骨粗鬆症の怖さと治療の大切さ

来る9月29日に行われるイーライリリー主催の
骨粗鬆症ナースセミナー。

H23年5月の開業当初から使用している
最新の骨形成促進薬、フォルテオの自己注射導入実績を認められ
そのナースセミナーで当院の看護師が講演を行うことになりました。

骨形成促進薬 フォルテオは
これまでの内服薬に比べて、骨を積極的に作る力を持ったお薬。
副甲状腺ホルモンを自己注射にて毎日間欠的に投与することで
骨の新陳代謝を高め
従来の内服薬よりも効率よく骨密度、骨質の改善をはかります。

当院でも骨密度低下の著しい方や、すでに骨折歴のある
骨折リスクの高い骨粗鬆症患者さんにおすすめしています。

しかし、糖尿病のインスリンのように自分で毎日注射しなくてはいけないこと、
高価であること、
看護師に自己注射指導のノウハウが必要なこと
など、患者さんがその薬の恩恵にあずかるには
越えなくてはならないハードルがあり、
なかなかうまく導入できない病医院もあります。

これらのハードルを越えるためには、
骨折により日常生活に制限が出てしまうこと。
大腿骨頚部骨折では手術が必要になること。
歩行レベルが下がること。
脊椎圧迫骨折では背中が丸くなり、内臓が圧迫されて胃酸の逆流や
食欲低下が起こること。肺活量が低下すること。
そして骨粗鬆症の骨折は繰り返すこと。
そういったリスクを患者さんがしっかりと受け止め
自己注射をしてでも現在の骨粗鬆症を治療するんだ、という必要性を認識してもらうことが必要です。

この会では、
当院の開業以来、看護師たちが自己注射指導を行いながら蓄積したノウハウを
他院のナースたちと共有することで
より多くの患者さんたちがこのお薬の恩恵にあずかれるようにすることが目標。

現在、当院のナースが協力して、これまでの実績を振り返っているところです。

今日もそのための院内ナースミーティングがありましたが、
ディスカッションを聞きながら、開業から1年半で育った、ナースたちの頼もしい姿に感動するのでした。

*******************************

敬老の日特別企画 無料骨密度検診プレゼント!→応募はこちら

*******************************

2012.09.07 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。