シニアで働くということ。

日本の人口を総務省のHPで見ると、

2030年(平成42年)の1億1,662万人を経て、
2048年(平成60年)には9,913万人となり、
2060年(平成72年)には8,674万人になると見込まれている。

生産年齢人口(15~64歳の人口)は
2010年(平成22年)の63.8%から減少を続け、
2017年(平成29年)には60%台を割った後、
2060年(平成72)年には50.9%になるのに対し、

高齢人口(65歳以上の人口)は、
2010年(平成22年)の2,948万人から、
団塊の世代及び第二次ベビーブーム世代が高齢人口に入った後の
2042年(平成54年)に3,878万人とピークを迎え、
2060年(平成72年)には3,464万人となる。

そのため、高齢化率(高齢人口の総人口に対する割合)は
2010年(平成22年)の23.0%から、
2013年(平成25年)には25.1%で4人に1人を上回り、
2060年(平成72年)には39.9%、
すなわち2.5人に1人が65歳以上となる。
整形外科医として仕事をしていると、
同じ高齢者でも自分の足で立って動いて
生活が自立している人は
収入がなくてもそれだけで
社会の役に立っているとすら思う。

介護が必要になることで
その子供や孫が働ける時間が少なくなり
世帯収入の減少は税収の減少を生む。

それだけでなく、
介護に必要な医療費や介護費用として
その世帯の支出がかさむだけでなく、
少ない医療財源、介護保険からの支出もかさむ。

生産年齢人口が減っていく中、
僕が整形外科のプライマリケア医として
保険診療を行っているということは
高齢者に自活してもらうお手伝いをすることで
骨折による入院や、介護を予防することで
ひいては希少な医療財源からの
大きな支出を予防していることになる。
それが保険診療を行う医療機関の
もう一つの社会的役割だとも思う。

働ける高齢者の受け皿も
だんだんと広がってきていますね。
マクドナルドやモスバーガーも
高齢者の雇用に積極的になっているようです。
http://www.news-postseven.com/archives/20141102_284732.html

自ら動き続けることが、
介護を予防する唯一にして最大の処方箋なんです。

2014.11.02 | コメント(0)

コメントは受け付けていません。