PsA 乾癬性関節炎を考える会

今日は名古屋の乾癬の会で勉強。

乾癬性紅皮症の症例提示

IL36シグナル伝達経路と疾患との強い関連性

関節炎は尋常性乾癬や膿疱生乾癬で合併が多いこと。

乾癬では高血圧、肥満、高血糖、非アルコール性肝障害NAFLDなどの合併が多い

NAFLDは男性、PASIが高いと起こりやすい

PASIとHbA1cには相関が見られる。

IL17A抗体療法で皮疹とHbA1cが改善する。空腹時血糖も下がる。

爪(油滴・爪甲剥離は関節炎と関連)、後頭部、耳介後部病変も見逃さない。

殿裂の皮疹はPSAのリスク因子

足底腱膜炎、アキレス腱炎

NAPSIで爪の重症度評価。NAPSIが高いと仙腸関節炎が増える。

PsAの45〜55%に体軸性関節炎。

びらんと骨造成

bridging osteoprolifelationはDISHと類似

仙腸関節炎は右に多い

脊椎は胸椎に多い

ADA投与24週間で仙腸関節、脊椎の全般的な所見は改善

HLA-B46は仙腸関節炎が重症化するリスク因子

乾癬外来では、抗体療法を始めてから心筋梗塞やNASHで亡くなる方が少なくなっている。

慈恵医大 皮膚科 朝比奈先生

機能的付着部 functional enthesis

擦れる部分に炎症が起こる。指炎。

禁煙、肥満なら減量が大切。

2019乾癬性関節炎ガイドライン

TNFα、IL17 head to head

皮膚症状がひどければIL17を。

2022.01.08 | コメント(0)