ためしてガッテン リウマチでしたね!

今日9/8のためしてガッテン!は

リウマチ特集でしたね。

東京女子医大の田中栄先生が出演なさっていました。

僕はといえば、ちょうどその時間に「リウマチ関節エコー入門」というお話を、web講演でしていました。

当院には健康診断でリウマチ因子RFが陽性だったと、リウマチを心配されて来られる患者さんもいれば、指がこわばると言って来院される方、親がリウマチだったから心配、という方など、さまざまな患者さんが訪れます。

もちろん、本当に関節リウマチです、と診断しなくてはならない方はとても少ないのですが、「リウマチのような症状」を呈する方はたくさんいらっしゃいます。

健康診断でリウマチ因子が陽性だった方では、自覚症状としての関節痛も、診察による他覚所見としての関節腫脹(腫れ)もない方が大半でその時点では全く治療の必要はありません。

指の関節がこわばる、という患者さんでは50歳前後の女性が非常に多く、その時期には閉経前後の更年期症状として筋肉の凝りが強く出たり、ヘバーデン結節やブシャール結節といった軟骨が擦り減って関節が変形してくる加齢性の変化もよく見られる時期です。

診察では丁寧に手の指だけでなく、足の指まで触って触診することがとても大切です。

さらに、今日のオンライン講演で視聴者の先生方にお伝えしたのは、足はちゃんと触ることはもちろん大切なのですが、触診の感度が鈍くなるため、リウマチが疑われる患者さんでは必ず足趾関節の超音波検査を行うことが大切ということ。

これはリウマチ関節超音波のレビュー論文でも示されていますし、私の経験上もそうです。

今はMTXというコストパフォーマンスの良い治療薬はもちろん、薬剤費はかかるものの生物学的製剤という自己注射薬や、5種類のJAK阻害薬も使えるようになり、ほとんどの患者さんがリウマチを忘れて生活できる「寛解」というゴールに達することができます。

それだけでなく、超音波で検査してもリウマチが消えている超音波寛解に達した患者さんでは、薬剤の減量ができることもよくあります。

さまざまな治療の選択肢が広がった現在、特に大切なのはきちんと足の指まで触診し、リウマチの可能性があるのであれば超音波まで行い早期診断につなげることです。

関節の痛みやリウマチが心配、という方は、お気軽にご相談くださいね。

さいとう整形外科リウマチ科

院長 斉藤究

名古屋市名東区平和が丘1-10

052-776-3110

http://saito-seikei.jp

2021.09.08 | コメント(0)