肩こり 腰痛 駆け込みドクター

本日のテレビ番組駆け込みドクターでは、肩こり、腰痛の改善法が紹介されていました。

スピードワゴンの井戸田さんは、猫背で顎が前に出た姿勢性の肩こりと診断されていました。

顎が前に出たり、胸椎が後ろに飛び出た猫背は、首の後方の筋肉が引き伸ばされ、また前方に移動した頭を引っ張るために首の後方の筋肉はいつも緊張しています。

これが姿勢性の肩こりの原因となります。

パソコン作業や趣味の手芸などで根を詰めると、緊張を強いられた僧帽筋や肩甲挙筋が固まってくるためです。

トリガーポイント注射でひどい肩こりを治療したとしても、姿勢が悪かったり、下向きの作業を続ければ必ずまた肩こりは起こります。

そのため、僕の外来でもいつも姿勢の指導や、仕事環境のアドバイスをしています。

番組では、
壁に背中をつけて頭を後方に5秒間押すことを3セット
手を広げ、親指を後ろに向けて深呼吸
肘を90度に曲げて脇を締めて、手を外側に広げながら息を吸う運動
肘を曲げて肩に手を置いて、肘を外回し、内回しをそれぞれ5回
などが紹介されていました。

それだけではなく、肩こりは肩だけが原因なのではなく、全身のコリが肩の筋肉を引っ張っていることも原因となっています。

そのため、肩周辺だけをほぐすよりも、全身をほぐすことが効率よく肩こりを改善に導くことにつながります。

そのため、僕が特にコリのひどいところにトリガーポイント注射をしたあと、全身をほぐすためにリラクゼーションルーム ファシアでの全身トリガーポイントほぐしをお勧めしています。

また、腰痛の原因として、番組の中では椎間板ヘルニア、お酒によるビタミンB1欠乏症、ギックリ腰が紹介されていました。

腰痛の原因として、筋力低下や知覚障害、排尿排便障害、歩行障害があるのは椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などによるものも考えられます。

また、50歳以上の女性では骨粗鬆症のリスクも上がるため、急激な腰痛が骨粗鬆症をベースとした圧迫骨折である場合もあります。

もんでも治らない腰痛のならば、必ず医師にかかる必要がありますね。

2016.02.22 | コメント(4)

コメント

  1. kuromasu2016年10月4日 3:20 PM

    時々読ませていただいています。
    今回は質問させてください。

    右肩が肩関節石灰沈着性腱炎のため、トリガーポイント注射を本日行いました。そして1時間後、腕が上がらないほどの痛みがあって今も苦痛です。

    このような場合、考えられる原因はなんでしょうか?またこの痛みはどれくらい長引くものなのでしょうか?

  2. 斉藤 究2016年10月7日 1:37 PM

    石灰沈着性腱板炎の石灰沈着部や、その周辺の炎症がそもそもの痛みの原因となっており、その部分の治療のために炎症を抑えるステロイドと麻酔薬の注射をすることが一般的です。
    通常は速やかに除痛されることが多いですが、注射で炎症部位を刺激するため、たまに注射した夜に激痛になる方もいらっしゃいます。
    その場合は痛み止めなどの内服をしたほうがいいです。
    ステロイドが効いて炎症が治まれば痛みは引いて来ます。
    一方、沈着した石灰は自然に吸収されていきますが時間もかかり、大きいものでは肩に引っかかるために腕を上げた時の痛みの原因となることもあります。
    柔らかい石灰であれば、太い注射で吸い出すこともできますが、硬い大きいものでは切開して摘出が必要となります。

  3. 匿名2017年3月26日 5:55 PM

    初めてメール致します。今は落ち着いています。3年前に腰痛がひどく、激痛で立つこともあるくこともできずにいました。その状態が良くなりだしてから、姿勢、食生活の改善、運動をしまして、多少良くなりました。
    以前ためしてガッテンをみた時に、気になってメモしていたので、私も完治したわけではない為診察していただきたくメールいたしました。
    また、親友もヘルニア腰痛に悩んでおり、今年レーザー手術されたのですが、一向に痛みが改善されずにいます。心配しておりまして、その件も伺いたいです。
    どうかよろしくお願いします。

  4. 斉藤 究2017年3月28日 2:11 PM

    レーザー治療に関しては私は自分で行なったことがないので、なんとも言えません。
    ただし、すべての痛みが取れる万能なものではないこと、ヘルニアと言われても、ヘルニアが本当の原因ではなく、筋肉や筋膜に原因があることや、ヘルニアと筋膜の痛みが併存していることもあります。
    これは、筋肉や筋膜の診察を理解している先生でなくてはわからないところです。