痛み、スポーツ障害に対する運動器エコー診療

当院で毎日行なっている、運動器エコー診療。

レントゲンやMRIでは原因の分からなかった痛みの原因は、筋肉や末梢神経にあることが多いです。

その筋肉や神経の痛みを、触診と超音波を用いて探しだし、そこに正確にピンポイントの注射を行う。

超音波ガイド下ハイドロリリースという治療です。

帝京大学の笹原先生が、ハイドロリリースについてとてもわかりやすい講演をされているので皆さんにもぜひ聞いていただきたいです。

当院でも、寝違いやぎっくり腰などの急性の痛みから、いくつも医療機関を回って治らなかった慢性の痛みの患者さんにハイドロリリースの治療をおこなっています。

筋肉の違和感や思うようにパワーが出ないアスリートの方達も相談に来てくれています。

硬くなった筋肉は十分力を発揮ことができなくなるため、そのような症状が出ます。同時に、関節の動きも悪くなります。

急性の筋肉痛はしばらくすれば治りますが、慢性の凝りとなった筋肉の痛みは、適切にほぐさない限りいつまでも続きます。

動きの悪くなった筋肉や神経にハイドロリリースを行うと、固まっていた筋肉が再び伸び縮みできるようになります。

もし、スポーツによる痛みや違和感、他院でレントゲンやMRIを行っても取れなかった痛みでお悩みでしたら、一度ご相談ください。

姿勢や動きを見て、触診して原因を探し、適応となるならば運動器エコーを用いたハイドロリリースを行います。

さいとう整形外科リウマチ科

名古屋市名東区平和が丘1-10

052-776-3110

日曜、祝日の治療は、名古屋トリガーポイント治療院で運動器エコーを用いた鍼治療を行っていますので、そちらもご相談ください。

http://www.triggerpoint.nagoya/

2021.01.13 | コメント(0)