リウマチと妊娠・出産

今日はClub Four Leavesの勉強会が当院で開催されました。

まずは僕が1時間弱の講義を行いました。
・リウマチという病気の自然経過における関節破壊について
・名古屋医療センター時代に経験した
エンブレルを妊娠発覚まで使用してリウマチをコントロールして
出産に至った患者さんについて
・Club Four Leavesの患者さんを通していただいた
妊娠、出産についてのアンケートのまとめについて
・現在の学会や論文における妊娠・出産についてのコンセンサスについて
などについてお話させていただきました。

その後、出産経験のあるリウマチママさんとのディスカッションタイムでは
ママさんたちの子育てのコツなどが話し合われました。

子供は母親がリウマチということを理解できるのかという質問に
・入院中に看護師さんが、病気の親を持った子供は
絶対に優しい子に育つと言ってくれた
・4歳くらいになったら子供も理解できるようになるので、
リウマチのことを話してもいいのではないか。
・2歳の時から子供がママに椅子を持ってきてほしい旨を
係りの人に伝えてくれていた。
・2歳半でも、子供が手をさすり、「ママいたいいたいねえ」と言ってくれる。
などのお話がありました。

子供とのコミュニケーションについては、
・走って子供を追いかけることが難しいので、
運動系はお父さん、おうちのことはお母さん、という風に認識されている。
・抱っこ係はお父さんにしている。
・抱っこするときは腰かけてから抱っこしている。
・プールの水中では痛みなく子供と触れ合える。

周囲の方たちとの子育て協力体制については
・幼稚園の先生も理解してくれて、椅子を差し出してくれる
・夫が仕事でいないときには、市の子育て支援センターに相談したら、
近所のボランティアの方々が日替わりで手伝ってくれた。⇒wikipedia

結婚の時に苦労したことは
・夫の母に結婚を反対され、駆け落ちのように結婚したが、
今は子供も含め素直に甘えられている。
ご両親も自分ができること、できないことについてわかってくれて
食事の時にはテーブル席を選ぶなどしてくれている。

子育ての便利グッズは?
・ハイタイプのベビーベッド(腰をかがめなくてよい)
・介護チェア
↓参考リンクです
ベビーグッズのBebe chambre

などが話し合われました。
これは普段の診療ではなかなか聞けないお話で、
僕自身もとても勉強になりました。

その後はボーカルのSeiko.Kさんとギタリスト遠藤要一郎さんのライブで
とても素敵な時間を過ごすことができました。

Seiko.Kさんブログ
Seiko.Kさんが以前僕のカフェイベントで歌ってくれた動画です。
遠藤要一郎さんとSeiko.kさんのセッション
インド料理を食べる遠藤要一郎さん
遠藤さん参加の名古屋のおしゃれバンド Blackqp’67のファーストアルバムです。

Black Qp'67 / Hot Chase 【CD】

Black Qp’67 / Hot Chase 【CD】
価格:2,268円(税込、送料別)

2011.08.21 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。