漢方入門

今日は昼からの打ち合わせのあと、
浅岡俊之先生による漢方入門を聞いてきました。

リウマチ内科医でもある先生の漢方入門は
西洋医学の世界に生きる僕たちにも
無理なく東洋医学の概念を理解させてくれました。

そもそも採血でデータを分析するなんてことができない時代に
先人達が患者さんの今ある状態(証)を見ながら積みあげた歴史ある医学

今日は3時間をかけて、その基本となる概念をお話していただけました。

学生の時から興味はあったものの、なかなか接する機会のなかった東洋医学。

今日は新しい窓をちょっとだけ開いた気がします。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

2011.01.16 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。