救済のためにできること

tomodaさんより、自分にできることはなにかとコメントをいただきました。

被災地へ赴く以外にできることとして

ニュースからの情報をまとめて、被災地の知り合いに送る。

東京もコンビニ、スーパーが空っぽとの情報があります。
物流がどの程度効率よく動いているか分かりませんが、
東京方面の親戚、友人に食料その他消耗品を送る。
または自分で届ける。

節電のチェーンメールも回っていますが、
関西方面から関東方面への電力供給には限度があり、
関西方面の方が節電する必要はないとのことです。

募金する。

CNNも24時間JAPAN QUAKEのニュースを流しているとのことです。
また、僕の海外の友人からは一斉に安否確認のメールが届きました。

ブログ、ツイッター、FACEBOOK、YOUTUBEなどで、
ぜひ英語にて情報発信してください。

僕が昔ホームステイしたトロント在住のBROTHERからは、
日本が安定するまで奥さんと子どもを預かるから遠慮なく言ってほしい
とのメールをもらい、感動しました。

世界が日本に注目しています。

そして何より、まだ地震が今後も発生することは誰も否定できません。

自らの安全を守るため、避難袋を作り、
すぐに持って出られるようにしてください。

昨日の静岡の地震は幸い被害が少なかったようですが、
震度6強をうけて、夜すぐに僕達DMAT隊員は名古屋医療センターに集まりました。
被害の少なかったことから解散となりましたが、
東海大地震につながるんではないかと誰もが思ったのではないでしょうか。

うちの車の後部座席には、寝袋、テント、ランタン、着替え、常備食など
積み込んでおきました。

これらを使う瞬間が来ないことを祈ります。

名古屋医療センターには、仙台で活躍したDMATの2隊目が今日帰還しました。

今は国立病院機構医療班として、名古屋医療センターチームが
岩手県釜石で活躍しております。

僕は病院幹部や仲間のDMAT隊員とともに、
派遣部隊が安全に活動できるよう情報収集をおこない
後方支援を頑張ります。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

2011.03.16 | コメント(1)

コメント

  1. tomoda2011年3月16日 11:29 PM

    ありがとうございます
    そうですね。
    阪神大震災のとき、ボランティアに行きたかったのですが行けず、すごく悔いが残ったことがありました。今回は遠くからですが、少しでも援助ができるよう協力して行きたいと思います。