リウマチの痛みの治し方

最近お薬メーカーさんも勉強会、講演会をたくさん行ってくれています。

オンライン勉強会も花盛りで、開業医としては移動時間も節約できて、診療後に学ぶ機会が増えてありがたい限り。

そういう僕もコロナで無くなっていたリウマチの講演の機会も再び増えてきています。

最近は浜松で講演の機会をいただいたり、近くの東海病院の勉強会にお呼ばれしたり、今日はリウマチのお薬メーカーさんにお呼ばれして、新人さんを含めた社員さんにリウマチという病気の講義をさせていただきました。

今年は東名古屋病院の理学療法士さんの卵の学生達にも講義を4コマ行ってきました。

僕が最近講演しているのは、関節リウマチの病状はしっかり寛解導入して、リウマチが症状として身体に出ていない状態になってからも残っている痛みについてです。

筋膜性疼痛に対する超音波ガイド下ハイドロリリースをリウマチ患者さんに応用すると、リウマチの残存疼痛も解決することがあります。

そのためには、リウマチ患者さんが痛みを訴えた時に、超音波で関節の滑膜炎が残っていないか見抜くことがfirst stepです。

second stepは、しっかり痛みの原因を触り分けて触診すること。触診力は磨き上げないと一夜にしては身に付かないものです。

僕も開業して10年、解剖と触診を学び続けています。そのため、10年前に比べると痛みの原因を触り分けることがだいぶできるようになってきました。触診は奥が深いです。

そして触診で見つけた痛みの場所に超音波を当てることで、炎症や組織の損傷がないかを診断します。

最後のthird stepでは、超音波でリウマチの滑膜炎も組織損傷もないと診断できた患者さんに対して、画像に映らない痛みである慢性筋肉痛、筋肉のコリ、トリガーポイントや神経の絞扼部位を触診で見つけて、エコーガイド下にハイドロリリースしてあげることです。

リウマチ患者さんは関節の痛みや変形もあるため、筋肉に無理がかかりやすい状態です。

そのため、関節の痛みだけでなく、筋肉痛やコリの痛みもできやすく、日常からのマッサージやリハビリが大切だったりします。

でも、今の日本ではリウマチを見ている大病院では薬物治療や手術、術後のリハビリは行っていても、外来通院リハビリは行っていないところが多かったりします。

内科系のリウマチクリニックでは、リハビリを行なっていないところもあります。

薬物治療で寛解が得られて、関節からリウマチの炎症は消えていたとしても、慢性の筋肉のコリが残っていると痛みが残ってしまったり、関節の動き(可動域)が悪くなっていたり、筋力が衰えていたりします。

そう言った症状まで治してあげると、リウマチは本当に良くなります。

まずは寛解を目指して早期にしっかり治療すること。

そして、痛みの原因をしっかり治療すること。

リウマチ専門クリニックとして、医師、看護師、理学療法士、放射線技師、柔道整復師、そして医療事務さんみんなが患者さんをサポートできるように頑張っています!

2020.11.11 | コメント(0)