CLUB FOUR LEAVES 勉強会

今日は昨年に引き続き、
若いリウマチの会 CLUB FOUR LEAVESの勉強会が
当院にて開催されました。

最新のリウマチ治療と、
関節リウマチのリハビリについて講義のご依頼を頂いたので

僕からは
関節リウマチのきほん。
Treat to Targetとは
関節リウマチの超音波診断
リウマチと妊娠
生物学的製剤の経済的問題
などについてお話させていただきました。

そして、当院の理学療法士 友田より
リハビリテーションとは
自動運動と等尺性運動
日常生活動作
などについての講義のあと、

牛乳パックを開けるとき
丸いドアノブを回すとき
など、実際に参加されたCFL参加の方たちが
お互いの知恵を共有し合っていました。

(ネットではこんなの見つけました。)

ドアノブ自助具

ボタンエイド

牛乳パック用注ぎ口

こちらも参考に
紙パックオープナー説明サイト
紙パックオープナー購入サイト
リウマチさんのブログ

そしてメンバー同士のディスカッションでは、
お薬のこと、妊娠のこと、先生のこと(@O@)!など
なかなか日常では共有できない悩みを共有する場になっていました。

今回初参加だった方たちも5名もみえて、
自分のもつリウマチという病気を理解するのに
とても良い機会になったことでしょう。

僕自身も初めて参加したときは
こんなにエンブレルを使用して妊娠、出産したママ達がいらっしゃるんだ!
とカルチャーショックを受けたものです。

いつもこの会に参加することで、僕自身勉強させていただいています。

今日参加されていた他院の看護師さんたちも
やはり同じところで悩んでいて、妊娠を諦めている患者さんがいるとのこと。
きっと今日のことをお話して、勇気づけてくれることでしょう。

幹事さん、お疲れさまでした!

2012.07.28 | コメント(10)

コメント

  1. たなぽん2012年7月29日 11:04 PM

    斎藤先生、昨日は勉強会お疲れ様でした!

    昨年に引き続き、とてもよくわかる講義と
    素敵な会場の提供、
    本当にありがとうございます。

    自分が発症した25年前には、薬の種類も少なく、
    少しずつ病気が悪くなっていく漠然とした
    不安やあきらめに似た気持ちを抱えていましたが、
    「Treat to Target」の最終ゴールを定めた治療の
    進め方とか、目に見て分かりにくい炎症を
    機械で客観的に評価する方法とか、
    選択肢が大幅に増えた薬とか、
    昔からあれば人生変わってたかもしれないなと、
    道中感じながら帰りました。

    今はいい時代になったと思います。
    患者もあきらめず、前向きに病気と向き合って
    知恵を使って、人生のステージを1つずつ
    乗り越えていけるといいですよね。

  2. 斉藤 究2012年7月30日 12:42 AM

    たなぽんさん

    今年もよい機会をありがとうございました。
    リウマチの治療をしっかりしている医師を見抜くためには、
    患者さん自身がTreat to Targetを知ることしかありません。

    今はネットもあり、リウマチの最新治療の情報にもアクセスが可能です。

    患者さんが変わると、医師も変わらざるを得なくなりますね。

    また、半年後のお食事会も楽しみにしています。

  3. マネージャー2012年7月30日 9:43 AM

    斉藤先生、友田先生、スタッフの皆様

    先日は誠にありがとうございました。
    幹事としてはまだまだ力不足ではありましたが、
    とても楽しく勉強、情報交換ができ、私個人としては
    大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。

    ここ1ヶ月で急激に痛みが増し、左手が不自由になってきてしまい、非常にショックを受けていました。
    でも、心がとっても元気になって帰宅できました。
    生物学的製剤の再開を検討しながら前向きに取り組んでいきたいと思います(^^)

  4. D2012年7月30日 11:23 AM

    勉強会はお疲れ様です
    私もリウマチ認定医試験を終えてほっとしておりますが、来年にはペインの試験があるので今から憂鬱です。しかしRAは気を抜けない代物ですね。
    バイオも怖いです。それでもやっておられる斉藤先生には脱帽です。初心忘れることなく、気を引き締めていきます。

  5. 斉藤 究2012年7月31日 12:41 AM

    マネージャーさん

    幹事さんお疲れさまでした。

    新しく参加された方もたくさんいらっしゃって、
    ほんと、CFLの果たす役割は大きいなあと思います。

    なにより、メンバーの皆さんのお人柄だと思います。

    これからも僕にできることがあれば尽力しますので
    お声かけくださいね。

  6. 斉藤 究2012年7月31日 12:43 AM

    D先生

    ありがとうございます。
    ペインの試験も頑張ってくださいね。

  7. tibisyuke2012年8月1日 6:01 PM

    便利な道具を見て感じた事ですが、握力の
    弱くなって年配者にも便利そうですね。

    ペットボトルのキャップ開けも便利ですよ。

  8. 斉藤 究2012年8月2日 1:13 AM

    Tibisyukeさん

    そうですよね!
    自助具でネット検索すると、
    いろんなものがあって感心してしまいます。

  9. tibisyuke2012年8月9日 1:44 PM

    本当に!!ビックリ!
    ケンコーコムは利用して居ますが
    こんなにあるとは・・・!!
    検索方法で出てくる結果がちがいますので
    先生のブログは、とっても参考になります。
    重宝させて頂いています。m(__)m

  10. 斉藤 究2012年8月11日 9:10 AM

    Tibisyukeさん

    いろいろアイデアグッズありますよね。
    まさに、必要は発明の母!