電話再診のご案内

当院では
・常時十分な換気
・職員の手洗い・マスクの着用・体温管理
・患者さんへのマスク着用のお願い
・院内のアルコール清拭
・院内の椅子は間隔をあける。
・院外でお待ちいただき、お電話での呼び出し
・リハビリベッドの間隔も開ける。
・院内雑誌や配布物の撤去
・院内のクレベリン設置
などのウイルス感染対策を行っておりますが、

現在の新型コロナウイルス緊急事態宣言下においては
電話再診も受け付けております。

当院にて通院されていた患者さんでは
下記ご自身に当てはまる項目をお読みになり
保険証をご用意の上、
診療時間内にお電話ください。
052-776-3110

診察が混雑している場合には、
電話にてもしばらくお待ちいただくことがございますので
ご了承下さい。

お待ち時間が長くなる場合には、折り返しこちらからかけ直させていただきます。

病状をお伺いしたうえで、
これまでの採血データを考慮して、
電話による処方のみでは心配な場合には
実際に来院して採血等の検査を行っていただくよう
おすすめする場合がございます。

*******************
骨粗鬆症の患者さん
痛風の患者さん

通常であれば定期的に検査を行うべきですが、
感染拡大抑制、院内の三密抑制、待ち時間短縮
を目的として、
電話にて再診をお受けいたします。
採血ができないため、
内服薬の副作用チェックができないという
デメリットはありますので、
ご心配であれば手持ちの内服薬が切れる頃に
ご来院いただき、採血を行ってください。

******************
痛み止めや湿布の継続希望の患者さん

現在の痛みの程度をお伺いして処方いたします。
医師が必要と判断した場合には、来院をお勧めする場合がございます。

注射による治療をご希望の患者さんはご来院ください。

******************

リウマチの患者さん

内服薬の副作用チェックを定期的に行うことが大切です。
従来より、病勢や採血がなくても安全と思われる期間を考慮して
予約をお取りしていますので、
現在の時勢下においてもご来院いただき、
採血やレントゲン、超音波などの検査を行い
安全かつ病状を速やかに安定させることが大切です。
電話によるお薬処方はおすすめできません。

風邪症状、発熱や食欲不振がある場合には
お電話にてご連絡ください。
注射薬や内服薬はまず1週間中止して
症状がひどくなければ自宅にて経過観察してください。

リウマチのお薬、特に免疫を抑えるとされる
生物学的製剤やJAK阻害薬を使用している患者さんでは
現在の状況は不安に思う方もいるかもしれません。

イタリアからの論文では、
生物学的製剤かJAK阻害薬を使用中の関節炎患者さん320人に新型コロナウイルスに感染しているかいないか連絡を取った
というものが発表されました。
320人のうち、リウマチ57%、強直性脊椎炎47%です。
320人のうち、生物学的製剤は92%、JAK阻害薬は8%です。
320人のうち4名が新型コロナウイルスに感染していましたが、
4/320=0.0125(1.25%)です。
100人に1.25人程度の感染率ということになります。
論文の結論からは、
リウマチの生物学的製剤やJAK阻害薬は
新型コロナウイルスを重症化させない。
とのことでした。
https://ard.bmj.com/content/79/5/667.long?fbclid=IwAR3dRFEh07GZbaYZuta6IljRFp3ymkl6Uwp91kFnRRuIbRxW0_0ZXKxySEc

そのため、リウマチでは
現状において新型コロナウイルスを心配して
薬剤を自己中断してしまう方が
リウマチが悪化し、関節が壊れていくというリスクがあります。

自己中断して再燃した場合には、
もともと使用していたよりも薬の量を増やさなくてはならない場合もあるため注意してください。
自己中断は、上記のように発熱や下痢・嘔吐などの体調不良があるとき以外にはしないように気をつけましょう。

****************************
電話やオンラインによる新患受付が4/1から新型コロナ時期の特例として認められておりますが、
整形外科の特性上、身体所見を取らずに正しく診断することは困難であるため、
現在は電話による初診は受け付けておりません。
現在オンライン診療の準備を進めておりますが、
現時点では遠方の方や新規に当院を受診されたい患者さんにおいては
直接ご来院いただくようお願いいたします。

2020.04.24 | コメント(0)

新型コロナに有効な市販品

北里大学から、市販品の新型コロナウイルスに対する消毒効果を検証した結果が報告されました。
https://research-er.jp/articles/view/88171
皆さんの一般のご家庭での参考にしてください。

新型コロナウイルスは飛沫感染だけでなく、
接触感染で伝播します。

接触感染を避けるためには、
手洗いするまでは、顔面を触らない。
外出中は不用意に共有物に触れない。
特にパソコンのキーボードやマウスは清拭してから使用する。

自宅内にウイルスを持ち込まないためには
自宅に帰宅後はすぐに手を洗い、衣服は自宅内で接触する前に洗濯して入浴する。
スマートフォン、鍵、財布など、外部で接触したものは自宅に持ち込む前に下記商品を用いて清拭しておく。

などの対策が必要になってきます。
なかなか大変ですが、心がけることでウイルスとの接触の機会を減らし、家族内で感染が広がる確率を下げることにもつながります。

清拭に用いる商品は、アルコール70~80%が有効という記載がネット上によく見られていますが、今回の研究結果からだと50%以上であれば効果ありと考えてもよさそうですね。助かります。

以下 北里大学の研究成果の抜粋引用です。
https://research-er.jp/articles/view/88171

市場に流通している医薬部外品・雑貨のうち、主にエタノール、界面活性剤成分を含有し、新型コロナウイルスの消毒効果が期待できる市販製品を対象に、新型コロナウイルス不活化効果を有する可能性について、試験管内でのウイルス不活化評価を実施したのでその結果を報告する。
各製品サンプルについては、製品のパッケージ裏面に書かれている使い方を参考にし、希釈が必要な場合には水道水を用いた。

・試験系評価のために実施したエタノールについても試験結果を開示した。
水道水で濃度を調整した 10%、30%、50%、70%、90%のエタノールの不活化効果。

接触時間:1 分
不活化効果あり:50%、70%、90%エタノール
不活化効果なし:10%、30%エタノール

接触時間:10 分
不活化効果あり:50%、70%、90%エタノール
不活化効果なし:10%、30%エタノール

まとめ
エタノールは、50%以上の濃度であれば、接触時間 1 分間で十分なウイルス不活性化が可能だと考えられた。 不活化効果の確認された上記製品は、新型コロナウイルスの不活化に有効と考えられた。新型コロナウイルスの汚染が懸念される手指や硬質表面の洗浄の他、日常使用する衣類やリネン類の洗浄などに活用が期待できる。

2020.04.20 | コメント(0)