開業前夜


昨日見た番組
震災時のディズニーランドの危機管理が特集されていました。

アルバイトが9割というディズニーのスタッフ達。

東京ディズニーランドが震度5強で揺れたとき、
売り場にあるダフィーのぬいぐるみを防災頭布の代わりに配布し
自らが揺れるシャンデリアの下に立ちお客さんを守り、
気温4℃となる中お土産の袋を防寒着として配り、
その姿でユーモアすら誘いました。

それらは全て、現場のアルバイト一人一人の判断で行われたそうです。

昨日の当院の内覧会は400を想定した中で、
800人を越える見学の方がみえました。

すぐに機転を利かしてお土産のセットを調達し、
笑顔を絶やさず対応してくれた当院のスタッフ達もまた、
ディズニーに負けないくらいのスタッフだと思います。

内覧会前日の今日は
患者さんを迎え入れる最後のシミュレーションを行いました。

開院初日から全てがうまく流れることよりも、
うまく流そうと焦ってミスを起こさないようにすること。

ひとつひとつ丁寧に、患者さんへのホスピタリティを忘れずに対応すること
が大切であると、みんなで確認しました。

医学生時代からの目標。
医院の構想を始めてから三年。
明日はいよいよ開院になります。

院長室の神棚にもここまで導いてくれた御礼をのべました。。

みなさんどうぞよろしくお願いいたします。

465-0097
名古屋市名東区平和が丘1丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長 斉藤 究
Tel 052-776-3110
Fax 052-776-3112
http://saito-seikei.jp/

2011.05.09 | コメント(1)

コメント

  1. tomo2011年5月10日 12:38 午前

    おつかれさまです
    とうとう明日に迫ってきました。仕事を始めたときの事を思い出します。
    10日は、焦らず、笑顔で頑張って行きたいと思いますスタッフの皆さんにも迷惑をかけるかもしれませんが、とにかくみんなで笑顔で助け合いながら臨機応変に対応していきたいです。絶対に、このスタッフならやりこなせます。よいスタッフにめぐり合えてよかった。

    明日からは自分の目標である患者さん一人一人を丁寧に診て行き、先生の期待に答えれるよう努力します。これからよろしくお願いします。