杉本真樹先生

今日仕事が終わったあとに参加した飲み会。

僕の古巣である名古屋医療センターでの
ご講演を終わられた杉本真樹先生を囲む会。

残念ながら仕事のため、
ご講演を拝聴することはできませんでしたが、
お話の具体性や、伝える力、
そして何より、
伝えるべきコンテンツの豊富さと大きさに
とても刺激をうけました。

今日の飲み会でお伺いしたお話の多くは、
このyoutubeにアップされていました。

伝えたい内容を持ち、
伝える能力を持つこと。

こちらの動画を是非ご覧ください。

2013.01.25 | コメント(2)

コメント

  1. “A”のK2013年2月12日 5:34 PM

    44’14”を一気に観て
    素晴しいプレゼンに魅せられました。
    杉本先生はいち早く医療分野に「3Dプリンター」を
    採りいれられた神戸大の杉本先生ですよね!

  2. 斉藤 究2013年2月12日 8:49 PM

    "A"のKさん

    ご覧になりましたか。
    プレゼン、よく考えて準備されていますよね。
    聞く側の耳から脳に素直に伝わってくるメッセージ。
    僕も普段から講義をする時には、
    どうしたら聞いている人たちに
    より良く理解してもらえるかに力をいれますが
    杉本先生はまた別格ですね。

    大学の講義も、社会人になってからのプレゼンも
    聞く人の立場に十分たっていないがゆえに
    メッセージ性を失ってしまうプレゼンが多すぎますね。

    音楽のライブも同じですよね。
    聴衆の反応に合わせて、今日の展開やノリが変わる。
    お客さんをノせられるのは、
    十分に練習と演出を考えて、
    その日その時のお客さんの好みを探り当て、
    うまく引き上げられた時だと思います。

    講義も壇上に上がる人は、
    いつも聴衆のことを意識して講義に望みたいものです。