病気が早く治る人

自分の周りで起こっている事象は
ただ、起きているという事実があるだけです。

それをどう解釈して、
どのような感情を抱くのか、
それは人それぞれ違います。

どうせなら、よい方に考えたい。

脳は、イメージしたものに近づいて行く性質を持っているらしいですから。

今日は病と健康の捉え方について
メールマガジン 人の心に灯をともす
から、こんなお話のご紹介です。

医者からみても、このお話は事実です。

【病気が早く治る人】№1180

斎藤一人さんの心に響く言葉より…

「病気が早く治る人」と「なかなか治らない人」の違いって、何だと思う?

それはね、人から体調を聞かれたとき、どう答えるかなんだよ。

例えば、ある病院に、二人のおばあさんが入院しているとするよね。

二人とも、同じ病気を患っていて、病気の進行具合も同じなんだよ。

お見舞いの人が、「あばあさん、体調はどうですか?」って聞いたとき、一人のおばあさんは笑顔でこう答えたの。

「おかげさまで、昨日よりだいぶ良くなりました」

もうひとりのおばあさんは、顔をしかめて、こう答えたんだよ。

「お腹の痛みは治まったんだけど、まだ腰が痛くてね…。

これ、いつになったら、良くなるのかしらね?」

この二人のおばあさんは、どちらが早く治ったと思う?

「おかげさまで、だいぶ良くなりました」って答えたおばあさんの方が、治るスピードがずっと早いんだよ。

病気が良くならない人の特徴って、「まだ、ここが…」って答えるの。

自分の体調がいちばん良かったころと比べて、「あそこが痛い…」「ここが痛い…」って、痛いところを探しては、ずーっと言っているんだよ。

痛い痛い…って言ってる方もイヤだけど、聞いてる周りの人もつらいよね。

いくら自分が痛くても、人の気持を暗くするようなことばかっかり言っている人って、天が味方してくれないよ。

天が応援してくれるのは、治ったところを見つけて感謝して、「おかげさまで」って言える人なんだよ。

「おかげさまで」という言葉は、漢字にすると「お陰さまで」になるよね。

これって、「陰で動いたすべての力に感謝する」っていう意味なの。

いま自分が生きているその裏で、たくさんの人の力が働いているから、生きていられるんだよね。

『斎藤一人 人生がつらくなったときに読む本』(柴崎博文)KKロングセラーズ

どんなにつらい状況にあっても、そこから「いいこと」を見つけ出せる人は、格段に早く「つらい世界」から抜け出すことができる。

「悪いこと」「嫌なこと」を探し、<愚痴や不平不満、泣き言>、を言えば言うほど、「つらい世界」にどっぷりはまる。

そして、まわりに不幸を拡散する。

暗い話で人の気持を冷やすのか、明るい話で人の気持をあたたかくするのか。

どちらに焦点(しょうてん)をあてるかで、人の生き方は全く変わってくる。

「いいこと」を見つけるのが上手な人は、「お陰さま」と、どんなことにも感謝できる謙虚な心を持っている。

「お陰さま」の人生を歩みたい。

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
    ↓
http://ameblo.jp/hiroo117/

バックナンバー
http://bn.merumo.ne.jp/list/00564226

2013.02.26 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。