「承認されたい」と「貢献したい」

「承認されたい」という気持ちはとても大切ですが、
その気持ちが強すぎると、
「認めてもらえない」
「評価されていない」
「給料が上がらない」
といった不満につながっていくリスクがあります。

そして「認められないならばやらない」となると
組織全体の首を絞め、業績は悪化し
ますます自分の評価も下がっていきます。

一方、「貢献したい」という人が集まる組織では
それぞれが個性を発揮して明るく楽しく動きだします。
会社は「ありがとう」で溢れます。

会社のお客さんにも必ずそれは伝わり
会社の業績も上がり、結果自分の評価にもつながります。

やってあげている、ではなく、やってあげたい。
で人生を楽しみたいものです。

僕が読んでいるメールマガジン
「魂が震える話」から
今回はこんなお話のご紹介です。

******************************

ある家庭で夕食が終わった後、食卓の上に食器が残されている。

子供たちは自分の部屋に戻り、夫はソファに座ってテレビを見ている。

妻(わたし)が後片づけをするほかない。

しかも家族は、それを当然だと思っていて手伝う素振りも見せない。

普通に考えれば、
「なぜ手伝ってくれないのか?」
「なぜわたしだけ働かないといけないのか?」
という状況です。

しかしこのとき、たとえ家族から「ありがとう」の言葉が聞けなかったとしても、
食器を片付けながら「わたしは家族の役に立っている」と考えてほしいのです。

他者がわたしになにをしてくれるかではなく、

わたしが他者になにをできるかを考え、実践していきたいのです。

その貢献感さえ持てれば、
目の前の現実はまったく違った色彩を帯びてくるでしょう。

事実、ここでイライラしながらお皿を洗っていても、
自分がおもしろくないばかりか、家族だって近づきたいとは思いません。

一方、楽しそうに鼻歌でも歌いながらお皿を洗っていれば、
子どもたちも手伝ってくれるかもしれない。

少なくとも、手伝いやすい雰囲気はできあがります。

_______

 「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」

岸見一郎 著
古賀史健 著
ダイヤモンド社より

_______

この本では、承認されたいという欲求を完全に否定しています。

「承認されたい」ではなく「貢献したい」。

どちらも似ているような気もしますが、全く違うモノのようです。

「承認されたい」だと、相手次第になり、相手に合わせるようになり、
相手が褒めてくれないときはやらない事になる。

「貢献したい」は、自分が好きで他者に貢献する訳だから、
相手の評価は関係ないし、気にしないし、自分の自由だし、楽しい。
つまり、相手が褒めてくれなくても、貢献したいと思う。
まさに、上記の方のお話です。

そして、幸福の定義も語られております。

幸福 = なんでしょう?

答えは是非、この本をお読みになって下さい。
僕はすでに3回読みました。
絶対おすすめの1冊です♪

今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いですm(_ _)m
__________
「魂が震える話」発行人:けい
メルマガ登録は下記から
00526431s@merumo.ne.jp

2014.03.05 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。