名古屋市消防学校で講義

今日は午前の診療のあと、
名古屋市消防学校で外傷の講義を行って来ました。

名古屋医療センター時代から数えて
5年目くらいになりますが
今年もお声をかけていただき
生徒達にお話する機会をいただきました。

まだ現場に出ていない救急救命士のたまご達に
いかに実戦で役に立つ知識をもってもらうか。
体で覚えてもらうか。

気道確保、呼吸、循環、神経系の評価は
なぜその順番なのか。
患者さんの全身観察から得られた情報の裏に隠された
生命にかかわる病態はなにか。

外傷のバイタルサインをどう読むのか。
ショックの病態をどう見抜くか。

そんな講義のあと、
グループに別れて実習を行いました。

image

学校での救急課程のあとには
救急車に同乗して実戦の場に遭遇する生徒さん達は
とても熱心に話を聴き、
真剣に実習に当たってくれました。

僕は生徒さん達に、
僕が今お話ししていることが
実戦ではどのように患者さんを救うことに結び付くのか
出来るだけイメージしやすいように心がけています。

image

実際に模擬体験したあとには
積極的に質問もいただき
とても楽しい講義になりました。

僕が今日教壇に立ったことが
みんなが救命士になってからも役に立って
1人でも多くの患者さんの生命が助かりますように。

みんな頑張れーー!!( ´ ▽ ` )ノ

2013.02.06 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。