の発熱が4日(リウマチ、高齢者、妊婦では2日)以上続く場合や、息苦しい、強いだるさや倦怠感

名古屋市の帰国者・接触者相談センター
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000125533.html

当院へ受診中の患者さんで、風邪症状がある場合には、当院へ御来院いただく前に、上記肺炎が疑われる症状に当てはまるかご確認いただき、帰国者・接触者相談センターもご利用ください。

以下、日本リウマチ学会ホームページからの抜粋です。

Q1:リウマチ・膠原病などで免疫が低下している人が注意する事はありますか?

A: 新型コロナウイルスの付着を避けることと、付着した場合でも口や鼻からウイルスを体内に入れないように注意して下さい。

付着を避けるためには、流行期間中は人混みを避けることやマスクを着用することが有効です。

ウイルスを口や鼻から体内に入れないためには、アルコール手指衛生剤による手指消毒や石鹸を使用した手洗いが有効です。

特にマスク表面に付着したウイルスが手を介して口や鼻から感染することもありますので、マスク着脱前後や帰宅後、食事前などは特に手指消毒や手洗いを行ってください。

流行地域を訪問した後2週間の間に体調不良が現れた場合は、まずかかりつけの医師や最寄りの保健所に電話で相談してください。

Q2:感染が疑われる場合、どこで相談すれば良いでしょうか?

A:一般的には、
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
ですが、
リウマチ・膠原病の患者さんでは、
抗リウマチ薬、免疫抑制薬、ステロイド薬を服用している方も多く、免疫抑制薬を用いている方に相当しますので、2日以上続く場合は、帰国者・接触者相談センターに相談していただくことになります。
これら薬剤を用いていなくても、高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方も同じ様に2日以上、症状が続いた場合は、相談してください。
妊婦の方は、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに相談してください。

なお、発熱が続いて、病院受診になった際は、くしゃみや咳の飛沫が飛ばないように、マスクやハンカチを用いて咳エチケットを行って受診ください。
また、アルコール手指衛生剤を用いた手指消毒、あるいは、石鹸による手洗いを、こまめに行うように注意してください。
周囲に拡げない、という意識を持っていただくことも大事です。

現時点で、子どもが重症化しやすいとの報告はありませんので、目安どおりの対応をお願いします。なお、インフルエンザなどの心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医などに相談してください。

・ 正しい手指衛生(手洗いや手指消毒)を心がけて下さい
・ 咳エチケットや正しいマスク着用を心がけて下さい
・流行時には、人混みへの不要不急の外出を避けて下さい

Q3:バイオ製剤(生物学的製剤)を使用する免疫抑制者にとり、今の日本の状況においては、実際に感染し肺炎を発症した場合を想定して準備をすべきステージに既にあると考えます。予防と言うよりは、むしろ肺炎に罹った事を想定して、いかに重症化させないかにフォーカスされるべきです。現在の情報は?
A:現在得られている情報は極めて限られており、重症化のリスクにあげられている明確なものは、高齢者、糖尿病、高血圧であり、リウマチ膠原病とその治療薬に関するものは報告が有りません。情報が得られ次第、ホームページを更新してまいります。

Q4:患者さんから『免疫抑制薬をどの様にしたら良いか』という質問を受けた場合の対応はどの様にしたら良いですか?

A: 現時点では、免疫抑制薬服用者が感染リスクを上昇させるというエビデンスは報告されていません。

重症化のリスクが上昇することが報告されているのは、糖尿病、高血圧、心疾患、脳血管疾患です(参考資料1)。

これらのリスク評価を行い、リスク・ベネフィットを慎重にご検討ください。

減量・中止によって原疾患の再燃や増悪を来す恐れがあること、COVID-19の病態に炎症性サイトカインや免疫が関与している可能性が考えられていること(参考資料2,3)、などを考慮する必要があります。

以上から、免疫抑制薬、生物学的製剤、抗リウマチ薬、ステロイドは、原則として同じ用量で継続投与とし、感染症の兆候がある場合は、これら薬剤は機序的に重篤化のリスクが考えられますので、ステロイドは原則同じ用量で維持、他の薬剤は減量や投与の一時的延期などを慎重に検討し、通常の感染症時と同様に御対応ください。

また、COVID-19をはじめとする感染予防には、アルコール手指衛生剤を用いた手指消毒、あるいは、石鹸による手洗いをこまめに行う事、ならびに咳エチケットの励行が重要で、この点をご指導ください。

参考資料1:JAMA online February7 2020
参考資料2:National Geopgrahic日本語版『新型コロナウイルスに感染するとこうなる』
参考資料3:日本内科学会雑誌:【緊急掲載】新型コロナウイルス感染症について

2020.02.28 | コメント(0)

新型コロナウイルス市民向けハンドブック

新型コロナウイルス市民向け感染予防ハンドブック第一版

マスクは咳やくしゃみをしている人が行うことで飛沫を飛ばさない効果を期待するものです。

こんな記事もありました。

新型コロナウイルス対策を巡り、米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は2月7日、「米国民にとって今、真の脅威はインフルエンザだ。中国湖北省に滞在歴がない人で、呼吸器症状がある場合は可能性が高い」と訴えた。新型ウイルスの予防目的でのマスク使用も「勧めない」とした。
https://this.kiji.is/599397639592903777

本来マスクをする必要があるのは、風邪症状のある人です。
くしゃみや咳で飛沫の拡散を少しでも抑えるように、^_マスクをする必要があります。

感染予防を期待して、何も症状のない人がマスクをするのは意味がないだけでなく、市中のマスク不足が起こります。

すると、本当にマスクをする必要のある風邪症状のある患者さんにマスクが回らないことになりますので、結果として感染を蔓延させてしまうことになります。

予防的にマスクをしても良い(必ず必要ではない)人の例は、
症状が何もない人で、人混みに行かなくてはならない、高齢者や免疫抑制状態の人
風邪症状のある患者さんの間近で、看病にあたる人
などです。

政府から会合自粛要請が出ましたが、これは爆発的な感染拡大を防ぐ意味では大切なことと思います。

いずれは感染は拡大するでしょうが、拡大を出来る限りゆっくりにすることで、検査体制や治療薬開発の時間を稼ぎ、全国の医療機関、検査期間が対応できる体制を構築できます。

テレビでは毎日感染者数、死亡者数が発表されていますが、同時にインフルエンザの感染者数と死亡者数も発表して欲しいと思います。コロナ以上に死亡者は多いはずですから。

テレビでは、ダイアモンドプリンセスを下船時に陰性確認された患者さんが発症したことはなぜか、と検査体制の不備などが報道されていますが、そもそもPCR検査も100%なものではないですから、起こり得ることだと思います。

偽陰性であれば、実は陽性であっても検査結果は陰性と出ますので、もともと陽性であったということです。
すると、その後また検査をした時に陽性となる可能性もあります。

反対に、偽陽性であれば、もともと陰性なのに検査結果は陽性とでてしまうので、陰性なのに隔離されてしまうことになります。

それは検査精度が100%でない以上、仕方のないことなのです。

また、安心のために全ての人にPCR検査をすれば良いと一般の方は思われるでしょう。
安心が欲しいとは思いますが、殆どの風邪症状はコロナではありません。
コロナでも殆どが軽症であり、軽症であればコロナも放っておけば治ります。
もしコロナであると、軽症者が医療機関を受診することで医療者や患者さんに感染拡大させるリスクもあります。

そもそもインフルエンザでも、感染力の強さから出勤停止になります。

インフルエンザでも、そもそも放っておけばほとんどの人が治るのに、日本だけ抗インフルエンザウイルス薬を投与する医師が非常に多いのは薬に頼る国民性と自己負担の少ない保険制度の故かと思います。

どんな原因にせよ肺炎であれば入院の必要が出てきます。
例えば、37.5度以上の熱が続く、息苦しさがある、咳や痰が続くなどの肺炎を疑わせる症状がある場合には、胸部レントゲンを撮る必要がありますので、内科を受診することです。

以下の記事が現実的で妥当と思われるため、転載させていただきます。

 

新型コロナ、なぜ希望者全員に検査をしないの?  感染管理の専門家に聞きました

utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharefacebook&ref=mobile_share

http://agora-web.jp/archives/2044468.html

https://note.com/syasukaw/n/n1a893bcaa312

2020.02.27 | コメント(0)

新型コロナウイルス予防にマスクは有効なの??

愛知県で6例目のコロナウイルス感染患者さんが報告されました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012289781000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

権威のある医学雑誌、NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINEには、エイズウイルス治療薬をコロナウイルス感染患者さんに投与したところ、良い治療反応性が得られたと報告されており、
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2001191

厚生労働省は海外で症状の改善が報告されたエイズウイルス治療薬の治験を国立国際医療研究センターで行うことを発表しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200215/k10012286651000.html

国立国際医療研究センターは、僕が医者の人生をスタートさせた研修病院です。
もう20年以上も前ですから、まだエイズの治療も確立され始めた頃のことです。
その頃は、HIV感染の患者さんでも、複数のお薬を飲んでおけばウィルスの活動性が抑えられて、死の病と恐れられたHIV/AIDSも死の病ではなくなるという科学の進歩に高揚したものでした。

人類の歴史は感染症との戦いの歴史とも言えます。

世界の医療者が、新型コロナウイルスと戦うために感染症対策の基本や、さまざまな治療を試した最新情報を発信しています。

一般の方が間違えやすいのは、
ウイルスが原因である風邪に対して、明確な細菌感染症の兆候がないにもかかわらず、細菌感染の治療薬である抗生剤を飲んだりしても意味がないだけでなく、大切な腸内細菌叢を壊してしまったり、耐性菌を増やしたりする負の側面すらあるということです。

医師でもそこがよくわかってない先生は、患者に明確な細菌感染症の症状がないにもかかわらず、患者が求めるからと安易に抗生剤を出す傾向があります。

医者が抗生剤を出すと言った時には、抗生剤が必要な細菌感染症なのか、患者から聞いてみることも必要だと思います。

一方インフルエンザやエイズやエボラ出血熱、今回のコロナウイルスは、細菌ではなくウイルスです。

抗生剤は効かないため、抗ウイルス薬が適応となることがありますが、一般の風邪に抗ウイルス薬を飲まないのと同様に、インフルエンザは感染力の強い、発症すると急な発熱や筋肉痛、関節痛などの症状が強く出る風邪とも言えます。

日本では保険治療システムのおかげで医療へのアクセスが良いため、すぐにインフルエンザ検査と効インフルエンザウイルス薬が処方されます。

しかし、抵抗力の弱い高齢者やリウマチなどの免疫抑制薬で治療中の方は別として、一般の方ならインフルエンザのお薬を飲むことの方が、原因不明の自殺など、ニュースになったような妙な副作用のリスクを負うことになるのではないかと思います。

なにせ、水分や栄養をしっかり摂る、ちゃんと寝て体を休めるなどの対症療法をしておけば、インフルエンザは5日もあれば治るんですから。

感染力があるので登校、出勤できないだけで、本人は2〜3日もすると元気になっていたりもします。

新型コロナウイルスの感染力もインフルエンザと同程度であり、よっぽど百日咳や麻疹よりも低く、1人から2〜3人に移る程度です。

医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド第一版によると
http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/COVID-19_taioguide1.pdf

臨床的特徴(病態、症状)
新型コロナウイルスは呼吸器系の感染が主体です。ウイルスの主な感染部位によって上気道炎、気管支炎、および肺炎を発症すると考えられます。本ウイルスに感染した方全員が発症するわけではなく、無症状で経過してウイルスが排除される例も存在すると考えられます。
感染者の症状としては、発熱、咳、筋肉痛、倦怠感、呼吸困難などが比較的多くみられ、頭痛、喀痰、血痰、下痢などを伴う例も認められます。一般的に呼吸困難を認める場合は肺 炎を発症しているものと推測されますが、上気道炎の症状が主体であっても肺炎の存在が確認される例や、1週間以上の上気道炎症状が続いた後に肺炎が出現する例もあります。
少数ながらみられる重症例は肺炎を発症していると考えられますが、さらに死亡例では ARDS や敗血症、敗血症性ショックなどの合併が考えられます。 なお、新型コロナウイルス感染症の重症化のリスク因子ならびに、どの程度、細菌感染症が合併しやすいかについては、明確なデータは認められません。

実際に新型コロナウイルスの治療に当たった国立国際医療研究センター感染症科の忽那先生の記事も参照してください。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200206-00162051/
忽那先生のメッセージでは、

「我々が伝えたいのは、この感染症が特別な感染症ではなく、罹った患者さんは皆さん快方に向かっていますよ、ということです。
これを書いた時点では3例報告でしたが、今はもう少し多くの新型コロナウイルス感染症の患者さんを我々は診療しています。そして、この中で重症の方はいらっしゃいません。
健康な方が罹っても重症化する可能性は高くない感染症だろうと思います。
ただ「だるい」という症状は強いようですし、インフルエンザと比べると症状の続く期間は長い印象ですので、仕事を休まないといけない期間は長くなるかもしれません。
この感染症が広がると、社会に与える影響は決して少なくないだろうと思いますが、健常者が罹った場合に命に関わる可能性は高くないだろうと考えます。」
とあります。

全ての風邪症状にコロナウイルスの検査をすれば良いのかというと、医療の費用対効果の面でも非常にマイナスになります。

上記ガイドによると、
厚生労働省は新型コロナウイルスの検査対象を下記のように定めています。

次の(1)〜(4)に該当し、かつ他の感染症又は他の病因によることが明らかでなく、新型コロナウイルス感染症を疑う場合。
(1)発熱または咳などの呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、新型コロナウイルス感染症であると確定したものと濃厚接触があるもの
(2)37.5°C以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前 14 日以内に中国湖北省に渡航又は 居住していたもの
(3)37.5°C以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前 14 日以内に中国湖北省に渡航又は 居住していたものと濃厚接触があるもの
(4)発熱、呼吸器症状その他感染症を疑われるような症状のうち、医師が一般に認められ ている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに 特定の感染症と診断することができないと判断し(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第 14 条第1項に規定する厚生労働省令で定める疑似症に相当)、新型 コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの
※濃厚接触とは、次の範囲に該当するものである。

 ・新型コロナウイルス感染症が疑われるものと同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内 等を含む)があったもの

感染予防のためには、
1)標準予防策の徹底
新型コロナウイルス感染症に対して、感染対策上重要なのは、まず呼吸器衛生/咳エチケッ トを含む標準予防策の徹底です。コロナウイルスはエンべロープを有するため、擦式アルコール手指消毒薬は新型コロナウイルスの消毒にも有効です。手指衛生は適切なタイミングで実施してください。
とあります。
そして、適切な換気です。

現在コンビニからマスクが消えていますが、どの程度の効果があるのでしょうか。
それについては、こちらがわかりやすく書いてあります。
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

また、感染症専門医の忽那先生の記事によると
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200123-00159958/
これまでの研究ではマスク単独でのインフルエンザやかぜなどの予防効果は示されていません(BMJ. 2015 Apr 9;350:h694)。
マスクを着用した人と、マスクを着用しなかった人とを比べても、かぜやインフルエンザの発症率に差はないとする報告が多数あります。
残念ながら無症状のときにマスクを着けてもかぜやインフルエンザを防げるとは今のところ言えません。
新型コロナウイルス感染症に関してもおそらく同様と考えられます。

その他にもマスクについての情報が詳しいため、一度忽那先生の記事は読んでみてください。

マスクは咳やくしゃみによる飛沫を飛ばして他人に感染させないために、患者さんがつけるもの。
なのです。
ただ外出する程度ならつける必要はありません。
医療従事者や保母さんなど、咳をしている人の飛沫がかかる距離で仕事をしなくてはいけない人がつけることには意味があるかもしれません。
それよりも、手洗いの方が重要とされています。

そもそも、よほど必要がなければインフルエンザのリスクも含めて、人が密集するところには行かないことの方が、感染症予防の基本です。
そして、感染しないためには免疫力を高めておくことが必要ですから、しっかり睡眠をとり、栄養をとること、疲れたら早めに心と体を休めることです。

分子栄養学ではビタミンCには、ウイルス感染を防ぐ効果があるとされています。

https://saito-seikei.jp/blog/diary/風邪とインフルエンザとビタミンc.html

ビタミンCはブロッコリー、カリフラワー、パプリカ、オレンジ、イチゴ、レモンなどに多いですが、この季節にはサプリメントで摂っておくことも有用でしょう。

当院にはリウマチ患者さんも多数通院されているため、当院を受診する際には、コロナウイルス感染者との接触が疑われる方は、咳などの症状が有れば当院の前にまず内科を受診してください。

そして、コロナウイルス感染でないとしても、咳やくしゃみをしている方はマスクをして受診してください。

もし、コロナウイルスの感染が疑われる方は、医者にかかる前に、まずこちらに相談することも良いと思います。

厚生労働省の電話相談窓口
電話番号 0120−565653
受付時間 9 時 00 分~21 時 00 分(土日・祝日も実施

新型コロナウイルス感染症情報のLINE公式アカウントでは、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を確認することができます。
https://lin.ee/qZZIxWA

2020.02.18 | コメント(0)