幸之助さんの場合

今日は2回目のレセプトオンライン請求の日でした。
受付の事務さんと一緒に
頑張ってカルテ上の不備を手直しし、
国保と社保にデータ送信をしました。

忙しい外来の中でフル回転で動くと、
検査や治療内容に対しての病名が抜けることもしばしば。
患者さんを少しでも待たせないようにと
事務手続きは後回しになりがちです。

それらを頑張って穴埋めして、
データを送信した時は、
スタッフとともに1か月がんばってきたという
ひと時の達成感がありました。

さて前回の本田宗一郎さんのお話に続き、今度は
株式会社HSコーポレーション 星野 修さんの
メールマガジンからの一文をご紹介します。

以下引用です。

———————
さて今日は松下幸之助さんのお話を・・・

新幹線に乗っていた夫婦が、
すぐ近くの席に松下幸之助さんが座っているのに気が付きます。

夫は彼の大ファンで、
どうしても挨拶がしたいと思い、声を掛けようとします。
しかし、理由もなく話しかけても、相手にしてくれるか分からない。

そこで妻が、みかんを差し入れて、きっかけを作ればいいのでは?
と提案。
夫はさっそくみかんを購入し、彼に差し出すことにしました。

幸之助さんは、この申し出を快く受け入れ、
嬉しそうに「これはありがとうございます」
と言って、その場で皮をむいて食べ始めます。

夫はみかんを渡せたし、幸之助さんと話すこともでき、
大満足で自分の席に座りました。

そして、もうすぐ京都に着くという時です。
幸之助さんは夫婦の座席にやってきて・・
「先ほどはありがとうございました」
「とてもおいしかったです」
と頭を下げました。

天下の松下幸之助さんが、下車する前に
わざわざ挨拶をしにきてくれたと、夫婦は感動しました。

しかし、この話はまだ終わりません。

京都で降りた幸之助さんは、
その夫婦が座席に見える窓のところまで来て、深々と頭を下げ、
夫婦の姿が見えなくなるまで見送ってくれたのです。

夫は幸之助さんの好意に涙します。

そして、家に帰るとすぐに電気屋さんに連絡。
自宅の電化製品すべてをナショナル製品に変えたそうです。

———————

このメルマガへの登録は
空メールを下記まで空メールを。
00556024s@merumo.ne.jp

—————

ありがとうという言葉だけでなく、
言葉をどう表現するかという大切さを
感じる文章でした。

僕のブログも、毎日200人以上の人が
見てくれているということに支えられて
毎日何とか続けられています。

ありがとうございます。。。m(_ _)m

さいとう整形外科リウマチ科
院長 斉藤 究
465-0097
愛知県名古屋市名東区
平和が丘1-10
TEL 052-776-3110
FAX 052-776-3112
http://saito-seikei.jp/
 

2011.07.10 | コメント(2)

コメント

  1. ひで2011年7月10日 11:59 午後

    ありがとうって
    『ありがとう』って、本当に素晴らしい言葉ですよね。
    なのに、ちゃんと言えていないことが多い・・・。
    ちょっと誰かに手を貸してもらったりした時に、『ありがとう』ではなく、ついつい『すいません』と言ってしまう。
    ある外国人の友達に、『なんで日本人はいつも謝っているの?』と聞かれた事を思い出してしまいました。

    最後の、家の電化製品を全てナショナル製にしてしたってところが、素直に感動してしまいました。
    そこまでさせてしまうなんて、何て偉大な人物なんでしょうか。

    今回も良い話をありがとうございました。

  2. 斉藤究2011年7月12日 12:12 午前

    ひでさん
    ありがとう。って言葉でなくても、
    サンキュ
    でもいいし、
    笑顔でもいいし、
    手振りでもいいみたいです。

    大事なのは、感謝の気持ちをその場で伝えることみたいですよ。

    いつもコメントありがとうございます。(^_^)v