風立ちぬ

今日はスタジオジブリの新作
風立ちぬ
を観てきました。

予告編を見て想像していたような
戦争映画ではありませんでした。

生きること、生きていくことが当たり前でない時代に
一生懸命生きた技術者とその恋人の物語。

涙が出ました。

静かな、静かな物語でした。

「にっぽんの少年よ、風はまだ吹いているかね。」
飛行機に思いをはせる主人公の夢の中に出てくる言葉です。

風立ちぬ公式サイト
http://kazetachinu.jp/

2013.07.28 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。