アクテムラの望ましい導入時期とは?

爆弾低気圧が過ぎたあとも
しとしと長雨が続きますね。

毎年桜が咲いたかと思うと
春の雨で散ってしまうなあと
さみしい思いをしている気がします。

さて今日は、
名古屋大学リウマチ班の
生物学的製剤研究会のうち、
トシリズマブ(アクテムラ)グループの
ミーティングがありました。

4月末の日本リウマチ学会で
発表する内容を事前に内輪で検討しあう
予行演習の回です。

名古屋医療センター時代は
僕も毎年演題を出していましたが
今年は開業初年度ということもあり
発表はおやすみとしました。

今日の診療が終わってから駆けつけたので
一部しか聞けませんでしたが、
アクテムラという生物学的製剤は
発症1年以内の早期に導入することで
Boolean寛解という、
とても厳しい寛解基準を満たすほどの
成績を出しやすくなることがわかりました。

Boolean寛解というのは
圧痛関節数1つ以下
腫張関節数1つ以下
CRP1以下
患者さん自身の病状評価10mm以下
という4項目をすべて満たすものです。

リウマチは全身性の炎症疾患であり
火事に例えれば、
ボヤのうちにしっかりと消火しないと
次第に火の勢いは強くなり
消火が難しくなるだけでなく
骨を溶かし
関節の機能が破壊され
痛みを完全になくすことが難しくなっていきます。

どの生物学的製剤にも共通することですが
早期に適切なタイミングで導入することで
最大限の効果を引き出し
関節を壊すことなく
痛みや腫れのない元通りの生活に
戻ることができるようになります。

リウマチの治療は進歩しているのです。

2012.04.06 | コメント(3)

コメント

  1. tomoko19082012年4月6日 11:47 PM

    リウマチって診断されるとがっくりしてしまいますが、こんな風にかなりの寛解が期待できる薬があると、本当に希望が出ますね☆

    しかし、IPとかヘルペスとか副作用がやはり心配です。。。レミとかに比較して、わりと使用しやすいのでしょうか?

  2. 斉藤 究2012年4月7日 1:35 AM

    tomoko1908さん

    口腔内ヘルペスや間質性肺炎(IP)は
    むしろMTX(リウマトレックスやメトレート)で
    比較的見られやすい副作用です。

    生物学的製剤では免疫抑制により感染症に注意が必要ですが
    TNF-α阻害薬では細菌性肺炎だけでなく、結核、非結核性好酸菌症、ニューモシスチス肺炎などの
    肺感染症や、その他感染症の悪化にも注意が必要です。

    アクテムラでは、IL-6を阻害しますが
    肝臓から出されるCRPや血沈などの炎症マーカーが
    マスクされてしまうため
    感染症が起こったとしても発見が遅れるケースもあります。

    発熱がなくても、咳、痰や頻尿、下痢など
    気になる症状があれば速やかに主治医に相談することが大切です。

  3. tomoko19082012年4月8日 11:48 PM

    (@_@)なるほど~(@_@)

    意外と見落としやすい症状なので、注意が必要ですね

    しかし、寛解評価を見るとかなり魅力的なお薬★

    勉強になりました~