一日86,400ドル

僕の読んでいるメールマガジンの一つに、こんな話が載っていました。

昨日の朝礼でスタッフにもお裾分けしたもの。

以下引用です。

_______
一日86,400ドル♪
_______

次のような銀行があります・・・

その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。

同時に、

その口座の残高は毎日ゼロになります。

つまり、86,400ドルの中で、

あなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか?

もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。

僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

それは“時間”です。

毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日に繰り越されません。

それは、貸し越しできません。

毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。

そして、

毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、

あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。

あなたは今日与えられた預金のなかから

今を生きないといけません。

だから、

与えられた時間に最大限の投資をしましょう。

そして、

そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。

時計の針は走り続けてます。

今日という日に、最大限の物を作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、

落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、

週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、

待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいしょう。

1分の価値を理解するには、

電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、

たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1の価値を理解するためには、

オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、

あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、

十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、

時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。

昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだわからないのです。

今日は与えられたものです。

だから、英語では“今”をプレゼント(=present)と言います。

_______

「常に現在の時間にしっかりしがみつけ。

刻一刻過ぎて行く時間には、無限の価値がある。

私は現在に自己のすべてを賭けている──1枚のトランプに人が大金を賭けるように。

私は現在をそっくりそのままで、

できるだけ高価なものにしようと努力しているのだ」

by ゲーテ(ドイツの詩人・小説家)
_____

「魂が震える話」より
00526431s@merumo.ne.jp
(空メール送信で登録♪)_____

以上引用でした。(^O^)

朝礼でうちのスタッフに、英語で“今”は何て言うか知ってる?
と振ったら、

“ナウ”

と答えられて話が止まってしまいました(^_^;)

past-present-future

“今”はすぐに過去になり、“今”の行動が未来を作っています。

465-0097
名古屋市名東区平和が丘1丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長 斉藤 究
Tel 052-776-3110
Fax 052-776-3112
http://saito-seikei.jp/

2011.06.26 | コメント(1)

コメント

  1. 深い“なう”2011年6月26日 5:48 午後

    Unknown
    考えさせられる文章ですね。
    一日=24時間=1,440分=86,400秒・・・、時間の単位を細かくするにつれ、その大切さが分かるような気がします。
    たった“一日”が実は“86,400秒”ですもんね。

    例えば何も大した事をせず、一日ぼーっとすぎしてしまったら、86,400秒も無駄にしてしまったことになります。

    『Time is Money』といったらドライすぎますが、お金は一円も無駄にしたくないのに、時間は結構無駄にしてる・・・。

    これからはもっと有意義に一日(86,400秒)を過ごしたくなりました。

    何を言いたいのか分からなくなってしまいましたが、長文お許しください。

    それにしても、スタッフさんの『なう』は、イマドキというか、ある意味“深い”『なう』と思ってしまったのは、私だけでしょうか・・・?