有効と判断される界面活性剤が報告されています。

基本的には顔に触る前に手を洗うことがとても大切ですが、手についたウイルスは水道水で洗うだけでもかなり落ちるとのこと。

もちろん、石鹸などの界面活性剤を使えばもっと良いのですが、不用意に口、鼻、目に触らないことが大切です。

今回yahoo newsに有効と判断される界面活性剤のリストがありましたので、ご紹介させていただきます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4a0d75651bd1c359fc3c2e4308ad40bd1e137eb

製品評価技術基盤機構(NITE)は、新型コロナウイルスへの消毒目的として利用されている「次亜塩素酸水」について、「新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない」との中間結果を発表した。

販売されている製品については、製法(電気分解、混和等)や原料が明記されておらず、液性をpH値によって明記しないものも多く、また安全性も根拠不明なものが多いとする。

NITEの調査で販売状況を確認できた81品目中、66品目が空間除菌を謳って販売しているが、空間噴霧については、ウイルス除去性能の評価方法が国際的に確立されておらず、また、次亜塩素酸水の噴霧が「換気によるウイルス排出や、『3密』回避による感染防御よりも有効とする分析は、発見されていない」としている。

同様に消毒液噴霧による人体への安全性についても、確立された評価方法が無く、消費者からの事故情報データバンクには「次亜塩素酸(水)の空間噴霧による健康被害」と捉えられる報告が届いていることなどを指摘している。

なお、新型コロナウイルスに対して有効な界面活性剤の検証も進めており、新たに塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)、塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)も有効と判断。

有効と判断された界面活性剤は、以下の7種。

・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
・アルキルグリコシド(0.1%以上)
・アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
・塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
・塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)
・塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

これらを含んだ住宅・家具用洗剤のリストも公開している。ただし、これらは身近な物の消毒用で、手指・皮膚には使用してはいけない。

2020.05.29 | コメント(0)

TNFα阻害薬を使っているリウマチ患者さんではコロナは重症化しない可能性??

https://www.medscape.com/viewarticle/930913?nlid=135672_864&src=WNL_mdplsfeat_200526_mscpedit_rheu&uac=69918FJ&spon=27&impID=2396092&faf=1

TNF阻害薬を使っているRA患者ではCOVID-19が重症化しないかもしれない、というCOVID-19 Global Rheumatology Alliance Registryの情報です。

TNF阻害薬というのは、レミケード、エンブレル、ヒュミラ、シンポニー、シムジアなどの薬剤名の生物学的製剤です。

この報告の対象患者さんの背景などが分からないので詳しいことはわかりませんが、リウマチは新型コロナに感染しやすいのではないかと不安なリウマチ患者さんの安心にもつながるのではないでしょうか。

人種の違う日本人でのこれからのデータの蓄積も待ちたいところです。

最近来院されたリウマチ患者さんの中には、コロナが怖いからと内服しているお薬を自己中断したり、自己減薬したりしていた方もいらっしゃいました。

もちろん、リウマチの病状は悪化して、関節がいくつも腫れていました。

腫れるだけならまだいいのですが、1度落ち着いていたリウマチに火がつくと、これまで飲んでいた量よりも多くのお薬を必要とする場合もあり、また関節が腫れたままだとだんだん骨に穴が開き、軟骨が溶かされていくのがリウマチの怖いところです。出来るだけ落ち着いた状態を長く続けていくのが大切なんです。

ワイドショーなどで不安と恐怖を植え付けられて、必要以上に過敏になっている方もいらっしゃいます。

かかるかわからないコロナばかりが頭の中を支配してしまい、自分の病気のコントロールよりもコロナを優先することで、確実に悪くなる未来を選択してしまうのは1番体によくありません。

上記のような朗報もありますので、過度にコロナを恐れることなくしっかりとリウマチのコントロールを行い、関節機能を正常に保つことが何より大切です。

2020.05.27 | コメント(0)

いつまでマスクをつけるべきか

現在どこのクリニックでも、手指消毒、窓を開けて換気、ソーシャルディスタンス、アルコール清拭などの対策を続けていることと思います。

愛知県の最近の新規新型コロナ感染者は0-1人。

https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/

0524日別感染者数

目の前の患者さん、スタッフ、友人が新型コロナである可能性は限りなく低くなってきています。

もちろん、テレビでは「緩みに注意!」と、しきりにコロナに注目するように毎日報道されています。視聴率ほしいですから。

しかし、どれだけ我々はワイドショーやニュースにあおられて毎日テレビやネットにくぎ付けになったことでしょう。

もちろん、私も医者ネットワークでできるだけ科学的で正しい情報を得ようと努めてきました。こちらのブログでも発信してきました。

世界では日本の死亡者数があまりに少ないので不思議がられているのですが、遺伝子の問題とか、真面目な国民性でマスクを着用したとか、自粛をちゃんとしたとか言われています。

しかし、自粛している間にレナウンなど大手の企業も倒産しました。小さな飲食店はつぶれました。

出かける先もないため、歩くことが少なくなり、患者さんの大腿骨骨密度は下がりました。

テレワークでパソコンに向かい続けて、眼精疲労、肩こり頭痛、腰痛、椅子による大腿の圧迫で体も硬くなりました。歩かなくなり、ふくらはぎもカチカチです。

今、そんな患者さんが緊急事態宣言が明けてから来院されてきています。

もちろん、凝り固まった筋肉にハイドロリリースやリハビリは有効です。

でも、自分で動くことに勝る治療はないです。

座り続けることは体をめぐる血流を落とします。

筋肉を動かすことで血液は活き活きとめぐるのです。

新規コロナ発生者がどんどん増えている間は仕方ないかもしれません。

でも、今はどんどん外に出るべきです。

テレビに踊らされて過敏になっていても仕方ありません。

過度に新型コロナを恐れて出歩かないほうが直接の体への害があります

東京ロードマップが発表になりました。

確かに、これまでクラスター発生のある施設では気を付ける必要がありますが、カラオケ店、ライブハウス、スポーツジムの経営者たちは絶望したことでしょう。1000人のイベントはOKになってもカラオケ店は×です。

休業要請緩和のステップ(施設別)

医療崩壊で日常医療にあずかる患者さんも立ち行かなくなるから自粛していたはずです。

愛知県内での新規発生者がほぼ0である現在、どこまでマスクを続け、ソーシャルディスタンスをキープし、友人と会食することを避けなくてはならないのかかなり疑問です。

新型コロナの潜伏期間は5日程度。長くて2週間だそうです。

新規発生0が2週間続いたら、他府県他国からの流入を除けばまずリスクはない。

気温の上がってくる中で、いつまで窓を開けたまま冷房をかけるべきか。

お会いした患者さんの顔を見て、自分の顔もマスクで隠すことなく笑顔で患者さんをお迎えできるのはいつにするのか。

そのタイミングを、科学と空気感の中で計っています。

2020.05.25 | コメント(0)

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >