ポルトガル人のお客様

今日は生物学的製剤 ヒュミラの会社、Abottの
ディレクターさんが東京から当院へお越しいただきました。

ディレクターであるポルトガル人のロドリゲスさんの来訪に、
ポルトガル語を勉強している当院の放射線技師、岡部くんから
即席で自己紹介を習って、
オラ、ボア ノイチ
メウ ノメ きわむ さいとう
と出迎えました。

その後、久々の英語で会話をしながら
当院の見学をしてもらい、
2階のラウンジでコーヒーを飲みながら
リウマチ診療をしながら感じる問題点について
2時間近く話し込みました。

・自分がどのように生物学的製剤を選択しているか。
・ヒュミラをよりよく使いこなすには。
・現在6種類の生物学的製剤が使用可能となり
 寛解は当たり前の目標となっているが、
 反面高価な薬剤費のため使用できない患者さんがいること。
・リウマチは早期治療により関節破壊が抑制できることを
 もっと広く患者さんに知ってもらうため、テレビCMを行うべきであること。
・抜け毛や薄毛はお医者さんに相談だ!ってCMがあるのに、
 リウマチや骨粗鬆症の最新治療は、みんな知らないままであること。

なかなか細かな表現ができず、歯がゆくなる場面も多々ありつつも
久々に外国人の方と英語で話して、とても楽しい時間を過ごしました(^o^)v

さて、明日は院内リウマチセミナー。
当院に通院中のリウマチ患者さんたちに
日頃の診療時間内ではなかなか十分にお話できない
リウマチの病気と治療について
たっぷりお話しちゃいますよ!

ご夫婦で来院される方も多数みえて、
ほぼ満席状態に。

現在明日配布する資料を印刷中、、、、。
頑張りまーす。 うとうと、、、(+o+)

2012.06.16 | コメント(3)

コメント

  1. ひで2012年6月16日 1:08 PM

    う~ん…、確かに医療に関する宣伝って、限られた分野のものばかりですね。
    何か規制があるんだとは思いますが…。

    『お医者さんに相談だ!』ってCMでやってますけど、一般の人からしたら、簡単には相談しづらいこともありますしね…(´Д`)

    なかなか難しい問題ですね。

  2. 斉藤 究2012年6月16日 5:35 PM

    ひでさん

    う~ん、確かに、、、、、。
    ADAにED、、、。
    相談しづらいかも、、、。

    でも、リウマチや骨粗鬆症なら!!!(n‘∀‘)η

  3. tibisyuke2012年6月16日 8:25 PM

    こんばんは。医学が進歩しているの事は
    漠然と分かっているのですが、何が?と
    自問すれば???
    良い例かな?私が手術をした時の脊髄麻酔は
    殆ど痛みが有りませんでした。が、叔父の時は
    大変痛くて数人に押さえ付けられたそうです。
    針の細さと、麻酔注射前の処置が違いました。
    知らなくても痛くなくて良かった~と(^_^.)
    もう少し、知らせて欲しいですね。
    病気になる前から事前に調べて居る人は
    居ませんのでね~