僕の本が出ました。

僕が毎年研修医に行っている
救急外来の整形疾患への初期対応の講義が
とうとう本になりました。

コンセプトは
整形外科を専門としない医師が
当直中に出会った外傷患者さんを前に
翌朝までの一晩をどう対処すればよいのか
わかりやすく解説した1冊のです。

骨折レントゲンの読み方や、
触診のポイント、初期治療まで
整形外科を専門としない先生たちが
夜の救急外来に来る外傷患者さん達を
どうやって明日の整形外科専門医に引き継ぐか
整形外科専門医が次に行う治療を見越して
救急外来で行っておくべき処置は何か
そんな知識が満載です。

街の理学療法士さんや、柔道整復師さんにも
オススメです。

研修医のみなさんの
心強いミカタとなる本になれば幸いです。

楽天ブックスから購入
【送料無料】教えて!救急整形外科疾患のミカタ [ 斉藤究 ]

amazonから購入
教えて! 救急 整形外科疾患のミカタ〜初期診療の見逃し回避から適切なコンサルテーションまで

2014.11.01 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。