Merry Christmas

昨夜はご近所の仲良し家族と
飲めないお酒をちびちび飲みながら
話に花を咲かせて過ごしました。

何十年ぶりかにドンジャラというやつをやって
マージャンとの違いに戸惑いつつも楽しくなってきて
あっという間に2時を回っていました。

さて、クリスマスの今日。
これまで院内を彩ってきたクリスマス飾りを片づけに
さいとう整形外科まで車を走らせていると
コンビニエンスストアの駐車場で人が倒れているではないですか。

コンビニの店員さんや、お客さん達も少し離れて見守っていたので
車を止めて近寄ると、
やや意識朦朧とした高齢の男性が
うつ伏せになり血を流しています。

店員さんの話だと、よろよろ歩いていたところ、
一人で倒れてしまったとのこと。

呼びかけると、目は視点が定まらない感じですが、発語はあり。
左右の手も指示に従い握ってくれました。

顔面に挫創があり、顎から緩やかに出血しているのを
店員さんが持ってきてくれたタオルで圧迫しました。

間もなく救急車が来て、バックボードに乗せ搬入されました。

こんなとき、勤務医時代に救急や災害医療を勉強していてよかったと
改めて思います。

その後、せっかく立ち寄ったコンビニで
新しく見つけたはちみつプリンを買って、車に戻るのでした。

みなさん、Merry Christmas.

2011.12.26 | コメント(2)

コメント

  1. ひで2011年12月26日 11:18 AM

    よく飛行機とかで「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか?」って言われてますよね。
    あんな時に、Dr.だとサッと立ち上がっててきぱき処置をされているを見ると、医者ってすごいなぁ、と素直に感心してしまいます。
    以前も、目の前で事故が起きた時の、究先生の目の色と顔色が一瞬で『医者色』に変わったのを思い出します^^。

  2. 斉藤 究2011年12月27日 1:40 PM

    ひでさん

    飛行機の中で、お医者さんは、、、と言われたこともあります。

    その時は、離陸直後の飛行機酔いだったらしく、
    では、スチュワーデスさんに酔い止めをもらおう、
    と思ったら
    ガルーダインドネシア航空には薬は置いていないらしく
    乗客の方に呼び掛けました。

    そしたら皆手をあげてくれて
    めでたくその方の体調もよくなりました。

    困ったら、皆に声かけてみるもんですね。