4月のリウマチ学会延期。

毎年ゴールデンウィーク前の4月中旬に開催される日本リウマチ学会。
患者さんに申し訳ないと思いながらも、最新情報収集のため毎年参加しておりますが、コロナの影響で8月に延期になりました。

お盆休みの前の週に開催となるため、さすがに2週間連続で休むこともできず、今年はリウマチ学会には参加できなさそうです。

その分、他のリウマチ関連学会・研究会から最新情報は仕入れていきたいと思います。

ということで、4月はお休みなく院長が診察しています。

コロナ騒ぎはワイドショーの過剰な反応もあり、恐怖ばかり煽っていますが、イギリスの対応が医学的にも妥当です。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200304-00165964/

すなわち、感染を封じ込めるのではなく、重傷者への速やかな対応が重要であるため、医療機関に軽傷者が殺到して医療崩壊を防ぐことを主眼とし、経済的な打撃を最小限に抑えること。

当院は整形外科のため、咳や風邪症状の方はほとんど来られませんが、もともと通院されている患者さんが風邪をひいているときにはマスクをしてもらっています。

風邪症状が全くない患者さんには、予防的なマスクは必要ない、意味がないことをお知らせしています。

感染予防対策としては、スタッフの手洗い、手すりやエレベーターのボタンなどのアルコール清拭、換気を行うなどの対応を行なっていますが、これはコロナに限らず、インフルエンザ対策も含めてのことです。

当院を受診される方で風邪症状のある方は、
風邪症状が落ち着いた後でご来院ください。

37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合
高齢者や免疫抑制患者さんでは2日以上
その他、高熱で辛い、息苦しい、だるさが強い
などの肺炎を疑わせる症状のある方は
まず帰国者・接触者相談ダイヤルに連絡してください。

名古屋市の帰国者・接触者相談センター
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000125533.html

リウマチの患者さんからは、お薬だけもらえないか、との電話相談も受けますが、患者さんの病状に応じて再来院予定を決めていますので、採血による病状の把握や副作用のチェックをせずにお薬だけ処方する方がリスクが高いと考えますので、お薬だけ処方することはしていません。

ワイドショーでは視聴率を稼ぐためにも恐怖を扇動する放送がなされており、不安を煽られてしまいます。
テレビでは医者でも間違ったことを言っていることもあるため、インターネットの情報の方が正確なものがあります。

過剰に怖がることなく、換気のない閉鎖空間に行くことは避けつつも経済活動は普通に行うことが良いと思います。

2020.03.09 | コメント(0)